まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

賭ケグルイ

賭ケグルイ 9巻 漫画感想


E6F47B8C-F43F-44A4-B6E2-2DA895B7D3DC


この謎のパリピ感好き!




「賭ケグルイ」9巻の感想です。 



9巻は伊月が活躍する回でしたね。夢子に敗北し、すっかり落ちぶれてしまった豆生田先輩。憧れた先輩が再び立ち直れるように伊月は大きな勝負に出ます。




ここから先はネタバレ含みます。


「第一次生徒会長選挙中間発表ッ はっじまっるよ~‼」



生徒会長選挙の中間発表が出ましたね。当然一万票を獲得した芽亜里たちがトップかと思いきや、特に番狂わせということもなく桃喰綺羅莉がトップでしたね。ニムゼロ式三回戦でとんでもない賭けをした割には負けた陽喰三理は最初から一票も持ってなかったようで票は動かず、票を買いとって稼いだ皇伊月やファンから票を集めた夢見弖ユメミなんかを見ると、前回のギャンブルは何のために命を懸けていたのかと思ってしまいます。そもそも毒を盛った時点で三欲を反則負けにするべきでしたし、票を持っていない三理を参加させるのがありというのも納得がいきませんね。当の本人たちはもう終わったことなのであまり気にしてないのでしょうか。




伊月は豆生田先輩のお見舞いに来ていましたね。自分の票の報告と豆生田先輩が今後どう動くのかを聞いていました。不器用ながらも先輩のために林檎を剝いちゃうところなんか初登場時には想像もしてませんでしたね。



伊月はきっと豆生田先輩が今も王の座を狙っていれば全力で協力するつもりだったのでしょう。自分は50票あってまだ余裕があるからとか、先輩はまだ病み上がりだから手伝ってあげましょうとかもっともらしい事を言って。

しかし豆生田先輩はすっかり腑抜けてしまってました。伊月の煽りにも乗って来ません。もう自分には王道を往く資格がないと伊月を突き放します。

憧れて好きになった人がこうも落ちぶれてしまうのを見るのは辛いですね。医務室を出た後の伊月の表情が何とも悲しそうでした。




そんな伊月に夢子が声をかけます。そうです。夢子と言ったらギャンブルです。裏ボス、とでも言いましょうか、中間発表では綺羅莉の次に票を持つ等々喰定楽乃に自ら提案して叶ったギャンブルでした。



今回のギャンブルは「公共財ゲーム」というものでしたね。全員が協力し合えば誰も損をすることはないいたって平和なギャンブルです。しかし誰かが欲を出し裏切ると途端に醜い争い始まります。


6E759ED7-E35A-4602-9721-64AA6A4014D3


一族からは骨喰ミラスラーヴァ尾喰茨が参加しました。茨は尾喰凛の取り巻きだと思っていましたが選挙戦にも参加していたんですね。ミラスラーヴァは強キャラ感があったのでもう少し後に登場するものと思っていました。



そしてまさかの豆生田先輩も参加します。ですが自ら進んで参加したのではなく、単に数合わせだと言っていましたね。自分のことを落伍者という豆生田に伊月は不機嫌になります。




ともあれギャンブルは始まり第一ターン。全員の協力が必要なのに最初から裏切り者が出てしまいます。このギャンブルで「私財」が40枚未満であれば定楽乃に100票払わなければならないのでこのまま協力がなければ全員が敗退となってしまいます。


まだ裏切り者を特定できないためお互いがお互いを牽制しあい、夢子が提案した予め納める額を決めて大きな裏切りを防ぐという方法を取ることで収束します。




続いて第二ターン。またしても裏切り者が出てしまいます。枚数から少なくとも2人が裏切ったということになりました。案の定茨がキレ出します。

会議踊る、されど進まずで裏切者は協力していることは分かりましたが、そこから先は可能性の話しかできません。そこで豆生田が客観的な意見を言います。裏切者は蛇喰夢子で単独犯だと。



豆生田の考えは、事前に密約を交わす時間がない以上このギャンブルを企画した定楽乃と夢子が共謀しているということでした。その意見を聞いて伊月は失望します。夢子の本性を見抜いて戦っていた豆生田が夢子がするはずもない、確実に票を獲得できるギャンブルをしていると予想するほど耄碌してしまったことに。




第三ターンも全員の協力を得られず悲壮感が漂います。1人を除いて


負けちゃうってヤバぁい…♡」

こんな状況でも滾ってしまう夢子。そしてなんと豆生田を誘い一緒に破滅しましょうと言い出します。


豆生田は夢子の誘いに乗り急に笑い出します。2人は手を取り合い、今後一切「納税」はしないという道連れを宣言します。お前らいつからそんな仲良くなったんだよ(笑)


一同驚きますがすぐに思惑に気付きます。茨も0枚宣言をしてより確実なものとなりました。裏切者を脅迫して強制納税をさせます。

やる気を出してくれた豆生田先輩に伊月は嬉しそうにしていましたね。豆生田先輩の逆転の一手に伊月が一肌脱ぎます。



そして第四ターンが終了します。結果は……25枚!


初めて全員が納税することが出来ました。ひとまずは安心と言ったところで豆生田はすべて分かったと言い出します。裏切者を追放しようと。その裏切者とは……


「骨喰ミラスラーヴァ並びに皇伊月お前だ」


まさかの1番騒いでいた伊月が犯人でしたね。別室でミラスラーヴァにメモを残し指示を出していたということでした。根拠となるのは投票の順番。夢子の本質を知っていれば、2人が共謀すれば勝てるということを分かっていてもするはずがない。そうなると消去法で伊月になるということでした。


伊月は嬉しそうに豆生田の解説を聞いていましたね。ああ、憧れの先輩が戻ってきてくれた!と言った感じです。


D1051520-C2E1-438B-82B1-098DEC7BA12C


伊月の策略にまんまと嵌り、追放となってしまったミラスラーヴァは伊月の首を掴み壁ドンします。殴りかかるのかと思いきや見事だと褒めていましたね。ミラスラーヴァの稼業は「掃除」でした。


骨喰ミラスラーヴァは暴力装置という恐ろしい一面を持っていますが、伊月が豆生田のことを好きであるという秘密を守ったり、少々不器用ですが良い人っぽいですね。茨も見た目に反してとても素直でした。


ミラスラーヴァが追放された後の残りターンは何事もなく進み、伊月がトップで夢子と茨が2位となりギャンブルは終了しました。伊月は100票を手にします。



しかしこれで終わりではありませんでしたね。今回のギャンブルにはもう一つのギャンブルが行われていました。賭けをしたのは伊月と定楽乃です。賭けの対象となったのは数合わせで呼ばれいたはずの男、豆生田楓の勝敗でした。

豆生田楓が「公共財ゲーム」で40票を獲得したら定楽乃の勝ち、獲得できなかった場合は伊月の勝ちでそれぞれ300票を賭けていました。結果は豆生田が40票を獲得できたので伊月の負けでした。こちらのギャンブルでは300票の支払いになるので「公共財ゲーム」に勝っていたのに200票のマイナスになってしまいました。これで伊月は選挙戦に脱落したことになります。




なぜこのような賭けをしたのか、それは他ならぬ豆生田先輩を救うためです。

何かを得るということは何かを失うということ。伊月は大量の票を失ってでも豆生田先輩を救いたいと思ったのですね。「貴方を救うことは貴方を信じた私を救うだから!」と。


ラストがかっこよかったですね。伊月は選挙戦にリタイアしたけれども、まだ負けてはいない。伊月のギャンブルの結果は豆生田次第だと。いや、これ「賭ケグルイ」でもトップ3に入る名シーンになったのではないでしょうか。


伊月が選挙戦リタイアを宣言したことで9巻は終わりますが、今後はどうなっていくのでしょうね。豆生田先輩が復活したとはいえおそらくまだ1票しか持っていないはずなのでこれから王者を目指すにはかなり大変そうです。票がなくても大きなギャンブルに参加できるならまだそうでもない?





そう言えば、ミラスラーヴァの稼業はわかりましたが、茨の稼業はまだ判明してないですね。凛も同じなので伏線として残しておいたのでしょうね。一つ気になる箇所がありました。



「どうやら俺はこのギャンブルがやりたいらしい」



伊月がギャンブルに合意する前、ここの茨はまるで自分とは別の誰かに相談していたような、そんな雰囲気がありました。定楽乃が警戒するような稼業だということはミラスラーヴァとの会話でも分かりますね。何か超人的な能力が使えるのでしょうか。茨の首を縫っているように見えるチョーカー(?)が気になります。ゾンビ的な……。


6066C6AB-6D6E-47DE-9E60-714F71FE38FA



そして前回で芽亜里に協力を求めた副会長。本当に一日中くっついているようですね(笑)
こちらの動向も目が話せませんね。




賭ケグルイ 8巻 感想



賭ケグルイ8巻感想です。
 



一度掲載したのですが誤って消してしまい、また最初から書き直しました。元より随分と短い感想になってしまいましたがご勘弁を。









以下ネタバレを含む感想になります。






今回は夢子はお休みで、久しぶりの芽亜里とまさかの鈴井君の大活躍でしたね。今までは解説のモブ程度にしか見られてなかった鈴井君でしたが、ここにきて主人公感が出てきました。数少ない男性キャラなので今後も是非頑張ってもらいたいところですね。





副会長の招待で百喰一族の三欲、三理とギャンブルをしていた夢子でしたが、陽喰、陰喰の稼業である「製薬」による毒で倒れてしまいます。



助っ人に登場したのが鈴井君の電話で夢子の危機を知り駆けつけた芽亜里でした。芽亜里は危険と知りながらもギャンブルをさせた選挙管理委員のトップ黄泉月るなと、毒を盛った張本人である三欲にぶち切れます。



0368A1E5-3558-498C-8D54-2C4F62D6BFA4



芽亜里怖っ! 



でもそれだけ仲間思いということですよね。それだけ相手が卑劣だったともいえます。


夢子を一刻も早く助けるにはギャンブルに勝ち、三欲たちの持つ「血清」を奪うしかありません。芽亜里と鈴井君は負ければ夢子が助からないだけでなく、自分達まで毒を受けなければいけないという命懸けのギャンブルに参加することになりました。



この芽亜里たちにとって圧倒的不利な状況の中でさらに芽亜里の持つ100票を確実にものにするため、三欲は鈴井君を自分たちの側に引き込もうとします。鈴井君が芽亜里の言うことを無視すれば「血清」を2本差し上げると。


「血清」があれば夢子が助かるだけでなく、もし自分が負けても死なずに済みます。しかし鈴井君は三欲の提案を断ります。そんなの面白くない、それは夢子の意志とは違う、僕らの意志とは違うと。


鈴井君の答えに対し三欲は弱者と見下します。芽亜里が弱者って誰のことかと聞くと、三欲は無論貴方がたのことですよと説明します。


芽亜里は概ね同意しますが、ひとつだけ間違っていると言います。



「ここは百花王学園、この学園において弱者は……あんた達の方だ!」



と。決め台詞も決まり、その後も運に恵まれ見事血清を手に入れます。すぐさま夢子に血清を使おうとする鈴井君でしたが黄泉月るなに止められます。



「『ニム零式』は3回戦まであるんだよ?」



ギャンブルの途中でチップとして使った血清は完全に決着がつくまで使わせないというディーラー命令でした。2回戦で敗北した三理も罰ゲームで毒を受けたので、両者とも早く決着をつけたい3回戦になりました。



2回戦で負けた分を取り戻したい三欲は300票をベットし、芽亜里は


「レイズ――――一万票」


と、あり得ない票を賭けました。当然周りは理解が出来ず、黄泉月るなは笑い出しますがOKとのこと。1万票は全校生徒の数をはるかに上回るため、3回戦で敗北すれば選挙戦も敗退となります。




降りさせるためのハッタリだと思った三欲はコールを選択します。その声を聞いた瞬間芽亜里は笑みを見せました。何かあるのかと考える三欲でしたが時すでに遅し。芽亜里のご丁寧な解説の後、勝利の「ばああ~っか!」が炸裂しました。



9C77487D-5795-4113-9CA6-29C03E0A4127



たまに鈴井君に見せる照れた芽亜里の表情が可愛いです。この次のページでは、憎たらしい悪人顔に戻っているという切り替えの早さも勝負強さの秘訣ですかね。



勝負はつきましたがまだゲームは終わってません。問題は三欲と三理のどちらが敗退するかです。


三欲の考えでは、優秀な三欲の方が選挙戦にリタイアとなるのは問題があるとのこと。そして三理が負けるように血清はいらないのかと脅します。



三理としては、初めから姉の三欲の言うことに従うつもりでしたので、自分の負けとなる3のカードを出して敗北します。






三欲はこれで選挙戦には引き続き参加できますが、毒を二度受けることになる三理の心配をするでもなく、脅しまでかけてきたことで、2人の絆に疑問が残るかたちとなりましたね。最後毒を受けて倒れた三理をおぶって出ていくシーンがあるので、次も敵となる芽亜里に弱さを見せないためだったのかもしれませんが。










色々説明を省いてしまったので、いまいち鈴井君の活躍が書けませんでしたね。(反省)



まあ、元々書いていた記事も、副会長が仮面取ると可愛いとか三理が頭の中で考えてる時は三欲をお姉ちゃん呼びしてて可愛いとかそんな感じでしたけど……。



次巻では一族の誰と戦うのでしょう。予想では見た目から狛喰家の希ちゃんがきそうな気がします。犬と一緒にいたので稼業はブリーダーですかね。いったいどんなギャンブルをするんでしょう。






あと、ラストで芽亜里は夢子に生徒会長になると言ってましたけど、2人が戦う展開もあるんですかね。ラスボスが芽亜里だったら面白そう。





次巻で副会長がどの程度芽亜里につきまとっているのか楽しみです。




賭ケグルイ 7巻感想





「賭ケグルイ」7巻の感想です。






現在放送中のアニメ、賭ケグルイをご覧になっている方にはアニメの内容から先の話となっておりますので、ネタバレを避けたい人はここから先は読まないで下さい。












着ぐるみロリを除いてほぼすべての生徒会役員とのギャンブルに勝利した夢子。残すは仮面の人と生徒会長のみ……かと思いきや、また厄介そうな人たちが登場しましたね。百喰一族!


IMG_1495






あー、これミラスラーヴァ様絶対強いわー。だって1人だけ枠からはみ出ちゃってるもん。おムネ的な何かが……おムネ的な何かが……。

 



貧乳一族の皆さんは綺羅莉を憎む前にまず骨喰家を狙った方が良いのではないだろうか……。




 





ってなわけで、百喰一族を加え始まった生徒会長選挙ですが、開始早々夢子は一族の内の1人蟲喰恵利美と対決することになりましたね。そしてある意味夢子の天敵ともいえる生志摩妄も加わり、指が落ちるか恐れて穴から抜くかのギロチンを使ったチキンレースが始まりました。


 


夢子と生志摩の命がけのギャンブルを見ている読者としてみれば、今さら指の一本や二本どうってことないと思ってしまいますが、そこは事情を知らぬ新参者、自信満々にギャンブルを進めていきます。




それもそのはず、だってこのギロチン刃が落ちるといっても指まで到達することはないから。





つまり蟲喰にとってこのギャンブルに勝ちはあっても負けはない。






完全にイカサマじゃないか。でも今回は絶対中立の選挙管理委員いるのでそうはいかない……と思ったのですがあっさり承認されてましたね。






どうやら最初に説明したルールから問題がなければ黙認されるようですね。中立とはいったい……





しかし夢子はそれを察していたか、蟲喰を揺する発言をしましたね。









ディーラーに“ちゃんと取り外していただけましたね?”と。
 







無論ディーラーは絶対中立ですので、ここは夢子の意図を汲み取って話を合わせてくれましたね。何かとは言ってない。



その何かに翻弄される蟲喰。まさか自分が仕掛けた鉄板のことを言っているのではないか。疑念が拭い去れないままゲームは終盤を迎えようとしています。






こうなってくるともう勝負は見えたようなものですね。相手はおそらく指が落ちても何とも思わないような狂人2人。こちらは今まで自分の指が落ちることはないという安全地帯にいたから何も恐れずにできただけ、危険を侵したギャンブルなどしたことがない。





蟲喰も一族のプライドで最後2本というところまで粘りますが、前触れもなく生志摩が2本同時にヒモを切ってしまいましたね。 

 




当然刃は落ちましたが、誰の指も切断されていません。

鉄板を取り除かれたと思っていた蟲喰は反射的に指を抜いてしまい負け、生志摩もルールを破り2本ヒモを切ってしまったので反則負け。 残った夢子が勝利して2票を獲得して無事ギャンブルは終わりました。

最後に夢子は蟲喰の“誇り高い信念”を褒めていましたね。蟲喰は褒められて少し照れていたので、次はお互い楽しみながらギャンブルできそうです。






というわけで生徒会長選挙がスタートしてすぐに百喰一族との対決でしたね。

蟲喰は正直それほどではありませんでしたが、今後出てくる百喰一族はこれで夢子の実力を把握できたでしょうし、一筋縄ではいかないでしょう。特に骨喰家のミラスラーヴァ様とか。






最後に百合子が一族に負けてましたが、蟲喰といい自分の土俵でしか戦えないのは基本的に弱いですね。





 
figma 天津風 (商品リンク)