まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

感想

アニメ Re:クリエイターズ 感想



先日最終回を迎えたアニメ「Re:CREATORS」の感想です。(以下レクリエータズ)





レクリエータズ面白かったです。2クールだったのもあってとても丁寧に作られてました。







誰しも一度は、自分の世界に好きなアニメや漫画のキャラクターが現れたら、なんて思ったことがあると思います。 でも、その現実世界に連れて来られたキャラクターはどんな気持ちなんでしょう。自分を創った創造主が住む世界に来たらまず何をするのでしょうか。







以下ネタバレ含みます。












1話から戦闘シーンがあったのが良かったですね。軍服の姫君の剣がいっぱいあってグルグル回ってんのかっけー! (語彙力不足)


思い返して見ると、みんな召喚されてからの適応力がすごいですよね。1話からコンビニでお菓子買って食べてるし、2話にして自分を創った神様である原作者に会いに行っちゃってるし、展開早くて最初1クールアニメだと思ってました。


でもこれは私がただのバトルもののアニメだと思って見ていたからで、実際は創造主(クリエイター)と被造物(キャラクター)のそれぞれの思いのぶつかり合いがテーマであるのではないかと思ってみると、複雑な思いを抱えたキャラの心情や、クリエイターの作品に対する情熱を描き切るのに2クールでも足りないくらいでしたね。後日談が欲しいと思ったキャラも何人かいますし。


ストーリーの主人公となるのは颯太よりも、松原さん達クリエイターとそのキャラクター達の方が主人公っぽかったですね。松原さん最初出てきた時は、見た目冴えないおっさんだし絶対脇役だろうと思ってましたけど……(失礼)。


特に1クール目最後の方は松原さん主人公みたいなところありましたからね。セレジア瀕死の絶体絶命に駆けつけ、俺が絶対死なせねえ、と危険を顧みず、急ぎSNSを使って新たな設定を付け加えるシーンはほんとかっこ良かったです。自分が作ったキャラを1番愛しているのはやっぱり自分なんですね。こればかりはいくらその作品を好きな颯太でも口出しできません。





颯太はどちらかというとクリエイターというより、作品のファン目線の立場が多かったように思います。世界の改変を望むアリステリアを説得できたのも、颯太が「緋色のアリステリア」の大ファンだったからですしね。


「緋色のアリステリア」は不幸な物語だけど、同時に人々に力と勇気と、正義のあり様を教えてくれる物語だ、とファン目線でしか言えないようなちょっと恥ずかしいセリフも堂々と言ってましたね。


その言葉を受けアリステリアは自分のしてきたことは娯楽のための作り話だという虚無感から幾分解放されたような表情をしていました。そこからの「緋色のアリステリア」の作者高良田との対話です。


ーーーー


「お前が創造した私の世界は、お前にとっても愛しき世界か」

「は?」

「お前は私の世界を救うつもりがあるのか。そう訊いている」

「お前の世界を救うのは俺じゃない、お前次第だ。お前にしか、あの世界は救えない」

「なぜだ」

「だってお前、主人公じゃんよ」


その後に主人公についてセリフが続きますが長くなるのでここは割愛します。要するに、アリステリアが頑張って解決しないと世界は救えない。作者ができるのは帳尻を合わせることくらいだ、とのこと。


ーーーー



「改めて貴様に聞く。私の物語は、力と勇気を語る世界か?  私が血を流し、この身を捧げて正義に尽くすに値する世界か」


この問いかけに対し高良田は恥ずかしがりながらも肯定しました。じゃなきゃこんな話書かねーよ、とも言ってましたね。


アリステリアに物語の改変をするように捕らえられていた高良田でしたが、それでも自分の書いた物語に対する情熱はありました。下手すれば自分のキャラクターに殺されかねない場面で、松原のようなかっこいい姿ではないにしてもクリエイターの意地が見られた良いシーンだったと思います。







あと印象的だったのはブリッツとその作者駿河のシーンですね。


面白い話の展開のために娘を殺され、その復讐をまさにしようとするブリッツとの対峙シーンで、銃で撃たれながらも自分の思いを曲げずに真正面からぶつける駿河は女性ながら相当肝がすわってましたね。


駿河の言い方はブリッツに対してはまさに外道といったところでしたが、クリエイターとしてみれば至極真っ当なことを言っていますよね。キャラに安息を与えるために描いているのではない、客のために、おもしろくなるように描いている、そのためなら、いくらでも不幸を描くし、世界もひっくり返す、と。


そしてここまで成功するのにも、楽してなれたわけではない、苦労の日々があったことを語ってましたね。あんたを捻り出すまでに、どんだけ腹の底から泣いたと思ってんのや、と。


結局お互いの立場が違うので理解するまでには至りませんでしたが、今後も駿河の匙加減で苦悩を味わうことになるかもしれないブリッツが、元の世界に戻ることに反発しなかったのは、駿河を自分の創造主として認めたということだったんですかね?  この辺りは軍服の姫君ことアルタイルと、シマザキセツナの結末を見届け、何かしらの変化があったと考えるべきなのか。




最後に颯太とアルタイルとシマザキセツナについて



颯太とシマザキセツナは友達以上恋人未満みたいな関係でしたね。ただ、颯太自身はシマザキセツナの才能に嫉妬していたため、彼女が本当に自分を必要としている時に助けることが出来なかったことを自分が彼女を殺したんだと思いずっと責めていました。


クリエイターとしての活動も、その後も続けてはいるものの、シマザキセツナへの罪悪感からかなかなか前に進めない様子でしたね。



そんな忘れたくても忘れられない過去のはずが、彼女が描いた軍服の姫君アルタイルを前にしてもすっかり忘れてしまっていたのはどうかと思いますが、きっとその頃は嫉妬で彼女のキャラクターをまともに見れてなかったんでしょうね。


対するアルタイルは一目見ただけで颯太に気が付きましたね。颯太に敵対心があまり無かったのは、世界が消滅するのだから今更気にする必要もないと思ったのか、シマザキセツナにとって大切な人だったから手を出せなかったのか、一応名付け親だからか、いずれにしろ深い関わりがある割にはあんまり颯太との絡みがなかったのはちょっと残念でもありました。



でも颯太は、アルタイルを思い出してからは、過去と向き合うようになりましたね。そして誰にも止められなかったアルタイルを、彼女の創造主であるシマザキセツナを見事に描きあげることによって救うことができましたね。これにより颯太もクリエイターとして止まっていた自身の歩みを進めることが出来ました。「君を創った僕は、君に追いつけただろうか」との問いに答えは返って来ませんでしたが、きっと追いつけたのだと思います。





そしてやっぱりアルタイルがメインヒロインでしたね。どんな被造物よりも強く、世界を改変する力も持っている。そして創造主には忠義を尽くしてくれるという理想的なキャラクターです。


「森羅万象(ホロプシコン)第三楽章 表象展観」とか能力もカッコ良くて思わず真似したくなりますね。喋り方もデザインも中二心をくすぐるというか、すべてが良い。


また、時折優しさも見せるんですよね。ブリッツが再び戦場に戻ってきた時も、なぜ戻った、君は娘御と居ればそれでよかったのだ、とブリッツが敵陣営に寝返ったことよりも、戦場に加わらなければならないブリッツの身を哀れんでいましたね。世界の消滅とか企んでるけど、本当は優しい子なんですよ。


そして何よりも、シマザキセツナに一途でしたね。彼女の目的がそもそもセツナを追い詰めた世界に対する復讐に一貫してましたし、あれほどの力を持っていながら死んだはずのセツナが現れた途端動揺を隠せなかったのは、それだけ創造主セツナへの思いが強かったからでしょう。



生きていた頃のセツナが現界した時のアルタイルは、喋り口調も変わってましたね。「余の」から「私の」へと口調が変化していくとこが可愛すぎる!


それでも、アルタイルは必死に否定しようとしました。あなたは違う、だってセツナはもういないと。


するとセツナは、自分がここにいるのは奇跡みたいな物だと言います。続けて

「ーーーーでも、私があなたのセツナじゃないって、あなたを騙す為の偽物だって怒るなら、私をどうしてくれても構わない。あなたには、そうする資格がある」

とも言います。その言葉にアルタイルは、一度は剣を構えますがすぐに降ろし、無理に決まってるじゃない、と悲しい顔を見せましたね。幻でも、まやかしでも、私にはそんな事できないと。




そしてお互いに話したかったこと、言わなければいけなかったことを語ります。

アルタイルは感情を包み隠さず、ずっと会いたかったこと、セツナを知った時にはもう彼女は何処にもいなかったこと、彼女の痛みのすべてを知り世界を憎んだこと、彼女を消し去った物語が許せなくて復讐をしようと思ったこと話します。そしてあなたの創った物語の中でずっと共に歩んで行きたかったとも。


セツナは、アルタイルを描き上げたとき、良い所悪い所すべての願いの中に、世界を憎いという思いも含んでしまい、それが呪いとなって彼女に深く刻みこんでしまったこと、祝福していたのに、自分のせいで復讐に身を費やしてしまったこと、自分が弱くて一緒に歩むことができなかったことを謝ります。




確かアルタイルも万能というわけではなかったんですよね。ホロプシコンも簡単にやっているように見えて、実は能力をすべて把握できていなかったり、大衆から愛されていたから無敵の力を得ることができたと言っても、その強さはアルタイルが頑張って手に入れたのだと思います。すべてはセツナの為に。






そしてセツナは、アルタイルが自分の弱い部分をすくい上げて、とても強い力に変換してくれる力を持っていると言っていましたね。自分を悪者だというアルタイルに、悪者かもしれないけど弱き者の王だと。アルタイルはおそらく言われて嬉しかったと思いますが、それをセツナにではなく、同じように弱き者に使えと言っているようでしたね。世界をもう一度抱きしめることが世界を創る事だと。


どういうこと、と思う前に電車の音が聞こえてきましたね。そうです、普通ならあり得なかったセツナの現界もとうとうここまでのようでした。お迎え、ではなくセツナが自殺をしたあの日の再現。セツナはアルタイルに、私もあなたが大好きですと言って飛び降ります。



そこからはスローモーションに時が進みます。アルタイルはホロプシコンを使い電車を食い止め、その隙にセツナを助けようとします。しかしセツナは自分がここにいるのは世界の決まりをねじ曲げていることだから、助けてはダメだと言います。助ければ世界が終わってしまうと。


ですがアルタイルは、そんなことさせないと言います。



「あなたのくれた私の能力はホロプシコン。それは因果をねじ曲げるだけじゃない。無から有を構成することもできる無限の能力。あなたの創ってくれた私はーーーーーー世界を創り出すこともできるのだから」


そして2人は別世界へ行ってしまいましたね。セツナとアルタイル2人のための、これから作っていく無限の物語、無限の世界に……。










レクリエーターズ、このタイトルはやはりセツナとアルタイルのことを指しているんですかね。もし違うとしてもそれも含んでいるとは思います。





創造主と被造物、まったく違うようで本質は同じようでしたね。物語を作る者も、物語に生きる者も自らの役目を持って必死に生きている。物語の結末は最後まで誰も分からない。そして物語を必要とする者がいる限り物語は永遠に続いていく。それこそ万物は流転して……

















……なんか恥ずかしいこと言ったような気もするのでここで感想終わっておきます。

 

ドラクエ11 感想





ベロニカ、最高だよ……。




ドラゴンクエストⅪの感想です。







いやー、面白かったよドラクエ11。PS4版と3DS両方プレイしてたんですがどっちも面白かったよ!




私が今までに遊んだドラクエ(7と10以外はやっている)の中で一番面白かったと言っても過言じゃないくらいでしたね。ストーリーも良いですし、どの仲間もやってる内に愛着が湧いてきます。まあ、ゲームのし易さでいうとカメラワークとか快適とは言えない部分もあるんですけど、それを理由にやらないのは大変勿体無いと思います。





この先はネタバレを大いに含みます。









まずはキャラクターの話から










 ほんとね、ベロニカが良いキャラなんですよ。始める前はそれほど好きなキャラではなかったんです。どちらかと言えばマルティナの方が良いかなくらいに思ってたんですが、ラスボスまで終えた時にはもうベロニカが一番好きになってましたね。大樹崩壊してからウルノーガ倒すまで使えなかったのは本当に辛かった。

メダ女制服可愛い、さそう踊り可愛い、イオグランデで雑魚敵一掃楽しい。




ニズゼルファは最後マダンテで仕留めました。






セーニャも覚醒したら化けましたね。ベロニカがいなくなってあんなに頼もしくなるとは思ってなかったですよ。戦闘でも一番使ってました。

髪を切っても前髪を下ろさないのはちょっと残念でしたけど、大樹崩壊後のセーニャの成長っぷりは感動ですよ。

あっ、最初キラキラボーンとか使えなそうな技名だなーとか思ってました。セーニャさんすみません。 







その他のキャラクターも良いキャラばかりでした。ロウはニマ大師との会話が面白いし、むっつりスケベなところもおちゃめで可愛かった。シルビアはふざけているように見えてやる時はやるかっこいいオネエだった。グレイグは後述の最後の砦の話が良かった……。




逆にカミュとマルティナは前評判が良かっただけにそれ以上になることはなく良くも悪くも普通でした。イケメンとお色気要員は必要不可欠ではあるけれど、11では割と空気でした。

カミュもマルティナも戦闘は強いですけどね。












ストーリーは個人的に大樹崩壊後の最後の砦での話が一番印象に残ってますね。



幼馴染みエマとの再会、最後の砦を命懸けで守るデルカダールの民、今までずっと敵対していたグレイグとの共闘、そして再び光を取り戻してからのグレイグの仲間加入。


敵幹部を倒し最後の砦に帰還した勇者とグレイグを皆が出迎えてくれるシーンで思わず涙が……。


その後は仲間も戻り少しずつ希望を取り戻していくので、やっぱり絶望だったところから希望へと切り替わるこの最後の砦の話が一番感動しました。














あと今回結構ボス強かった気がします。


ドラクエは大概レベルを上げてれば何とかなるのは11でも同じですが、シンボルエンカウントだとギリギリ勝てるラインが分からないので、3DS版の2Dモードのレベルを参考にして大体このくらいかな、といった感じでPS4版は進めていました。



個人的に強敵だったのはアラクラトロとムンババ・邪でした。特にムンババ・邪はクリア後に初めて戦った3回行動キャラなのと、デイン系がデインしか持ってなかったので尚更きつかった印象です。



ま、クリア後のボスはホメロスとウルノーガ以外は大体一度は全滅してたような気がしますが……。










メタル狩り



今回はメタル狩りはあまりしませんでした。道中に出てくるメタル系を狩るくらい。


それに11はゾーンでメタル系を呼び出すこともできるので、どこがメタルキングが出やすいとか関係なかったです。






時渡り


3DS版のみの要素、時渡りの迷宮も以外とボリュームがあって楽しかったですよ。欲を言えばヨッチ族使い捨てにしないで強化していく感じにして欲しかったのと、冒険の書をもっと増やして欲しかったのですが、そこまでいくとおまけじゃなくなってしまうので、過去のドラクエを行き来できるおふざけ要素多めのソフト1本作って欲しいですね。




プレイ時間は3DS版とPS4版合わせて150時間くらいだったと思います。寝落ちしてた時間もあったので正確には分かりません!



3DS版は2D版でサクサク進められたのでPS4版の半分くらいの時間で、時渡りの迷宮に結構時間を割いていたと思います。PS4版はカジノもやらず名シーンの余韻にも浸らず淡々とこなしていけば60時間くらいでクリア出来るんじゃないですかね(適当)






最後に





今回のドラクエで一番悩んだ選択肢が、大樹崩壊前の過去に戻ってやり直すか、このままベロニカがいない世界で生きて行くかの選択でした。

一見、ベロニカいないんだから過去に戻るの一択に思えるのですが、私は先も言ったように最後の砦の話にめちゃくちゃ感動したので、それがなかったことにされるのは何か違うなと。


大樹崩壊前に戻ると、キャラクターの成長が見れなくなってしまうんですよね。セーニャは姉に甘えた子のままですし、グレイグもちょっとまだ信用出来ないキャラになってしまいますし、シルビアの世直しパレードが無くなってしまうのも寂しい。それに皆ウルノーガの脅威も知らない。世界が一度滅んだことを知らない人々は、またウルノーガみたいなのが現れたら同じ過ち(勇者を捕らえろみたいな)を犯すような気がします。



結局ベロニカいないので過去へ戻る一択ですけどね(笑)


 続きを読む

かぐや様は告らせたい 6巻感想




かぐや様は告らせたい6巻の感想です。



もうyouたち付き合っちゃえyo‼︎


かぐや様読むといつもそう思ってしまいますね。6巻もいつも以上にいちゃいちゃしてます。






表紙を飾るのはあのちょっとイラッとくるリア充カップルです。本編に登場したのは柏木さんだけでしたが。登場頻度的に準レギュラーですかね。


今回はいつもの惚気話を持ってきた訳ではなかったですね。柏木さん視点で見たかぐやと白銀の話でした。柏木さんが全読者の気持ちを代弁したような感じでしたね。かぐやも白銀も自覚がないから見てるこっちが恥ずかしくなってしまうという……。


藤原姉妹たちとのショッピング回もありましたね。藤原書記の妹、萌葉が本格的に出てきましたがあんな黒い子だったとは……。作者さん心に闇抱えた女の子絶対好きですよね。ibでもそんな娘ばっかりだったし。そんな訳で白銀妹、圭とかぐやの距離が縮まった回でした(何も語ってない)


そして白銀誕生日回と月見回ですよ。ほんと何であんなことがあって付き合ってないのか。月見回の最後なんて白銀、好きを伝えるどころかプロポーズしてるじゃないですか! もうこれで最終回でいいよ(よくないです。もっといちゃいちゃが見たいです)


スミシー・A・ハーサカさんも可愛かったですね。早坂もなかなか負けず嫌いっぽいですし、今後もハーサカさんとして白銀を落としにかかることがあるかもしれませんね。


もうお腹いっぱい楽しんだ6巻でしたが、最後も良い引きで終わりましたね。えっ、かぐや様終わってしまうの?  って思ってしまいましたよ。かぐや様が初めて本音を正直に伝えた回でしたし、それに白銀がかっこよく応える貴重な回でした。


次回には新キャラが生徒会に入りそうそうですし7巻も楽しみですね。































IMG_1547



この子にはいつか幸せになってほしい。






 

アリスと蔵六 8巻感想





「私はな 本当は…あのとき "ワンダーランド"がつくった 死んだ 紗名のコピーなんだ」 






「アリスと蔵六」8巻の感想です。


キングが意外とまだ近くで生活してたり、物語の鍵を握りそうな新キャラが登場したりと色々あった8巻でしたが、上記の紗名のセリフで全部吹っ飛びました。


7巻であっさり生き返っていたので忘れていましたが、紗名一度死んでるんですよね。しかも遺体まで残っているという……。


よく漫画で生き返ったりする時は、元の体があればそこから生き返ってたり、跡形も無く消え去っている場合だったら前後の記憶が少し欠けた状態で生き返ったりと、新たに作り出されるというよりは元の体を基準として戻ってくることが多いですよね。


今回もそんな感じで紗名は死んだ肉体から蘇った、もしくは生き返った時に前の体は消えてるのかと思っていたので、紗名の遺体を見たという蔵六に驚きました。


自分は自分だけど前の自分ではない。今の紗名は生き返ったのではなく前の紗名の情報を写し取ってワンダーランドに再び創られたコピーだった……。大人だったらそんな細かいこと気にすんなで済みそうですが、純粋で繊細な子供にとってこれは辛いことですよね。だからこそ蔵六に問いかけ、全ての自分を再び受け入れてもらう必要があったわけです。


もちろん蔵六はどんな紗名でも紗名として、家族として受け入れてくれますが、問題はここからです。





「クロエって死んだんだろ? 生き返らせてやるぞ 私を 家族にしてくれたお礼だ」


IMG_1490



正直なところ、クロエや早苗の両親が死んでいると分かった時点でいつか言い出すのではないかと冷や冷やしてましたが遂に言ってしまいましたね。それも最悪のタイミングで……。


この後紗名は蔵六に頬を引っ叩かれますが、どうしてか解らないといった顔。そして蔵六が去り際に放った「わるいこと」という言葉だけが紗名の心に深く突き刺さります。






あー、ほんと紗名の気持ちも分かるだけに読んでいて辛い!


だって再びワンダーランドに創られた自分が受け入れられたなら、自分がクロエを創ったってOKだと思ってしまうし、その方が蔵六達も喜んでくれるはずだって思ってしまうのは当然ですよ。


実際ミニーCあたりにやったら喜びそうな気はしますしね。だが相手は蔵六、考え方が違う。


おそらく死んだ者を生き返らせてはいけないというのは、蔵六が常日頃言っている「曲がったこと」なんでしょうね。何でも思い通りにしていいものではないということですね。難しいことは言えませんが……。


次巻はどうなるのでしょうね。頭で理解するような問題ではないのでそれがまた難しいところ。




ディーふらぐ! 12巻感想


待ちに待った「ディーふらぐ!」の12巻が発売されました。


ディーふらぐは、髪質の硬い主人公風間が、毎回ゲーム制作部(仮)のメンバーに付き合わせられ(巻き込まれ?)ゲーム勝負するドタバタコメディ漫画です。


12巻では高不動のリベンジマッチでお嬢様達が通う聖立川女学院でスタンプラリー勝負することになってましたね。お嬢様学校と聞いてどんな可憐な乙女達が登場するのだろうと思っていましたがそこはディーふらぐ、12巻も癖のあるモブキャラがたくさん登場します。


外野の外野ズだったり相撲部の松ヶ谷さんだったり、そして遂に登場、府上学園名だたるメンツから焼肉定食!!


伏線回収ですね。本当にそうなのか、2巻10話を確認したところ……


IMG_1489




ありました! 文字が潰れてはいるものの焼肉定食と書かれているのが分かります。右隣にはさしみのりもあるので多分間違いないと思います。


ディーふらぐの魅力を言えば、メインキャラより出しゃばるモブキャラ抜きには語れないくらい重要な要素なので、こういった伏線回収は嬉しいですね。


次の巻はいよいよ風間ハーレムに修羅場が起こりそう……。




カバー下の4コマの船堀さんが可愛かった。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク