まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

はねバド!

はねバド! 13巻 漫画感想


ベスト4決定!


漫画「はねバド!」13巻の感想です。




13巻でついにベスト4が決まりました。激闘の末勝ち上がったのはなぎさコニーか。そして衝撃の事実を知ってしまった綾乃。13巻も見どころたっぷりでしたね!






ここから先は13巻のネタバレを含みます。




最終ゲームで7点差をつけられてしまったなぎさ。会場全体がすでにコニーの勝利ムードでした。膝の影響ではなく単純にコニーが強過ぎただけ。大人と子供ほどの実力差に周囲は終わったとつぶやきます。コニーも当然のように勝利を確信し「バイバイなぎさ」と引導を渡します。


「うるせえんだよ」


!!?



誰もがなぎさの言葉に驚きます。ただの強がりではありません。なぎさの目は力強く、まだコニーに勝つ気でいました。最終ゲームでこの点差でもなぎさは諦めていませんでした。


ここからはなぎさが反撃します。気迫と粘り強さで徐々に点差を縮めていきます。そして必殺技のジャンピングスマッシュ! なんとか点差を2点にまで縮めます。


しかし疲れを見せたなぎさはそれをコニーに気取られ、再び点差が開いてしまいます。



11-7でインターバルに入ります。汗を拭いていたなぎさの肩に立花健太郎が手をおきます。


A4F1C60D-C46E-44D7-B3CA-9B05E0923F5A


これは前回のなぎさの告白に対する健太郎なりの答え、何ですかね? なぎさの「好き」という気持ちにコーチとしてではなく立花健太郎として特別だと答えたんですから。なぎさにとってこの場で一番の励ましでしたね。なぎさは照れながらも元気になります。


元気を出すなぎさに対して苦い顔をしているのはニュアンス的に膝等の心配を言っているのに、かえって無理しそうな雰囲気になってしまったからでしょうか。ああ、伝わってないなという表情をしていました。


一方でコニーは志波姫にゲームの流れを持っていかれないように淡々と勝ちなよと言われます。しかしそれをコニーは受け入れませんでした。


もう死んでもいいって思える絶頂を味わいたい、人生をかけているこの仕事の価値を見極めたい、この競技に深くハマれるならそれが地獄でも見てみたい。

自ら苦しみたいというコニーの考えは常人には理解しかねるものですが、天才ってそういうものなんでしょうね。その思考も決まったものさしでは測ることはできないのでしょう。しかしあまりこじらすと変態と言われてしまうという……。




ゲームが再開します。地獄を見るために、苦しみたいがためになぎさを挑発しながらコニーは点を取っていきます。それに応えるようになぎさも全力で点を取っていきます。

お互い全力を出しての体力の削り合い。正直コニーがここまで根性で張り合うとは思っていませんでした。綾乃の時といい、なぎさにはそうさせる何かがあるってことですよね。冷静に分析するタイプの志波姫と戦えば志波姫もこうなるのでしょうか。



こうなってくると力を発揮するのはなぎさの方で徐々に点差を詰め、18-16と再び2点差まで追いつきます。

苦しいながらもコニーは嬉しそうにしていましたね。ここで地獄を見ることで自分のさらなる力を引き出せる、綾乃を叩き潰すための力を手にすることができる、そう思うともっと苦しみたいとなるのでしょう。

そう言えばコニーはママ(有千夏)のナンバーワンなるために綾乃を倒したいんでしたね。作風が変わってから半分忘れてましたがコニーは元々子供っぽいところがある子でした。


しかし自分が強いという自惚れか、コニーにはまだ甘さがありました。これは自分が望んだ試合展開だと、進んで得た苦しさだと考えていたことです。そしてコニーは本当の地獄を知ることになります。


全身の毛穴から全ての力が噴き出しそうな感覚。言う事をきかない身体。何もかも分からなくなってついていけない頭。連戦を想定したプロ同士の戦いを経験してきたコニーにはここまで追いつめられるのは初めての経験でした。圧倒的な実力差があったはずのコニーでしたがなぎさに同点まで追いつかれ、いつの間にか自分が仕留められる側になっていました。


ここまでくると周りのなぎさの評価も変わってきますね。ヴィゴは乗りこえるべき最強の壁と評し、倉石監督はヤツはこの試合を通じて別人になったと言っています。


残りの2点争いは足に堪えるラリー勝負になりました。ここまで追いつめられてもまだ自分の実力に自信のあるコニー。今までの経験から、追いつめれば必ず相手の方から諦めると思っていました。


そしてついになぎさを追いつめたコニー。最後の1点! コニーは勝利を確信し、なぎさの顔を窺います。しかしなぎさの目は真っすぐ前を向きまだ戦意を喪失していません!


ここでコニーが自分の限界を超えた力を発揮します。強烈な一打! おそらくこの試合で一番パワーがあったコニーのスマッシュ! なぎさはそれを拾うことができずに試合終了!







……かに思えた! 


しかしシャトルはわずかにラインの外へ……アウトです!



いやー、心臓バクバクですよ。完全に終わったと思いました。ここでコニーも覚醒するのか、ってなりましたし、フレゼシリアの仲間たちも「よし!!」なんて言うから、しばらく結果を知りたくなくて数分心を落ち着かせてから覚悟決めて読みましたよ。そしたらまだ勝負は終わっていなかった!思わずおおおおおお!と声が出てしまいましたよ。良かった。本当に良かった。


なぎさはこの時さらなる進化を遂げましたね。なんとアウトは運が良かったのではなく、軌道もすべて見えていた上でアウトになると判断し取らなかったということでした。なんという選球眼!極限状態で研ぎ澄まされていますね。


さすがのコニーも「いい加減にしてよ……」と脅えます。全力でやっても倒れてくれない相手。勝ちを譲らない相手。試合の中でどんどん強くなっていくなぎさを恐れるも、この相手なら自分も高みにいけると、まだまだ成長できると感じます。


止まってしまえばもう動かないだろう足、全身の疲労はピークに達しているのに二人はとても楽しそうにバドミントンしていました。




「守るものなんてない 失うものも 何一つ……
このコートには たくさんのライバルと 楽しさだけ!!!」



なぎさの必殺技ジャンプスマッシュが炸裂します。これは、なぎさの勝利……か?










CDE79F92-73A5-42F3-A0BF-F60C4CDA2C7E



えっ、ええええええええええええ!!!!


まさかのここで立花コーチが棄権のサインを審判に示し、そのままなぎさの敗退が決まってしまいました。

当然なぎさは立花コーチに抗議します。「だってまだ動く!!」と。


コーチはお前が一番わかっているだろ、と言います。

どうなんでしょう? 試合中何度もなぎさの膝を映すシーンはありましたが、なぎさはもう限界だと分かっていたんですかね。純粋にバドミントンを楽しんでいたので膝のことを忘れていたような気がします。


なぎさは抑えきれない気持ちを立花コーチぶつけます。体当たりで



FE0E5770-194C-4770-802E-3EC91C843500


ここでコニーと試合を続ければもしかしたら勝てたかもしれない。(最終ゲームが25-24なので十分可能性はありました)

しかし膝の保障はできない。今のなぎさなら高校で日本一になれたかもしれないが、それをゴールにするにはもったいない素材。立花コーチも膝の怪我で悔しい思いをしたからこそ、特別な存在であるなぎさに同じ思いをさせたくなかったのでしょう。ギリギリまで試合を止めなかったのなぎさの意思を尊重してですかね。コニーをここまで苦しめたこの経験はお互いとって価値があるとコーチは言います。

コニーもこの結果に納得してませんでした。「楽しかったのに 途中で終わりにしないで……」と涙を流します。

「これで終わりじゃない コイツは必ず戻ってくる」

立花コーチがコニーに言います。ここのシーン、まるで俺たちでお前を倒してみせると言っているように見えました。なぎさが言うのではなく立花コーチが言うところに深みを感じられます。


なぎさは膝のことがあったのでこれ以上勝ち上がれないだろうなとは思っていましたが、ここでコニーに負けて欲しくなかったので決着がつかずに終わったこの試合は個人的には大満足でした。コニーを強く見せるためになぎさを弱くしたりしなくて本当に良かったなと。

試合後のコニーとフレゼシリア女子の仲間たちのやりとりは久しぶりにほのぼの回を見た気がしますね。見られるのが恥ずかしいとか意外とコニー乙女ですね。


そう言えばコニーとなぎさの試合、有千夏は観てませんでしたね。綾乃をホテルに連れて行った後、そのままホテルにいたんでしょうか。コニーがここで負けるとは思ってないから観てなかったんでしょうかね。



ベスト4、1年3年対決なのが面白いですね。この怪物1年生2人に志波姫津幡が勝てそうに思えないのですが三強の意地で大いに苦しめてくれるのを期待します(笑)




夜になって目覚めた綾乃は偶然益子泪に遭遇します。可愛くない綾乃に笑いました。あの益子泪相手に臆しない綾乃ちゃんは強くなったなあと。ちょっとポンコツっぽさがある津幡路ちゃんも可愛いかったですね。泪が負けてへこんでると思って慰めにきたとか。


ホテルに戻った綾乃。そこにはヴィゴと綾乃のお父さんの姿が。隠れる必要もないのに綾乃は反射的に隠れてしまいます。何の話をしているのか近づいてみると……

47D4A112-E442-4C38-98F7-2CA679A6FB97


まさかの事実。あんなに若々しく元気のあるお母さんが病気(?)だったとは……。
綾乃に知らされなかったのは有千夏が口止めしてたんですかね。コニーはこの事を知っているのでしょうか。


有千夏の先がもう長くないことを知った綾乃はお母さんに自分が最強だと伝えるために絶対にこの大会に勝つ決意を固めます。なんだか昔の綾乃に戻ったかのような雰囲気が出ていました。



13巻も気になるところで終わりましたね。また昔の綾乃に戻ってしまったら果たしてバドミントンを楽しむことができるのでしょうか。コニーもそうですが、2人はバドミントンで最強となることでしか有千夏から愛してもらえないのでしょうか。3人で一緒に暮らせる日は来るのか、次巻に続きます。






704BFABB-0834-4E1D-96A2-7DD63344A894

アニメとはまた違う2人を見るのも楽しいですよ。 



はねバド! 12巻 漫画感想


D2B81A27-F0B4-42A1-9753-120CD1D8FCB4


一つの時代の終わりと恐ろしく長い一日






「はねバド!」12巻の感想です。


 11巻から始まった準々決勝も残すところあと一試合。おそらくこの試合が前回にあった「恐ろしく長い一日」となるのでしょう。荒垣なぎさVSコニー・クリステンセンです。




二人の対決はめちゃくちゃ楽しみにしてました。どちらが勝つか分からない試合はわくわくしますね!


コニーの方は羽咲綾乃がまだ萌えキャラ路線だった「はねバド!」初期からの綾乃の因縁(?)の相手です。もう初期の設定が生きているのか分かりませんが、コニーが勝てば決勝で綾乃とどちらが有千夏の娘か白黒はっきりさせるのでしょうかね。


一方なぎさはコニーのような天才とはいかないものの、県大会決勝で羽咲に勝ったり、この大会では「三強」に匹敵するのではないかと言われ始めています。そしてこれが高校最後の大会ということで心構えも違うでしょう。

何より、なぎさは羽咲よりもスポ根漫画の主人公してますからね。コニーとなぎさのどちらが勝っても展開的にはありだと思います。



ただ、やはりなぎさは膝の問題がありますよね。例えコニーに勝ったとしても次には「三強」の津幡路(つばたみち)が控えてますから何事もなく勝ち進めるかどうか……。


去年怪我をしていた志波姫がインターハイベスト8でしたからなぎさもこの辺が落としどころのような気もしますがあの羽咲との決勝の熱い展開をもう一度見たいとどうしても思ってしまいます。






ここから先はネタバレ含みます。




コニーもなぎさの膝を気にしていましたね。心配、というよりはただ純粋に楽しいバドミントンがしたいがためでした。


なぎさは弱点を突かれ第一ゲームはコニーに取られます。




一方でなぎさたちよりゲームが進んでいた「三強」の志波姫、津幡は順当に準決勝へ駒を進め、羽咲対益子も1ゲーム目は益子が、2ゲーム目は羽咲が取り、激闘のファイナルゲームになっていました。


益子と同じ3年生の豊橋アンリや志波姫、津幡も試合を見ていましたね。

この世代を今まで1人で背負ってきた益子が1年生に負けるかもしれない、そんな驚きと、寂しさや後悔と言ったそれぞれの益子に対する思いを乗せながらこの勝負の行く末を見届けいるようでした。



「泪の時代が終わる」



益子とダブルスを組んでいる旭海莉も何とも悲しげな表情で試合を見届けます。


前回記者のインタビューの件もあり、益子とはあまり仲が良くないという印象の旭でしたが、ペアで一緒にいる時間が長い分、益子泪が誰にも見せない弱さも知っているのでしょうね。天才を背負って立つ益子の敗北を望んでいたのに、それを目の当たりすると見たいと思わなくなるという複雑な心境でした。




激しい点の取り合いの中、益子は泣いていました。今まで背負っていた肩の荷が降りていく感じなのでしょうか。勝つことだけに固執していたのも、そうすることで誰かに泪が一番だよと言ってもらいたい、愛されたいという気持ちがあったからのようでした。



そして益子は敗北します。時代を背負っていた益子泪は終わり、これからは普通の女の子として家族や友人と接していけるのでしょうか。


お兄ちゃんも試合を見に来ていましたね。会ったのは久しぶりなのでしょうか。その後のロビーで旭との会話が良いですね。兄のことを彼氏かとからかわれ顔真っ赤にする益子。結局一人称が「俺」になったりしていたのは単なるカッコつけだったようですね。二重人格かと思ってました。


昔の頃のような表情が出るようになって良かったですね。旭も言っていましたが可愛い泪ちゃんが見れて最高だよ!





そして再びコニーVSなぎさに戻ります。


第1ゲームで弱点を突かれたなぎさでしたが、第2ゲームでは意外にも善戦しているようでした。弱点を突かれたものの、攻めに急がずラリーに持ち込むことで勝負ができていました。そのため、他の試合よりも長くなっていたのですね。どちらもスタミナがすごい。


こうなってくると膝の描写がある度にいつ爆発してしまうのか心配になってしまいますが、なぎさは試合に集中し、勝負を楽しむことでケガの恐怖心を置きざりにしているようでした。

置きざりという言い方が怖いですね。後で恐怖心が遅れてやってくるのでは……


コニーもなぎさの強さを実感します。

一度羽咲に負けてどん底を味わい、それでもバドミントンが好きという気持ちで這い上がり、困難に打ち克つ自信を手に入れたのでしょうね。“好き”を超える自信の根拠はない、と。






勝負を終えた綾乃は母有千夏の膝の上で眠ります。ヴィゴが有千夏にホテルまで運ぶように言います。


美也子先生の登場シーンは少ないですが良いところ持ってきますよね。

自分は親失格だと思い、まともに子供達に向き合おうとしない有千夏に、「正しい親が必要なんじゃなくてその子にとって“必要な親”が必要なんだと思います」と親のあり方を気付かせます。ああ、目上の人にもちゃんと𠮟れる素晴らしい教育者太郎丸美也子先生になんで素敵な男性が現れないんでしょう。






なぎさはコニーの多彩な返しに翻弄され苦手なネット前に引っ張り出されてました。立花コーチはクリアして逃げろと指示をしますが、なぎさはそれ聞き入れず流れを変えるためにリスクを冒して敢えてネット前で勝負します。そして見事活路を見出します。



ここからしばらくはなぎさのターンです。打球を判断して見おくり連続2得点し、返球もテンポ良く続けていると思えばタイミングを外してくるなど力任せではなく工夫をすることを覚えた荒垣なぎさ。その堂々とした立ち振る舞いは相手を威圧しミスを誘発させます。さらにコニーの技術の高さを考え、打ち合いで不利になる前に攻撃を仕掛け5点差まで離します。



想定していなかったなぎさの成長に周囲が驚く様子は見てて気持ちが良いですね。しかし相手は世界レベルの選手。なぎさのペースだった流れに合わせ、即時対応され差を詰められていきます。


でもなぎさも負けていません。「お前みたいな世界レベルのヤツと戦えるのは最高に楽しいんだよ!!!」と必殺技のジャンピングスマッシュをお見舞いします。



惜しくもフォルトで失敗はしましたが、その驚異的な高さに観衆が沸き上がります。おそらく名前も知らなかった人達が荒垣なぎさと呼ぶ声がします。

観客がなぎさの凄さに気付いて涙する理子ちゃん先輩。ずっと近くにいてなぎさの頑張りを知っていたから、ようやく正当な評価をされて嬉しかったのでしょうね。点数が追いつかれた状況で喜んでいる場合ではありませんでしたが……。




第2ゲームは会場の空気を変えたなぎさがそのままの勢いで勝ち取り最終ゲームへと進みます。



世界レベルのコニー相手にも通用するなぎさの必殺技ジャンピングスマッシュ。そう言えば初期から必殺技と言っていました。確か全日本ジュニアで中学生の綾乃に得意のスマッシュが決まらず初めの頃はスランプに陥っていましたよね。立花コーチがその後スランプの原因を見つけ、自信を持っていいんだと励ますことで迷いが晴れスランプを克服したのでした。



F2C1C305-F807-4DE4-A17A-BAEE6BA0B7E3

そう、このジャンピングスマッシュは立花コーチとの思い出もある特別なものでしたね。前はなぎさが自信を持つように立花コーチが言った言葉でした。「お前が練習しまくって覚えた必殺技だろ!」と。

今度は自らが自信を持って言える必殺技となったわけですね。感慨深い!





そして今までなぎさは立花コーチに素直になれない部分がありましたがここに来て素直な気持ちを伝えます。


「好きだよ」

と、小さく。



ヒューヒュー熱いねー!

好きだよ、の次のコマで観客が2人の会話を聞いてからの反応に見えたので思わず笑ってしまいました。立花コーチが聞き返すシーンがないということはしっかり聞き取れたのでしょうか。敢えてコーチの表情が見えない構図になっていましたね。どんな反応だったのかは試合が終わってから分かるのでしょうか。



立花コーチはチャラそうに見えて結構しっかりした大人ですし、聞かなかったことにするかもしれませんね。それでまた改めて告白してきた時には誠意をもって返事をくれることでしょう。私はこの2人お似合いだと思いますよ。







そうして始まったファイナルゲーム。なぎさがまだ優勢かと思いきや、第2ゲームの流れなんてなかったかのように淡々と点を取るコニー。そしてなぎさの必殺技のスマッシュを打ち砕くように自らもスマッシュを披露します。


再び会場はコニーへの声援に包まれます。

なぎさに膝の痛みが出たのかと心配されますが膝はまだまだ絶好調。むしろ痛みがなく好調であるにもかかわらず点を取られていくことがさらになぎさを苦しめます。



圧倒的実力差……。第2ゲームまでは手を抜いていたのかと思うほどコニーの勢いは止まりません。最終ゲームなのにすでに7点を連続で取られてしまいます。

6B1A6FC3-9C5B-4BD8-83A1-907C49AB3DAA


周りがすでに諦めムードの中、なぎさも心が折れかけそうなところで次巻に続きます。




なぎさ、負けてしまうんですかね。ケガが原因ではなく実力で……。結局努力では天才に敵わないのか、また意地を見せて逆転するのか。今夏放送予定のアニメと共に次巻も楽しみでしょうがないです。







DCDADE60-0F3D-47CF-A424-DF80472D140F


重盛ちょこっとだけど再登場してくれてありがとう!





はねバド! 11巻 漫画感想




 天才の証明



「はねバド! 」11巻の感想です。 




10巻で羽咲綾乃と狼森あかねの戦いが始まったかと思ったら、もう準々決勝で益子泪と戦ってますね。正直なところ個人的には狼森の活躍をもっと見たかったですが……。

あのなんていうかワイルドな感じが好きでした。立花コーチの予想で優勝の可能性がある1人に挙げられていたので、もっと手こずるかと思っていたのですが意外とあっさりやられてしまったのが残念です。









今までは主人公が強すぎるゆえに他のキャラが皆、羽咲綾乃の踏み台にしかなっていない状況でした。しかし11巻にしてようやく羽咲は格上の相手と戦うことになります。






B3DF62CB-C2C5-4DAE-98D7-4656100D8F73



宇都宮学院の益子泪。津幡、志波姫と合わせて三強と呼ばれ、中学時代ではその2人でさえ全く太刀打ちできなかったほどの天才。雑誌が選んだ優勝候補筆頭にもなっていました。





荒垣なぎさも羽咲と互角に渡り合っていましたが、実力は羽咲の方が上でしたからね。益子泪はその羽咲の上位互換と言える相手です。


単に左利きで同じというだけでなく境遇も似たものでした。幼い頃から圧倒的な強さを持ち、天才と言われ続けてきた2人。心の支えだった人に裏切られ、人から賞賛されることはあっても愛されることはなくいつも孤独。心に闇を抱えるうちにいつしかバドミントンを楽しむことがなくなっていました。


9巻で薫子が羽咲に言っていた「敗者に囲まれた孤独な王様」は益子にも当てはまりますね。羽咲は荒垣に負けたことでその役を一度降りることができたわけですが、益子は今もその王様を演じ続けているわけです。




「常に勝者でいるっていうのも……案外不幸ですわよ」




と、これも薫子の言葉ですが、まさに益子泪がその状態にあると言えるでしょうね。親に嫌われ、唯一の味方だと思っていた兄にも疎まれ、それでも天才と言われ続ける限りそれを背負って生きていかなければならなかった益子は、心を閉ざし結果だけを求める歪んだ性格になってしまいました。
 



自分と似たものを感じる益子を救ってあげたいと思った羽咲は、荒垣と戦って得た自分のように、全力でぶつかれば益子とも分かり合えると馬鹿正直に彼女の挑発に乗ります。

 
しかしそれは荒垣が相手だったから羽咲の心に響いたのであって、荒垣ではない羽咲が同じことをしても益子の心にまで届くことはありませんでした。


そのまま第1ゲームを益子に取られてしまった羽咲。作戦を守らなかったのでヴィゴの説教が来るかと思ったら意外にも良いこと言っていましたね。貴方自身のやり方でやること。そうすれば相手の心にも届くはずだとちょっとしたアドバイスをしてくれます。あなたがやりたくてはじめたことだからもう止めない、と。


ヴィゴも随分変わりましたよね。初登場時は何だこのクソじじいと思いましたが、今は羽咲の優しいおじいちゃん的なポジションになってきてます。少しずつ羽咲の理解者が増えていくのは良いですね。あとはお母さんくらいか……。








そう言えば、羽咲の母有千夏が益子のプレイスタイルがどうの言ってたシーンでプレイスタイルは性格と一致する、相手の心の深いところにある本人そのものに触れれば相手の事を深く知ることができる、と言っていましたが、それに対する薫子たちの反応が



92B6147B-39C7-4FCD-AFF9-561E1DE5FC36


と全く説得力がなくなっていたのは面白かったですね。やっとお母様が少しずつ娘と向き合うようになったのにそういうこというのやめたげて!


はねバドは結構トゲのある発言で笑いを取ってくるのが好きです。







話を戻しまして、羽咲はヴィゴに言われたように自分らしさとは何か考えます。でも性格が悪いくらいしか思いつかない(そのコマがすごい人をバカにした顔してます)。相手を威圧して打ちのめすような戦い方しか……。


あ、それでいいのかと羽咲は昔の頃の自分を出しながら戦います。その羽咲が益子が待ち望んでた「神藤」でした。


全日本ジュニアで益子が自分と同じものを感じたあの神藤。無感情で相手を圧倒し、何を考えているのか分からない。周囲からは「特別」だけを期待されている作りモノ。それが益子の考える神藤と自分でした。


しかし羽咲はあの頃の神藤とは違いました。あの時と違ってバドミントンを楽しんでいます。それは全力で叩いても全く問題ない相手だからでしょうか。


もちろんそれもありますが、1番は羽咲が自分から積極的にこの試合から何かを掴もうとしているからだと思います。与えられたものではなく自らの意志で手にしたいと思うもの。


その目標を達成するためには結果で示さなければなりません。自分が「天才」だと証明するために。







いつだったか羽咲は言ってましたよね。もうお母さんのことはどうでもいい的なことを。


羽咲はお母さんをまだ好きってことなんでしょうかね? 羽咲綾乃に「天才」と言い続けてきたのは他でもない有千夏ですから、その「天才」の証明をするということは有千夏がやってきたことが正しかったと認めさせるためにやっていることになりますよね。


電話で有千夏と話した時の羽咲のお母さんを倒す発言はもう有千夏関係なく強くなろうという決意だと思ってたのですが私の勘違い?






何にせよ羽咲が楽しそうにしているのを益子は納得がいかない様子でした。そんなきらめいた顔を神藤綾乃がするなよ、と。


そして益子が本気を出します。


 コートを広く使い左右の厳しいところを狙われ、羽咲が両手を使って返しても間に合わないほどの速さで
攻めていきます。益子をよく知る記者の人によれば、泪ちゃんが変わった……もう相手は何もできない、と。そして羽咲より速いクロスファイア……。


この泪が一人称が「俺」の方の泪なんですかね。まだ喋ってないので分からないですがおそらくそうでしょう。





そして羽咲は初めての壁にぶつかります。強敵に立ち向かうにあたって見えてしまう己の非力さ。どんなに努力してもこれ以上特別力が強くはならない。体も大きくならない。


それでも必死に戦う娘を見て、今まで冷静に分析していた有千夏がついに綾乃頑張れと叫びます。


有千夏の声が届いたかは分かりませんが羽咲は見事ピンポイントで弱点を突き、嫌な流れを戻したところで次巻に進みます。






イッキ読みしないと所々忘れていることがありますね……。羽咲と益子の試合がピックアップされてますが、ほぼ同時進行で荒垣とコニーの試合も始まってます。個人的にこっちの試合の方がどっちが勝つか分からないので気になりますね。


津幡と志波姫は準決勝に進むのが確実で、羽咲は主人公だから順当に上がるとして荒垣とコニーはどうなるでしょうね。荒垣が勝てば羽咲との熱い戦いがまた見れますし、志波姫との3年生同士の戦いも見てみたいです。


でも荒垣は膝がいつ爆発するか分からないですからね。今度は無理をさせないと立花コーチも言ってましたし、コニーは無理をしないと勝てない相手ですからね……。


とりあえず羽咲と益子の試合が終わった時に何の描写もないまま荒垣が負けてるのだけは見たくないです。








あと、11巻はチビ志波姫がめっちゃ可愛いかったです。(ロリコンではないぞ)


2D2C2CF6-F1E4-4324-BE0A-4AC0033B2015

 








 



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク