まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

アニメ

はねバド! 3話 アニメ感想



アニメ「はねバド!」3話の感想です


今回はエレナが主人公みたいでしたね。エレナ視点で描かれる「はねバド!」もなかなか新鮮で良いなあと思いました。薫子は思ってた以上に原作そのままでしたね。薫子が出ている時だけ別アニメ見ているかのように浮いてました。薫子のキャラとしてはそれが正解かなと思います。



ここから先は内容のネタバレを含みます。


えっ、エレナが幼女!?

幼き日の綾乃がお母さんとバドミントンの練習をしてしるところにエレナも練習に付き添っていましたね。幼馴染なのは知っていましたがこうやって一緒にいる描写は原作にはなかったと思います。

小、中学校の頃のエレナは綾乃のことは気に掛けていますがバドミントンを一緒にやったり、綾乃の試合を観に行ったりはしてなかったっぽいですね。理由は後で分かります。



なぎさは前回のコーチのアドバイスで完全に復活したようですね。今まで通り練習に本気で打ち込んでいますがそこに荒々しさはなく、後輩との距離も近くなっていました。

なぎさは良くなりましたが、綾乃はまだのほほーんとした態度でした。まあ、無理やりやらされてる状態ですから来てくれるだけでマシではありますが……。

綾乃の脚をギューッとする悠ちゃん。スキンシップは大事!




9AB5894A-B091-4DE9-A836-C6F9C6A2FEF7

マジカヨ……

まるでロボットが入っているかのように淡々と打ち返していく綾乃。私はバドミントンの練習とか見たことないですけどこんなに速いラリーするんですね。

かなりハードに見えますが綾乃は顔色ひとつ変えません。何気に立花コーチもすごい!
悠ちゃんも驚いてたけどやっぱり普通の人にはできない芸当なんですかね。


エレナは途中で部活を抜け出してのり子ちゃんと映画を見に行ってしまいます。何だかとても機嫌悪そうでした。それにしてものり子ちゃんイケメンにがっつき過ぎでちょっと怖い……。





E6786D8B-2ECB-4A9F-A554-191F997D0020


溢れる少女漫画感……

おそらく許可もなく北小町高校に侵入した芹ヶ谷薫子と一応は止めた笹下ミキ

薫子の目的はライバル視する綾乃の視察に来たようですね。予想外のイケメンコーチに目的を忘れそうになりますが、綾乃の現状を知るために勝負を挑みます。

意外と情報通のなぎさ。1年生の薫子の過去の成績や入った高校までリサーチしているとは。綾乃に負けて1年生の情報も集めていたんですかね。

薫子は綾乃の行動を予測し、裏をかいたプレイで結果はなんと綾乃の惨敗。スランプ中とはいえ、インターハイ出場のなぎさを凌駕する綾乃を容易く倒してしまうこの子相当強い!?

薫子に負けた綾乃はやっぱりバドミントン部辞めると言い出し、次の日に学校も来なくなってしまいます。




様子を見に行くために立花コーチとなぎさが綾乃の家を訪ねます。


なぎさ意外と頭良いんですね(失礼)

マシャシィとチヨー登場! 

祖父母が言うにはまだ家には帰って来てない様子。家には母有千夏の功績の数々が飾ってありました。

エレナの言うタコタコってどういう意味なんでしょうね。今回公園で綾乃を見つける度に言っていたので気になっていました。前に何かのアニメでもこの言葉を使っていたような記憶があっておそらくあいさつ程度の意味だと思いますがこういうところに気になってしまいます。



5C294D0D-E609-4868-9547-7C34C8ECEA47


綾乃のトラウマ、それはバドミントンで負けたことでお母さんが出て行ってしまったことでした。それ以来また勝ち続ければお母さんはきっと戻ってくるだろうとバドミントンを頑張ってきましたが、いくら強くなって勝ち続けても母は綾乃の前に現れず、異国の地で別の子(コニー)を育てていたことが発覚。バドミントンを続ける意味を完全に失ってしまったというわけでした。

負けた原因は風邪を引いた薫子に同じ条件で戦うため風邪をうつされたことでしたね。薫子ちゃんひどすぎる……。

まあ、はねバドは初登場キャラは結構酷いことしてたりしますからね。倉石監督とか……。話が進んでいくうちに良いキャラになっていくんですよ、これが。



エレナは帰り道、綾乃が本当にバドミントンを辞めてしまって良いのか考えます。そして思い立ったエレナが向かった先はなぎさの家でした。「荒垣先輩、お願いがあります」と。


次の日、またしてもタコの公園にいた綾乃。エレナはなぎさを呼んで綾乃とバドミントンをしてもらうように頼んだみたいでした。
1セットだけあたしと打ってくれと言うなぎさにそんなの私には関係ないという綾乃。そんな綾乃にエレナは正直な気持ちを言います。


「私、さみしかったんだよ

小さい頃、綾乃が楽しそうにバドミントンしているのを見てそう思っていたようです。
さらには最近でも、綾乃がバド部の皆にちやほやされていてさみしかったようです。なるほど、それで映画観に行った時不機嫌だったのか。

「それでも、綾乃はバドミントンやった方がいいってそう思うよ!」


F256BFFB-553F-4C68-880A-76DA472F7B27

公園でなぎさとバドミントンをする綾乃。エレナがなぎさに頼んだのは蛇の道は蛇という理由でした。つまりバドミントンが大好きな綾乃には同じくらいバドミントンが大好きななぎさとやるのが一番効果的だと。あの頃の楽しさを思い出してもらうのために。

バド部の皆も後からやって来て皆でバドミントン大会!(後で近所からクレーム来そう……)


エレナと綾乃は入部届を提出して正式にバドミントン部入りしたところで3話は終わります。





今回も作画や演出の部分で文句はないのですが、やっぱり3話はあのタコ(イカ?)の下りがちょっと気になってしまいますね。もしや次のフェスの話をしている??(スプラトゥーン脳)



はねバド! 2話 アニメ感想

B25C1AE7-04E3-439C-BA21-7808604EF648

新生北小町、始動!

アニメ「はねバド!」2話の感想です



第2話も作画良かったですね。先行上映会では3話まで上映されたようなのでとりあえず3話までは作画の心配をしなくても大丈夫そうですね。

今回もアニメオリジナルが結構あったと思いますのでその辺りを中心に感想を書いていきます。




ここから先はネタバレ感想を含みます



いやーアニメは悠ちゃんが優遇されてて良いですね! 下手すれば主人公の綾乃よりも出ている気がします。

アニメ公式サイトのキャラクター紹介には海老名悠がいなかったのでメインキャラクター扱いではないのかもしれませんが今後も癒しキャラとして原作よりも登場多めになると嬉しいです。



前回の終わりになぎさに勝負を挑まれた綾乃でした。冒頭から試合が始まり、綾乃はやる気のない姿勢ながらなぎさのスマッシュをことごとく返していきます。

300DDFAE-6E7C-4A75-8546-C2628CEB1D50

しかしなぎさが返したシャトルがネットに引っかかった瞬間、綾乃にフラッシュバックが起こります。おや、このピンク髪ツインテールは……!


なぎさのスマッシュが決まるも無反応の綾乃。そして試合を途中放棄してしまいます。

「具合悪いの? 顧問の太郎丸よ。バド部に入ってくれる?」

ちょっと空気の読めない太郎丸先生。一応綾乃の体調を心配する言葉をかけますが勧誘したいのが見え見えですね。太郎丸先生の自分の気持ちを隠せずに出しちゃうところ好きです。



ともあれエレナがバド部のマネージャーになると言い出したことで嫌々ながらも綾乃もバド部に入部することになりました。

初期の綾乃はエレナに依存してましたからねー。綾乃の世界は幼馴染みのエレナでほぼ一色でした。







新入部員羽咲綾乃を交えての部活が始まります。立花コーチはのっけからなぎさと綾乃に試合をさせようとしますがしつこくさすさすするので拒否されてしまいます。


代わりに理子がなぎさの相手をします。理子は副主将ですが「はねバド!」の作中では普通のくらいの強さなので実力は綾乃となぎさの差以上にありそうですよね。

ですが今のなぎさは理子と接戦するほどまでのスランプに陥っていました。原因は得意のスマッシュがなかなか決まらないためです。立花コーチも厄介だなと言っていましたね。スマッシュが決まらないことに焦り、スマッシュ以外のことが見えていませんでした。




練習風景でちょっと気になったのは悠と葉山の会話シーンです。確か原作では2人は同じ2年生だったはずなのですが悠ちゃんは葉山先輩と言っていました。他の部員に対しての葉山の喋り方もどこか上から目線なところがあるので3年生なのかもしれません。のり子ちゃんがバド部に入らなかったり、結構設定も変えているようですね。




部活帰りにコンビニでお肉を買って食べる悠ちゃん。そこへやって来るバド部を辞めた先輩方。

「やっぱ運動の後の肉は格別ッス!」と、ここでサブタイ回収するんかい! ギスギスした関係になるかと思いきや、意外と先輩たちとは仲良さそうでしたね。けど先輩たちは部活に戻ってくる気はない様子。なぎさのこともまだ怒っているみたいでした。



次の日、立花コーチはなぎさと綾乃にダブルスをさせていました。

原作ではいつの間にか2巻の内容に入っていますね。綾乃がバド部に正式に入部する前、強豪フレゼリシア女子との練習試合があったのですが、その辺り丸々飛ばしています。綾乃のトラウマも早めに出していますし、去り際香る子さんやった後になるのかな? 


去り際もとい芹ヶ谷薫子さんはラストで少し出てきましたが相変わらずインパクト強いですね(笑)。正直なところここのインパクトが強くて2話の内容がほとんど思い出せないくらい。「私!!私の事が大好きですわー!!」(誤魔化し)




話を戻しまして、立花コーチにも今のなぎさが足りないものを指摘されてしまいます。才能のないなぎさは才能のある綾乃の引き立て役をしろと(違う)

今のなぎさは誰にでも敵意むき出しですから、とてもアドバイスを聞ける状態ではありませんでした。立花コーチだけでなく、理子にも試合で手を抜いたことに食って掛かります。そして後輩の悠ちゃんにも……。



そしてまたまた登場の先輩達。こりゃ喧嘩するかと思いましたが、「私は羨ましかった」と意外なことを言いましたね。

友香はなぎさの才能が羨ましかったのではなく、なぎさがバドミントンをとことん好きなことが羨ましかったということでした。それだけ言って友香は行ってしまいます。何だかんだ言ってもなぎさと付き合いが長かったでしょうし、いつまでもスランプでいるなぎさにアドバイスしたつもりなんでしょうね。ツンデレか!




次の日、練習終わりに立花コーチはなぎさに勝負を持ちかけます。最初は乗り気じゃなかったなぎさも怖いのかと挑発され勝負を受けることなりました。


意外と強い立花コーチ!


そりゃまあインターハイ制覇したこともあるようですし強いのは当たり前なんですが、指導者が生徒と本気で勝負する機会なんてなかなかないですからね。実際に描写されてはじめてどれほどの強さなのか分かります。やはり男子女子の力の差もありますからね……。


勝負中にもしっかりなぎさのスマッシュを分析する立花コーチ。そしてスランプの原因が分かります。


57C2B45B-3596-4FD6-A88B-F12D5019C2FD

「お前のスマッシュはちょっとやそっとじゃ返されねえよ。お前は自分のスマッシュを信じていいんだ」



なぎさは綾乃との試合に負け、自分のスマッシュに自信を持てなくなってしまったようですね。そのためスマッシュを打つ時はコースやネットに引っかかるのを気にして判断が遅れ、本来の持ち味である力強いスマッシュが打てなくなっていたというわけでした。

原作読んでるとああこの辺から健太郎好きになったんだなって分かりますね。恋するなぎさが可愛い!




無事スランプ脱出したなぎさ。外でストレッチをしていた部員達のもとへ行きます。


「私、キャプテンなのに自分のことばっか考えて本当にごめん」と皆に謝ります。


最後の夏。インターハイ予選に向けてようやくひとつにまとまります。若干一名よく分かっていない子もいましたが……。






515129E8-C453-4F55-9C27-5F371AB03436


また悠ちゃんがお肉食べてる……。


そしてこれまた待ち合わせたかのように先輩達と遭遇します。

先輩達は予備校に行き始めたようです。もしかしたら戻ってくる可能性も考えていましたが先輩達はバドミントンにそこまで入れ込んでたわけじゃなかったですからね。なぎさがもっと早くに立花コーチに教わっていれば……残念ですが仕方ありません。



お肉を先輩達に食べられてしまう悠ちゃん。先輩からコロッケ(?)をもらった時との対比になってるんですかね?その時の悠ちゃんは少し不機嫌そうにしていましたが、この時は逆にお肉を食べられてしまったのにもかかわらず悠ちゃんは笑顔でした。心が満腹?うまいことは言えません!


さて次回は薫子の登場でどうなるのか、アニメ版薫子に期待です。







どうでも良い情報ですが私は運動した後は肉よりも甘いものが食べたい派です。


アホガール アニメ感想


2017年夏アニメ 「アホガール」の感想です。



こんな幼馴染は嫌だ……。



今期1番のギャグアニメでしたね。私も今まで数多のアホを見てきたつもりですが、このよしこほどやばいアホは見たことがない!  他に見てたアニメを忘れるくらい、一度観た時のインパクトは凄まじいです。


 だってこのアホ、マークシート方式ですら全教科0点取るんですよ。マークシートとか普通4、5択くらいでしょ。数学とかなら0〜9にマイナス付けたりで何通りもあるから分からないこともないけど、他は適当に塗り潰したって確率で当たるでしょう?



……いや、よく考えみたらそもそもよしこがまともにテスト中、席についていたのかも怪しいですね。

あっくんの妹瑠璃と勉強会になった時も、ずっと遊ぼう遊ぼう言ってたよしこが60分、120分じっとしていられるわけないんです。きっとマークシートにバナナでも描いて10分も経たないうちに外へ遊びに行っちゃたんですよ。全部にマークしてなかったから0点だったんです。



実際よしこがしっかりマークできたとして、5教科すべて0点を取る確率は、1教科50問の4択問題だとすると(3/4)^250?

32733906078961418700131896968275……6(166桁)

分の

19068374811679661558976651137……9(120桁)の確率です。



これだとなんかそんなにすごく思えないので%にしてみると

約0.00000000000000000000000000000000000000000005?%です……たぶん。

因みに宝くじの一等が当たる確率は1000万分の1なので0.00001%です。

 


よしこが本当にちゃんとマークして0点なら、これはもう神に選ばれしアホだということですよね。であればあのずば抜けた身体能力も納得です。









感想書くの忘れてました。簡単に言えばアホがしつこいアニメです。かなりしつこいアホを黙らせるにはあっくんの鉄拳しかありません。アホがはしゃいであっくんのツッコミが入って、アホが暴走してあっくんが制裁するテンポが良く、頭空っぽにして観るのに最適でした。






1番可哀想なのは、毎日勉強頑張っているのによしこと同じくらいアホな瑠璃ちゃんなんですよね。まあ、そこが健気で可愛いんですけどね。






もし瑠璃ちゃんが自分がアホであることを気にしなくなったら、たぶんよしこ見たいになってしまいそう……。



頑張れ瑠璃ちゃん!




アニメ Re:クリエイターズ 感想



先日最終回を迎えたアニメ「Re:CREATORS」の感想です。(以下レクリエータズ)





レクリエータズ面白かったです。2クールだったのもあってとても丁寧に作られてました。







誰しも一度は、自分の世界に好きなアニメや漫画のキャラクターが現れたら、なんて思ったことがあると思います。 でも、その現実世界に連れて来られたキャラクターはどんな気持ちなんでしょう。自分を創った創造主が住む世界に来たらまず何をするのでしょうか。







以下ネタバレ含みます。












1話から戦闘シーンがあったのが良かったですね。軍服の姫君の剣がいっぱいあってグルグル回ってんのかっけー! (語彙力不足)


思い返して見ると、みんな召喚されてからの適応力がすごいですよね。1話からコンビニでお菓子買って食べてるし、2話にして自分を創った神様である原作者に会いに行っちゃってるし、展開早くて最初1クールアニメだと思ってました。


でもこれは私がただのバトルもののアニメだと思って見ていたからで、実際は創造主(クリエイター)と被造物(キャラクター)のそれぞれの思いのぶつかり合いがテーマであるのではないかと思ってみると、複雑な思いを抱えたキャラの心情や、クリエイターの作品に対する情熱を描き切るのに2クールでも足りないくらいでしたね。後日談が欲しいと思ったキャラも何人かいますし。


ストーリーの主人公となるのは颯太よりも、松原さん達クリエイターとそのキャラクター達の方が主人公っぽかったですね。松原さん最初出てきた時は、見た目冴えないおっさんだし絶対脇役だろうと思ってましたけど……(失礼)。


特に1クール目最後の方は松原さん主人公みたいなところありましたからね。セレジア瀕死の絶体絶命に駆けつけ、俺が絶対死なせねえ、と危険を顧みず、急ぎSNSを使って新たな設定を付け加えるシーンはほんとかっこ良かったです。自分が作ったキャラを1番愛しているのはやっぱり自分なんですね。こればかりはいくらその作品を好きな颯太でも口出しできません。





颯太はどちらかというとクリエイターというより、作品のファン目線の立場が多かったように思います。世界の改変を望むアリステリアを説得できたのも、颯太が「緋色のアリステリア」の大ファンだったからですしね。


「緋色のアリステリア」は不幸な物語だけど、同時に人々に力と勇気と、正義のあり様を教えてくれる物語だ、とファン目線でしか言えないようなちょっと恥ずかしいセリフも堂々と言ってましたね。


その言葉を受けアリステリアは自分のしてきたことは娯楽のための作り話だという虚無感から幾分解放されたような表情をしていました。そこからの「緋色のアリステリア」の作者高良田との対話です。


ーーーー


「お前が創造した私の世界は、お前にとっても愛しき世界か」

「は?」

「お前は私の世界を救うつもりがあるのか。そう訊いている」

「お前の世界を救うのは俺じゃない、お前次第だ。お前にしか、あの世界は救えない」

「なぜだ」

「だってお前、主人公じゃんよ」


その後に主人公についてセリフが続きますが長くなるのでここは割愛します。要するに、アリステリアが頑張って解決しないと世界は救えない。作者ができるのは帳尻を合わせることくらいだ、とのこと。


ーーーー



「改めて貴様に聞く。私の物語は、力と勇気を語る世界か?  私が血を流し、この身を捧げて正義に尽くすに値する世界か」


この問いかけに対し高良田は恥ずかしがりながらも肯定しました。じゃなきゃこんな話書かねーよ、とも言ってましたね。


アリステリアに物語の改変をするように捕らえられていた高良田でしたが、それでも自分の書いた物語に対する情熱はありました。下手すれば自分のキャラクターに殺されかねない場面で、松原のようなかっこいい姿ではないにしてもクリエイターの意地が見られた良いシーンだったと思います。







あと印象的だったのはブリッツとその作者駿河のシーンですね。


面白い話の展開のために娘を殺され、その復讐をまさにしようとするブリッツとの対峙シーンで、銃で撃たれながらも自分の思いを曲げずに真正面からぶつける駿河は女性ながら相当肝がすわってましたね。


駿河の言い方はブリッツに対してはまさに外道といったところでしたが、クリエイターとしてみれば至極真っ当なことを言っていますよね。キャラに安息を与えるために描いているのではない、客のために、おもしろくなるように描いている、そのためなら、いくらでも不幸を描くし、世界もひっくり返す、と。


そしてここまで成功するのにも、楽してなれたわけではない、苦労の日々があったことを語ってましたね。あんたを捻り出すまでに、どんだけ腹の底から泣いたと思ってんのや、と。


結局お互いの立場が違うので理解するまでには至りませんでしたが、今後も駿河の匙加減で苦悩を味わうことになるかもしれないブリッツが、元の世界に戻ることに反発しなかったのは、駿河を自分の創造主として認めたということだったんですかね?  この辺りは軍服の姫君ことアルタイルと、シマザキセツナの結末を見届け、何かしらの変化があったと考えるべきなのか。




最後に颯太とアルタイルとシマザキセツナについて



颯太とシマザキセツナは友達以上恋人未満みたいな関係でしたね。ただ、颯太自身はシマザキセツナの才能に嫉妬していたため、彼女が本当に自分を必要としている時に助けることが出来なかったことを自分が彼女を殺したんだと思いずっと責めていました。


クリエイターとしての活動も、その後も続けてはいるものの、シマザキセツナへの罪悪感からかなかなか前に進めない様子でしたね。



そんな忘れたくても忘れられない過去のはずが、彼女が描いた軍服の姫君アルタイルを前にしてもすっかり忘れてしまっていたのはどうかと思いますが、きっとその頃は嫉妬で彼女のキャラクターをまともに見れてなかったんでしょうね。


対するアルタイルは一目見ただけで颯太に気が付きましたね。颯太に敵対心があまり無かったのは、世界が消滅するのだから今更気にする必要もないと思ったのか、シマザキセツナにとって大切な人だったから手を出せなかったのか、一応名付け親だからか、いずれにしろ深い関わりがある割にはあんまり颯太との絡みがなかったのはちょっと残念でもありました。



でも颯太は、アルタイルを思い出してからは、過去と向き合うようになりましたね。そして誰にも止められなかったアルタイルを、彼女の創造主であるシマザキセツナを見事に描きあげることによって救うことができましたね。これにより颯太もクリエイターとして止まっていた自身の歩みを進めることが出来ました。「君を創った僕は、君に追いつけただろうか」との問いに答えは返って来ませんでしたが、きっと追いつけたのだと思います。





そしてやっぱりアルタイルがメインヒロインでしたね。どんな被造物よりも強く、世界を改変する力も持っている。そして創造主には忠義を尽くしてくれるという理想的なキャラクターです。


「森羅万象(ホロプシコン)第三楽章 表象展観」とか能力もカッコ良くて思わず真似したくなりますね。喋り方もデザインも中二心をくすぐるというか、すべてが良い。


また、時折優しさも見せるんですよね。ブリッツが再び戦場に戻ってきた時も、なぜ戻った、君は娘御と居ればそれでよかったのだ、とブリッツが敵陣営に寝返ったことよりも、戦場に加わらなければならないブリッツの身を哀れんでいましたね。世界の消滅とか企んでるけど、本当は優しい子なんですよ。


そして何よりも、シマザキセツナに一途でしたね。彼女の目的がそもそもセツナを追い詰めた世界に対する復讐に一貫してましたし、あれほどの力を持っていながら死んだはずのセツナが現れた途端動揺を隠せなかったのは、それだけ創造主セツナへの思いが強かったからでしょう。



生きていた頃のセツナが現界した時のアルタイルは、喋り口調も変わってましたね。「余の」から「私の」へと口調が変化していくとこが可愛すぎる!


それでも、アルタイルは必死に否定しようとしました。あなたは違う、だってセツナはもういないと。


するとセツナは、自分がここにいるのは奇跡みたいな物だと言います。続けて

「ーーーーでも、私があなたのセツナじゃないって、あなたを騙す為の偽物だって怒るなら、私をどうしてくれても構わない。あなたには、そうする資格がある」

とも言います。その言葉にアルタイルは、一度は剣を構えますがすぐに降ろし、無理に決まってるじゃない、と悲しい顔を見せましたね。幻でも、まやかしでも、私にはそんな事できないと。




そしてお互いに話したかったこと、言わなければいけなかったことを語ります。

アルタイルは感情を包み隠さず、ずっと会いたかったこと、セツナを知った時にはもう彼女は何処にもいなかったこと、彼女の痛みのすべてを知り世界を憎んだこと、彼女を消し去った物語が許せなくて復讐をしようと思ったこと話します。そしてあなたの創った物語の中でずっと共に歩んで行きたかったとも。


セツナは、アルタイルを描き上げたとき、良い所悪い所すべての願いの中に、世界を憎いという思いも含んでしまい、それが呪いとなって彼女に深く刻みこんでしまったこと、祝福していたのに、自分のせいで復讐に身を費やしてしまったこと、自分が弱くて一緒に歩むことができなかったことを謝ります。




確かアルタイルも万能というわけではなかったんですよね。ホロプシコンも簡単にやっているように見えて、実は能力をすべて把握できていなかったり、大衆から愛されていたから無敵の力を得ることができたと言っても、その強さはアルタイルが頑張って手に入れたのだと思います。すべてはセツナの為に。






そしてセツナは、アルタイルが自分の弱い部分をすくい上げて、とても強い力に変換してくれる力を持っていると言っていましたね。自分を悪者だというアルタイルに、悪者かもしれないけど弱き者の王だと。アルタイルはおそらく言われて嬉しかったと思いますが、それをセツナにではなく、同じように弱き者に使えと言っているようでしたね。世界をもう一度抱きしめることが世界を創る事だと。


どういうこと、と思う前に電車の音が聞こえてきましたね。そうです、普通ならあり得なかったセツナの現界もとうとうここまでのようでした。お迎え、ではなくセツナが自殺をしたあの日の再現。セツナはアルタイルに、私もあなたが大好きですと言って飛び降ります。



そこからはスローモーションに時が進みます。アルタイルはホロプシコンを使い電車を食い止め、その隙にセツナを助けようとします。しかしセツナは自分がここにいるのは世界の決まりをねじ曲げていることだから、助けてはダメだと言います。助ければ世界が終わってしまうと。


ですがアルタイルは、そんなことさせないと言います。



「あなたのくれた私の能力はホロプシコン。それは因果をねじ曲げるだけじゃない。無から有を構成することもできる無限の能力。あなたの創ってくれた私はーーーーーー世界を創り出すこともできるのだから」


そして2人は別世界へ行ってしまいましたね。セツナとアルタイル2人のための、これから作っていく無限の物語、無限の世界に……。










レクリエーターズ、このタイトルはやはりセツナとアルタイルのことを指しているんですかね。もし違うとしてもそれも含んでいるとは思います。





創造主と被造物、まったく違うようで本質は同じようでしたね。物語を作る者も、物語に生きる者も自らの役目を持って必死に生きている。物語の結末は最後まで誰も分からない。そして物語を必要とする者がいる限り物語は永遠に続いていく。それこそ万物は流転して……

















……なんか恥ずかしいこと言ったような気もするのでここで感想終わっておきます。

 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク