遂に魔王降臨!?


アニメ「はねバド!」5話の感想です。

綾乃がついに魔王の片鱗を見せましたね。空ちゃんとのわだかまりも一応は解消したようですし、フレ女も思っていたよりギスギスしてなくて良かったですね。お風呂シーンもありで結構忙しい回でした。









前回コニーが圧倒的な強さと綾乃の母と同じ髪型を見せつけたことで再びトラウマが蘇ってしまった綾乃。いつもより反応が鈍くなってさらに点差が離れてしまいます。肉体的な疲れというより精神的に一杯一杯という感じでしたね。


「やっぱり、あんたなんて有千夏の子どもじゃない」

ファーストゲームを制したコニーにそう言われてしまった綾乃。コニーの言われた言葉の数々が胸に深く突き刺さります。仲間の良さに気付き、昔と違うバドミントンの楽しさを知った矢先にこれですからね。綾乃が分からなくなるのも無理ないと思います。


そこへ理子が声をかけてくれます。「1人じゃないよ」と。

「辛い時、その気持ちを分け合えるのがパートナーでしょ」


理子のその言葉に綾乃は元気を取り戻します。次は綾乃たちの反撃タイムです。


第二ゲームでは立花コーチが2人に作戦を出していましたね。理子はネット際で上がったシャトルの対応、そして後ろの守りはすべて綾乃に任せるという、一見、無茶がある作戦に見えました。しかしこれが綾乃の力を存分に発揮することができ、コニーが初めて失点します。


コニーが劣勢になったことで多賀城がここからは2人でやろうと言いますがコニーはそれを無視。インターバル後も1人で綾乃たちの相手をします。

仲間なんていらない。1人で勝つことに意味があるようでした。コニーのスピードは上がっていきます。

練習試合ということはもはや関係なく、ここで勝たなきゃいけないと思う綾乃とコニー。仲間は必要かいらないかで両者の考えは対立してますからね。ここで勝った方が正しいんだと証明するために譲れなかったのでしょう。


ほぼ拮抗した状態でコニーのマッチポイント。あと1点取られたら負けのこの状況で綾乃は覚醒し始めます。一方でコニーの疲労は限界になり、足がつってしまいます。ここでゲームを決めなければ逆転負けになってしまうでしょう。コニーとしては何が何でも取らなければいけないマッチポイント。そこへ……



CBE81736-4CEF-4010-A4EF-505A8F879608

2ゲーム目はずっと参加していなかった多賀城がスマッシュを決めゲーム終了。コニーは最後多賀城に助けられたかたちでフレゼリシア女子の勝利で練習試合は終わりました。




綾乃は自分は負けていないと主張します。ガットが途中で切れたせいだと。

「言い訳……しないでよ」

空ちゃん怖っ! 

綾乃が本当に負けたわけじゃないと言うのを空は冷たく言い放ちます。






DE8B4394-B348-4F3F-8933-93D51260B62A

「私、羽咲さんのことが嫌いだった」

マジかよ空ちゃん! 開眼までしなさって……。

「でも、かっこよかった。さっきの試合。だから……言い訳なんてしないでよ」

空ちゃんは綾乃の才能に嫉妬してたようですね。なのに綾乃はやる気を見せないで周りにちやほやされる……それが気に食わなくて不機嫌だったようですね。でもその感情もさっきの試合を見て少し変わったようですね。初めて勝とうと本気になった綾乃を見てかっこよかったと見直したみたいです。これで本当に北小町が1つになった……のかな?



そしてフレゼリシア女子にも変化が。コニーは多賀城に酷いことを言ったのを反省していたようですね。すると押入れから多賀城が!




733B105F-ED7E-42D6-B49A-058ED715ACC9

あばばばばばばばお風呂回!!

唐突の視聴者サービス回が始まりましたね。裸のつきあいというようにこうしてスキンシップを取ることでお互いの心の壁を取り払い、仲良くなろうというフレ女の伝統的な歓迎方法でした。ちなみにこちらは原作4巻の番外編、コニーが来日しフレ女にやってきた話にしっかり収録されておりますので興味がある方は要チェックですよ! 読めば志波姫とコニーを好きになること間違いなしです。




癒された時間も束の間、合宿は終わりフレ女に別れを告げます。

綾乃はコニーに私のお母さんを知ってるのと訊きます。するとコニーは有千夏は私のママだよと言います。コニーはあの記事の写真手渡します。


「仲間ができたって結局ママに認められなきゃバドミントンやる意味……ないでしょ?」

不穏な音楽と共にコニーは言います。綾乃は折角仲間ができて元気になったのにまた有千夏に見捨てられた過去を思い出し、塞ぎ込み、お母さんなんてもういらないと闇落ちしてしまいました。




今回はエンディングもフル(?)バージョンになっていてなかなか豪華でしたね。綾乃ちゃんはアニメ版では闇落ちしないのかなと思っていましたが意外と早くになりましたね。次回は綾乃の本領発揮でしょうか? 原作と構成がだいぶ違うのでどうなるのか予想するのも楽しいです。