まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

漫画

政宗くんのリベンジ 10巻(完結) 漫画感想





漫画「政宗くんのリベンジ」10巻の感想です。




うわああああああああああー終わってしまったああああああああああ!



何という喪失感。恋愛ものはこれが辛い……。




私はアニメ化される少し前くらいに読み始めたのでそれほど長い間ではなかったのですが、それでも長く読んでいる漫画と同じくらい毎回新刊が発売するのを楽しみにしていた漫画でした。竹岡葉月先生、Tiv先生、お疲れ様でした。素晴らしい作品をありがとうございました。




結末としては賛否両論あるかもしれませんが、それはどのキャラが好きだったかにもよりますからね。


私としては大勝利でした。でも、もし好きなヒロインが負けてしまったていたとしてもこの作品は好きなままだったと思います。欲を言うならもう少し長く政宗くんたちの恋愛模様を見ていたかったですが……。まあその後の物語は想像して補うことにします。







注意! ここから先はネタバレになります。








表紙の吉乃が可愛い! 



これは吉乃エンドか、と思いましたが実は10巻には通常版とは別にDVD付の特装版がありまして、その特装版の方の表紙が愛姫様なんですよね。つまり読むまで政宗が最後にどちらを選んだのか分からない! これは表紙からネタバレを回避できる良い方法だったと思います。


よく見ると愛姫様の髪がショートになっていますね。特装版のDVDの内容は本編後のストーリーになっていて何と3話分のアニメが収録されているようです。 これはお得感ありますね! もうkindleで本を買い始めてしばらく紙の本は買っていないんですけど、久しぶりにこっちでも買おうかなと思ってます。




本編の感想に入ります






初っ端からとんでもないものぶち込んできましたよね! 

政宗の腕に胸をむぎゅっと押し当てていちゃつく吉乃。そしてこの破壊力抜群の表情。これは愛姫様派の私でも一瞬吉乃派に寝返りそうになりました。


私がなんとか一瞬で済んだのは、これは政宗の見ていた夢だったからです。

9巻の最後では政宗は唯一触れられる吉乃を抱きしめ、「師匠と計画練ってるときが一番楽しかったかもしれない」と言ったのでしたね。あの時点では吉乃が恋心に気付いたという引きでしたが、政宗もまた吉乃に心が揺れ動いていたようでした。「絶対に認めちゃいけない想い」というのが吉乃に対する恋心なのでしょうね。



世間ではバレンタインデーが近づき盛り上がっていました。なぜか男の小十郎がチョコ作りの中心になっていますね(それでいいのか小十郎!)


そして愛姫様も「商業主義に染まるもんですか」と言いつつも、政宗にあげるチョコの食べ比べをしていましたね。手作りをあげたら喜ぶと吉乃は提案します。


数日後、なんとかバレンタインデー前日までに愛姫の手作りチョコが完成します。ドヤ顔の愛姫様が可愛い! 


バレンタイン当日、政宗は久方ぶりのモテっぷりを発揮し、大量のチョコをもらいます。もらったチョコを見ながら顔を緩ませていると愛姫が現れます。


政宗のことを好きと自覚してからの愛姫様は本当にすべての挙動が可愛いですね。政宗のことで不安になったり、恥ずかしがったり、得意げになったり。

今回も大量のチョコをもらって調子に乗っている政宗を目にし、残虐姫になるのかと思ったら「そんなにいっぱいあるなら私のなんて必要ないでしょう」と言ってしゅんとしちゃったり、もう可愛すぎかよ!



そのあまりの可愛さに、政宗も本心で愛姫の作ったチョコを欲しいと思います。

不慣れなことをして火傷をするまで頑張って自分のために作ってくれる。そんな健気な彼女をどうして裏切れようか。吉乃に心が揺れていた政宗も、ここではっきり愛姫を選ぶ決心をします。8年前の復讐心から始まった今までのすべての自分を捨てて、愛姫と向き合う決心を。


そうなんです。ここで政宗の中では誰を選ぶかなんてもう決まっていたんですよね。この後の展開で吉乃を選んじゃったらそっちの方がおかしいですよ。吉乃には悪いけども。





愛姫は藤ノ宮寧子に呼び出されます。今さら何の用かと思えば、寧子は愛姫に政宗と別れてもらうように言いましたね。政宗様は貴方のことを愛してはいない、と。

思いは別のところにあるのに過去の思い込みに縛られて今とても苦しんでいる、とも言います。それに対して愛姫は




「そんなの知ってるわよ!!」




と涙ぐみながら答えます。前巻で愛姫は政宗のリベンジ帳を偶然見てしまったのでしたね。そこには憎き残虐姫をどうやって攻略するか書かれていたものでした。




「ご存じでしたらどうして——」寧子は当然の疑問を投げかけます。




「そんなの」

D5E4B4A5-7B53-42DA-8570-1579075FBC2C






やめて……これ以上愛姫様を泣かせないで……



愛姫様が悲しげな表情をするのはたまらなく好きなんですけど、もうこれ以上は流石に私も心苦しくなってしまいました。


嫌がられても否定されても今さらマサムネを切り離せない、好きなってしまったらもう理屈ではどうにもできないものなんですね。例え相手が自分を憎んでいたとしても。


外で待っていた吉乃に愛姫は教室で何があったのか告げると、吉乃は寧子の元へ走っていきます。愛姫はすぐに吉乃を止めます。


「あの女が言ってることは別に間違ってないわ。好かれてないのは本当だもの」


そう言う愛姫に吉乃は「ちがう……」と答えます。「ちがうんです愛姫さま」と。


吉乃は今まで愛姫に言えなかったことをすべて打ち明けます。政宗を豚足と言って追い払ったこと、政宗が愛姫に復讐するために転校してきたこと、その復讐に協力するふりをして仲直りしてもらおうとしたこと。

必死に今までの思いを打ち明ける吉乃を見て、愛姫はあることに気付いてしまいます。そして吉乃に調べてもらいたいことがあるのと言い、行動に移します。




愛姫は政宗をデートに誘いました。しかし、愛姫が待ち合わせに指定したのは何の変哲もない普通のドラッグストア。ここに何があるのかと思っていたら、愛姫は店員の1人に話しかけます。愛姫が話しかけた店員はなんと昔太っていた政宗をいじめていたグループの1人でした。

鈴木と言われていたその店員は政宗の変わりように驚きます。仕事中だったため、それほど話さずに終わりましたが、鈴木君は最後に「いろいろごめん!」と謝ります。おそらく記憶の片隅にしか覚えていなかったでしょうが。


愛姫にどうだったか聞かれ政宗は「案外平気だったというか……どうでもよかった」と答えます。もっと心がかき乱されるものと思っていたのに、実際に会ってみると想像以上に何ともなかったようです。

「強くなったのよマサムネは」

愛姫はそう言います。もう大丈夫なのよ自信持って、と。何か嫌な予感がします。


政宗はバレンタインデーのお返しにホワイトチョコを渡します。嬉しそうにする愛姫に政宗は触りたいな思います。今なら拒絶反応も起きないのかもしれないと思ったのでしょう。

しかし政宗が触れる直前に、愛姫はやっぱりこれは受け取れないと言ってチョコを返してしまいます。そして


ああ、やはり悪い予感が当たってしまった……。

直接の原因は寧子に別れてとお願いされたからでしょうか。でもそれだけなら愛姫は政宗に捨てられるまでは付き合っていたような気がします。やはり政宗の好きな人が分かってしまったからというのが大きいのでしょうね。


その子は愛姫にとっても実の姉妹のように大事な子で、自分が別れない限り政宗に想いを伝えることはない子だと知っていたから。この子には幸せになって欲しいと思ったから自分が身を引くことにしたんでしょうね。





愛姫が別れを告げてから政宗は学校に来なくなってしまいます。愛姫に聞いてみても別れたと言うし……えっ、別れた!? 一番驚いたのは吉乃でした。原因を突き止めるために寧子と委員長を連れて真壁家へ向かいます。


政宗は自宅にはいませんでした。信州のおじいちゃんのところに行ってしまったようです。政宗がいなくてなってしまったことでお母さんが廃人になってしまい家は崩壊寸前でした。どうして政宗は行ってしまったのか……吉乃たちは愛姫とデートした日に何かあったと予想します。


吉乃はこうなったのはあんたのせいだと寧子を問い詰めます。寧子はビンタして反撃します。政宗の本意がどこにあるか知っていながら愛姫をくっつけようとする吉乃は欺瞞で卑怯者だと。



言い争いを収めたのは愛姫でした。寧子を委員長に任せて吉乃と一対一で話をしましょうと言います。


ずっと近くにいたのにちゃんと向き合えてなかったと愛姫は語ります。自分が吉乃に頼りっぱなしだったから吉乃は自分の気持ちを殺すことしか選べなかったと。


政宗が好きという気持ちを。


「きちんと自分の気持ちに向き合ってちょうだい」と言う愛姫の最後のお願いに吉乃は涙を拭い「はい」と返事をします。そして急いで政宗のところへ向かいます。 




新幹線で信州に向かっている際に過去の様々な思い出が蘇り、改めて隠してきた自分の気持ちに向き合った吉乃。電車を降りる時には別人のようでした。


道に迷い、ボロボロになりながら何とか再会した政宗に今までの想いを伝えます。





1C5C6FF0-4D33-4291-A645-0C587242B4E0


えええええええええ!


まさか大胆にも政宗を押し倒しキスをするとは予想外でした。自分の気持ちを正直に伝える一番の手段がキスだったということですね。


その後どうなったのか気になるところですがここで一旦話は区切り、詳細が分からないまま春を迎えます。




自分から別れて、吉乃とくっついたと分かってもまだ政宗のことを忘れられない愛姫。新学期になりクラス分け一覧表が張り出されます。政宗とだけは同じクラスになりたくなかった愛姫。しかし運命のいたずらで政宗とだけ同じクラスになってしまいます。


まさに地獄。忘れようにも同じクラスでは嫌でも目に入ります。それに政宗は以前と変わらず愛姫に話しかけたり近づいたりします。体育倉庫でぼっち飯をするも政宗はやって来ます。


政宗は何か謝りたいことがあったようですが吉乃が来たため何も言えず、愛姫にはバカップルがいちゃいちゃを見せつけに来たとしか思えませんでした。



いつまでも政宗を諦め切れなかった愛姫は意を決して髪をばっさり切ってしまいます。ショートヘアーになった愛姫を見て吉乃は今までにないリアクションを見せます。


吉乃は愛姫に学校に行くように言います。言われた通り旧校舎に行くと、愛姫宛ての手紙を見つけます。この場所でこの展開は……。



以前(政宗くんのリベンジ1巻)政宗が愛姫にアタックを仕掛け携帯のアドレス聞き出そうとした時、愛姫は二つ返事でいいわよと言って政宗に旧校舎のこの場所で待たせ、メモを使って、誘導し散々振り回した後、みんなの見ている中で「お断りよ」と足蹴にしていましたね。




あの時の仕返しに政宗が企んだものだと思った愛姫は手紙の中身を見ずに腹を立てて政宗を探します。

しかしどこへ行っても政宗がいるような気がします。それほど沢山の思い出がありました。体育倉庫、補習、プール清掃、文化祭。今も忘れられない思い出ばかり。嫌いが好きになるのに十分な時間を政宗と過ごしていました。


そしてやっと政宗を見つけます。じっとしていられず走り出す愛姫。お互いのいたところに向かってしまい行き違いになってしまいます。


今度は愛姫を捕まえることに成功した政宗。愛姫は「もういい加減私のことは放っておいてよ」と言います。「あなたたちが仲良しなのはわかるから」と。



ちゃんと謝りたくてと言う政宗に、愛姫は吉乃と付き合ってることを謝らなくていいと言います。




「付き合ってない」





政宗はそう言います。「言われたけど断ったんだよ」と。


前述の通り、政宗はすでに愛姫を選ぶと決めていました。ですが女の子たちが勝手にもめてややこしくなっていただけなんですよね。政宗としては愛姫としっかり向き合うつもりでいました。その証拠に




9F47E424-B67D-405F-95B6-1210955B8169

「俺と付き合ってくれる?」





と、今度は前のように成り行きではなくはっきりと政宗は愛姫に告白します。手紙の中身も同じ内容でした。



じゃあ結局政宗は愛姫様のことを好きなの?ってなりますよね。吉乃の方が好きという感情に近かった気がします。政宗の答えこうでした。


「こんなに一人のことを考えて努力できるのって君だけなんだよ」


なるほど、政宗らしい答えだと思います。政宗は顔は良いですが性格はあまり良い方ではありませんからね。なので考え方としては自分勝手ではあります。自分がこの先間違えても大丈夫なように道しるべになってくれと言っているわけですからね。


でもそういう自分勝手なところにも惹かれるものがあるんでしょうね。自分の目標にバカみたいに一生懸命なところとか女の子は好きになっちゃう要素だと思います。



愛姫の返事はもちろんOK。でも一つ懸念していることがありました。それはやはり拒絶反応を示していた政宗の身体のことでしょう。愛姫は確かめるために「ちゃんとキスとか……できるの?」と政宗に小声で聞きます。できますともと言う政宗。

流石に緊張して一度は仕切り直しましたが、お互い目を閉じてついにキスを果たします。うわああああああああああ心がキュンキュンするんじゃー!



愛姫が何故か悲鳴をあげ(察することはできます)、吉乃が屋上から見守っていたところで幕引きとなりました。後日談はご想像にお任せしますといった感じです。





「政宗くんのリベンジ」、どうだったでしょうか? 私はラブコメを読んでいる時は主人公とくっつくことが半ば決まっているヒロインよりも、後から出てくるヒロイン(政宗くんのリベンジで言えば寧子のような第三ヒロイン)とくっついて欲しいと思うことが多いのですが、「政宗くん」においては初めから終わりまで愛姫様を応援してましたね。


最初はこんなツンツンした子がデレるところを見てみたいとかそんな感じでしたが、読んでいく内にああ、この子は強がっているだけで本当は繊細で傷つきやすいんだなって分かると何しても可愛く見えちゃって、もう気付いたら愛姫様の虜でした。



高飛車なお嬢様は見知らぬ地で意外と適応しちゃったりするんですけど、愛姫様はそういったお嬢様にあるような強さがないところが魅力的です。何でも1人でできちゃう子ではないのでこれからも吉乃や政宗が必要になっていくでしょうね。



一方で吉乃は最後まで政宗への気持ちを隠していたように、見た目に反して1人でも何でもできちゃいます。誰かに甘えるにしても計画の内だったりします。あんまり弱いところを見せないので付け入る隙がなく、政宗とも恋人になるまでいかなかったのかなと思います。


後は吉乃は最後まで政宗を豚足呼びしていたのがマイナスだったかもしれません。政宗にとってそのあだ名で呼ばれ続けるのは良い気分ではないですからね。あと、自分はよしのって呼ばせるのに政宗のことは豚足呼びのままなのは疑問でした。もしかしたら吉乃はまだ心のどこかで政宗と距離を取っていたのかもしれませんね。


恋愛ものの漫画ってこういう恋愛してみたいなあっていう理想を読者にどれだけ抱かせることができるかが大切だと思ってて、そういう点で私は読んでて何度もそう思ったので「政宗くんのリベンジ」は本当に良い漫画だったと思います。今も喪失感が半端ないので竹岡葉月先生、Tiv先生、次回作よろしくお願いします!



はねバド! 13巻 漫画感想


ベスト4決定!


漫画「はねバド!」13巻の感想です。




13巻でついにベスト4が決まりました。激闘の末勝ち上がったのはなぎさコニーか。そして衝撃の事実を知ってしまった綾乃。13巻も見どころたっぷりでしたね!






ここから先は13巻のネタバレを含みます。




最終ゲームで7点差をつけられてしまったなぎさ。会場全体がすでにコニーの勝利ムードでした。膝の影響ではなく単純にコニーが強過ぎただけ。大人と子供ほどの実力差に周囲は終わったとつぶやきます。コニーも当然のように勝利を確信し「バイバイなぎさ」と引導を渡します。


「うるせえんだよ」


!!?



誰もがなぎさの言葉に驚きます。ただの強がりではありません。なぎさの目は力強く、まだコニーに勝つ気でいました。最終ゲームでこの点差でもなぎさは諦めていませんでした。


ここからはなぎさが反撃します。気迫と粘り強さで徐々に点差を縮めていきます。そして必殺技のジャンピングスマッシュ! なんとか点差を2点にまで縮めます。


しかし疲れを見せたなぎさはそれをコニーに気取られ、再び点差が開いてしまいます。



11-7でインターバルに入ります。汗を拭いていたなぎさの肩に立花健太郎が手をおきます。


A4F1C60D-C46E-44D7-B3CA-9B05E0923F5A


これは前回のなぎさの告白に対する健太郎なりの答え、何ですかね? なぎさの「好き」という気持ちにコーチとしてではなく立花健太郎として特別だと答えたんですから。なぎさにとってこの場で一番の励ましでしたね。なぎさは照れながらも元気になります。


元気を出すなぎさに対して苦い顔をしているのはニュアンス的に膝等の心配を言っているのに、かえって無理しそうな雰囲気になってしまったからでしょうか。ああ、伝わってないなという表情をしていました。


一方でコニーは志波姫にゲームの流れを持っていかれないように淡々と勝ちなよと言われます。しかしそれをコニーは受け入れませんでした。


もう死んでもいいって思える絶頂を味わいたい、人生をかけているこの仕事の価値を見極めたい、この競技に深くハマれるならそれが地獄でも見てみたい。

自ら苦しみたいというコニーの考えは常人には理解しかねるものですが、天才ってそういうものなんでしょうね。その思考も決まったものさしでは測ることはできないのでしょう。しかしあまりこじらすと変態と言われてしまうという……。




ゲームが再開します。地獄を見るために、苦しみたいがためになぎさを挑発しながらコニーは点を取っていきます。それに応えるようになぎさも全力で点を取っていきます。

お互い全力を出しての体力の削り合い。正直コニーがここまで根性で張り合うとは思っていませんでした。綾乃の時といい、なぎさにはそうさせる何かがあるってことですよね。冷静に分析するタイプの志波姫と戦えば志波姫もこうなるのでしょうか。



こうなってくると力を発揮するのはなぎさの方で徐々に点差を詰め、18-16と再び2点差まで追いつきます。

苦しいながらもコニーは嬉しそうにしていましたね。ここで地獄を見ることで自分のさらなる力を引き出せる、綾乃を叩き潰すための力を手にすることができる、そう思うともっと苦しみたいとなるのでしょう。

そう言えばコニーはママ(有千夏)のナンバーワンなるために綾乃を倒したいんでしたね。作風が変わってから半分忘れてましたがコニーは元々子供っぽいところがある子でした。


しかし自分が強いという自惚れか、コニーにはまだ甘さがありました。これは自分が望んだ試合展開だと、進んで得た苦しさだと考えていたことです。そしてコニーは本当の地獄を知ることになります。


全身の毛穴から全ての力が噴き出しそうな感覚。言う事をきかない身体。何もかも分からなくなってついていけない頭。連戦を想定したプロ同士の戦いを経験してきたコニーにはここまで追いつめられるのは初めての経験でした。圧倒的な実力差があったはずのコニーでしたがなぎさに同点まで追いつかれ、いつの間にか自分が仕留められる側になっていました。


ここまでくると周りのなぎさの評価も変わってきますね。ヴィゴは乗りこえるべき最強の壁と評し、倉石監督はヤツはこの試合を通じて別人になったと言っています。


残りの2点争いは足に堪えるラリー勝負になりました。ここまで追いつめられてもまだ自分の実力に自信のあるコニー。今までの経験から、追いつめれば必ず相手の方から諦めると思っていました。


そしてついになぎさを追いつめたコニー。最後の1点! コニーは勝利を確信し、なぎさの顔を窺います。しかしなぎさの目は真っすぐ前を向きまだ戦意を喪失していません!


ここでコニーが自分の限界を超えた力を発揮します。強烈な一打! おそらくこの試合で一番パワーがあったコニーのスマッシュ! なぎさはそれを拾うことができずに試合終了!







……かに思えた! 


しかしシャトルはわずかにラインの外へ……アウトです!



いやー、心臓バクバクですよ。完全に終わったと思いました。ここでコニーも覚醒するのか、ってなりましたし、フレゼシリアの仲間たちも「よし!!」なんて言うから、しばらく結果を知りたくなくて数分心を落ち着かせてから覚悟決めて読みましたよ。そしたらまだ勝負は終わっていなかった!思わずおおおおおお!と声が出てしまいましたよ。良かった。本当に良かった。


なぎさはこの時さらなる進化を遂げましたね。なんとアウトは運が良かったのではなく、軌道もすべて見えていた上でアウトになると判断し取らなかったということでした。なんという選球眼!極限状態で研ぎ澄まされていますね。


さすがのコニーも「いい加減にしてよ……」と脅えます。全力でやっても倒れてくれない相手。勝ちを譲らない相手。試合の中でどんどん強くなっていくなぎさを恐れるも、この相手なら自分も高みにいけると、まだまだ成長できると感じます。


止まってしまえばもう動かないだろう足、全身の疲労はピークに達しているのに二人はとても楽しそうにバドミントンしていました。




「守るものなんてない 失うものも 何一つ……
このコートには たくさんのライバルと 楽しさだけ!!!」



なぎさの必殺技ジャンプスマッシュが炸裂します。これは、なぎさの勝利……か?










CDE79F92-73A5-42F3-A0BF-F60C4CDA2C7E



えっ、ええええええええええええ!!!!


まさかのここで立花コーチが棄権のサインを審判に示し、そのままなぎさの敗退が決まってしまいました。

当然なぎさは立花コーチに抗議します。「だってまだ動く!!」と。


コーチはお前が一番わかっているだろ、と言います。

どうなんでしょう? 試合中何度もなぎさの膝を映すシーンはありましたが、なぎさはもう限界だと分かっていたんですかね。純粋にバドミントンを楽しんでいたので膝のことを忘れていたような気がします。


なぎさは抑えきれない気持ちを立花コーチぶつけます。体当たりで



FE0E5770-194C-4770-802E-3EC91C843500


ここでコニーと試合を続ければもしかしたら勝てたかもしれない。(最終ゲームが25-24なので十分可能性はありました)

しかし膝の保障はできない。今のなぎさなら高校で日本一になれたかもしれないが、それをゴールにするにはもったいない素材。立花コーチも膝の怪我で悔しい思いをしたからこそ、特別な存在であるなぎさに同じ思いをさせたくなかったのでしょう。ギリギリまで試合を止めなかったのなぎさの意思を尊重してですかね。コニーをここまで苦しめたこの経験はお互いとって価値があるとコーチは言います。

コニーもこの結果に納得してませんでした。「楽しかったのに 途中で終わりにしないで……」と涙を流します。

「これで終わりじゃない コイツは必ず戻ってくる」

立花コーチがコニーに言います。ここのシーン、まるで俺たちでお前を倒してみせると言っているように見えました。なぎさが言うのではなく立花コーチが言うところに深みを感じられます。


なぎさは膝のことがあったのでこれ以上勝ち上がれないだろうなとは思っていましたが、ここでコニーに負けて欲しくなかったので決着がつかずに終わったこの試合は個人的には大満足でした。コニーを強く見せるためになぎさを弱くしたりしなくて本当に良かったなと。

試合後のコニーとフレゼシリア女子の仲間たちのやりとりは久しぶりにほのぼの回を見た気がしますね。見られるのが恥ずかしいとか意外とコニー乙女ですね。


そう言えばコニーとなぎさの試合、有千夏は観てませんでしたね。綾乃をホテルに連れて行った後、そのままホテルにいたんでしょうか。コニーがここで負けるとは思ってないから観てなかったんでしょうかね。



ベスト4、1年3年対決なのが面白いですね。この怪物1年生2人に志波姫津幡が勝てそうに思えないのですが三強の意地で大いに苦しめてくれるのを期待します(笑)




夜になって目覚めた綾乃は偶然益子泪に遭遇します。可愛くない綾乃に笑いました。あの益子泪相手に臆しない綾乃ちゃんは強くなったなあと。ちょっとポンコツっぽさがある津幡路ちゃんも可愛いかったですね。泪が負けてへこんでると思って慰めにきたとか。


ホテルに戻った綾乃。そこにはヴィゴと綾乃のお父さんの姿が。隠れる必要もないのに綾乃は反射的に隠れてしまいます。何の話をしているのか近づいてみると……

47D4A112-E442-4C38-98F7-2CA679A6FB97


まさかの事実。あんなに若々しく元気のあるお母さんが病気(?)だったとは……。
綾乃に知らされなかったのは有千夏が口止めしてたんですかね。コニーはこの事を知っているのでしょうか。


有千夏の先がもう長くないことを知った綾乃はお母さんに自分が最強だと伝えるために絶対にこの大会に勝つ決意を固めます。なんだか昔の綾乃に戻ったかのような雰囲気が出ていました。



13巻も気になるところで終わりましたね。また昔の綾乃に戻ってしまったら果たしてバドミントンを楽しむことができるのでしょうか。コニーもそうですが、2人はバドミントンで最強となることでしか有千夏から愛してもらえないのでしょうか。3人で一緒に暮らせる日は来るのか、次巻に続きます。






704BFABB-0834-4E1D-96A2-7DD63344A894

アニメとはまた違う2人を見るのも楽しいですよ。 



かぐや様は告らせたい 10巻 漫画感想


 


 「かぐや様は告らせたい」10巻の感想です




先月、9巻の感想を書いたばかりでもう10巻が発売されててびっくりしました。アニメ化も決まりましたし最近勢いがあってすごいですね。

大きなイベント体育祭も終わり、ストーリー的には一休みかなと思いましたがそんなことはありませんでした。新たな波乱の幕開けの予感がします。






ここから先は10巻のネタバレ感想を含みます



10巻の見どころとなるのは早坂愛(スミシー・A・ハーサカ)と、この子は新キャラと言って良いのか、今までモブキャラ扱いでしたが今回でサブキャラへと昇格した四条眞妃ちゃんですね。やっと眞妃ちゃんが本編に登場したことで何だろう目から水が……。


4B739A2C-C357-4EBC-9DD3-9181F3DEFD14


前にも言ったかと思いますが、「かぐや様は告らせたい」で一番幸せになって欲しいと私が思っているのが四条眞妃ちゃんなんですよ!


密かに思いを寄せていた男子が親友と付き合うことになってショックを受け、素直になれなかった自分を後悔し、毎度おまけページで二人のイチャイチャを見て涙する不憫な子。それでもまだ諦めていない健気な女の子を応援したくなるのは当然でしょう?


眞妃ちゃんはかぐやの再従姪孫(さいじゅうてっそん)にあたるそうで正統な四宮の血筋を引いているのだとか。ドヤ顔で言ってましたがほぼ他人のようです。まあ、はとこですらほとんど会う機会ないですからね。その孫ともなれば……自分に置換えてみたらまだ存在すらしてませんでした。


校舎裏(?)で泣いていた眞妃ちゃんを踏んでしまい生徒会室に連れてきてしまった白銀。眞妃ちゃんは最初お茶を持ってくるように要求したり、四宮の血筋を自慢げに話していたり強気な態度でいると思ったら、柏木彼氏(名前は後に翼くんと判明)のことになると急に弱々しくなってしまうところが可愛いですね。


彼のことを好きじゃないと言うも、石上が「ホントは好きなんでしょ!!」と少し強めに言うと素直に「……うん」と答えてしまうあたり、もし彼の察しが良ければ付き合ってたんじゃないかなと思うとほんと不憫でなりません。可愛さは十分にあるんです!あとは彼のことを忘れて新しい恋を始めればすぐに幸せになれるのでしょうけど……。


急にくる可愛さに断れず眞妃ちゃんの協力者となってしまった白銀と石上。白銀は眞妃ちゃんに少しかぐやっぽさを感じたようですね。確かにかぐやも急にしおらしくなったりしますからね。


眞妃ちゃんは今後も2人を頼って生徒会に遊びに来そうですね。このまま純レギュラーになって今度は脇役じゃなく主役で表紙を飾って欲しいですね。いや、ほんとお願いします!




10AF8123-8DBB-4524-A36E-EFF5D72716B5

白銀会長が友達とカラオケに行くことに余裕そうなかぐやでしたが、早坂に「あれ多分合コンですよ」と言われ焦るかぐや。自分は家の都合で行けないため、監視として早坂を行かせましたね。


性欲にまみれた男の群れに放り込むのは薄情だと言っておきながら早坂には行かせるというかぐやの鬼畜っぷり。いくら使用人とはいえよく早坂はかぐやのわがままを毎回聞いてくれますね。まあ、今回はそんなかぐやに対する不満が積もり積もった結果となりましたが……。


早坂の作戦はむかしこっぴどくフった女(ハーサカ)を演じることで白銀の罪悪感を煽り、合コンを早々に帰らせるというものでした。

作戦は概ね上手くいき、白銀とはハーサカとして演じ切りましたがこれで終わりではありませんでしたね。今回の早坂は少し自分から攻めていきます。なんと白銀とカラオケの個室で2人きり!?

かぐや様6巻でかぐやが早坂と喧嘩した時に、じゃあ会長を落とせるものなら落としてみなさいよと言っていましたね。その時は失敗に終わりましたが今回はそのリベンジをやってみせましょうということでした。


早坂としても何か思う所があったのでしょう。素がいいと言う白銀に少しムキになっていましたからね。「人は演じないと愛してもらえない」と。


素でいい、というのは今まで演じ続けてきた早坂愛を否定するようなものですからね……。


6A90D2EA-D5E9-4CF6-A1C9-156A9C2EF5AD

しかしこの時の早坂は本当に素だったのでしょうか? 白銀を落とすためにこれも「素」を演じていたにすぎないのではないでしょうか。この辺りはもっと早坂の本音が見れれば分かるのかなと思います。



結局今回は白銀のなまこの内蔵みたいな歌声のおかげで早坂の「本当の私」というのは見れませんでしたね。でも、最後のかぐやとの会話で早坂も普通の女の子なんだなと思いました。本当は彼女ももっと自由に学園生活をエンジョイしたいんですよ!


白銀と連絡先を交換したのも後の伏線になってくるのかもしれませんね。かぐや以外にも素の自分を見せれる日も近い?





76190369-52E6-463A-91A4-2803FBECC1F5


ええっと……すみません!


私始めに10巻の見どころは早坂と眞妃ちゃんだと言いました……が今回この子の可愛さに身悶えてしまいました。伊井野ミコが可愛過ぎる!!


10円玉ゲームで皆から必要とされていることが分かって嬉しがる伊井野。イケメンの癒しボイスを聴いて癒される伊井野。かぐやと柏木さんが怖くてカタカタ震える伊井野。そして意外と大食いな伊井野。10巻の随所に伊井野ミコの可愛さが詰まってましたね。伊井野可愛いよ伊井野!


褒められるとその気になっちゃうチョロ可愛さという伊井野の新たな一面が見れてとても満足でした!




かぐや様は告らせたい 9巻 漫画感想


「かぐや様は告らせたい」9巻の感想です





今回も内容盛り沢山でしたね。かぐや様のルーティン獲得回、白銀の妹圭ちゃんの反抗期、ミコの親友で風紀委員の大仏(おさらぎ)こばちの話、ソーラン節、そして石上メインの体育祭編。遂に石上の過去に何があったのか明らかになりましたね。









ここから先はネタバレ含みます。


5A5C78A2-0A63-435D-B0CE-DA78DC3F9359




生徒会相関図に伊井野ミコが加わっていましたね。ミコの矢印が藤原書記以外は悪い人かどうかなのがとても彼女らしいです。今は勘違いでかぐやたちの評価は悪いですが後々物語が進むことで「悪い人」から「良い人」へ見方が変わっていくことでしょう。(石上は変わらなそうですが)





前回の体育倉庫の件から会長を意識しすぎてまともに会話も出来なくなってしまったかぐや様。これはいかんということで早坂が対策を練ってくれましたね。ルーティーン!!


スポーツ選手がメンタルコントロールに実際に行っている方法のようですね。メジャーのイチローさんが試合前には必ず奥さんの作ったカレーを食べるというルーティーンは私も聞いたことがあります。


かぐや様のルーティーンは「右手で左の頬を触る」でした。最近はデレデレのかぐや様ばかりでしたので白銀と出会う前のようなキリッとした表情を見るのは久しぶりな気がします。そして改めて恋するかぐや様で良かったなと思いました。今のかぐや様の方が断然可愛い。


この回だけではなく、シコシコゲーム(読んでいない人には誤解を招きそう)の時にもルーティンを使っていたのは笑いました。今後も動揺する度に左頬を触ってそうですね。



3AD8BD0B-4B81-4EC4-8664-DFFE1849990C





この場違い感(笑)


応援団に入ればリア充になれると思った石上は気の迷いで応援団に立候補してしまってましたね。実際は応援団に入るとリア充になれるのではなく、リア充しか応援団に入らないのだという真理を知ってしまったわけですね。


何だかこの石上を見ていると中学の頃リア充になりたくて文化祭でやる演劇メンバーに立候補してしまった自分を思い出します。(毎年各学年のリア充達が集まるウェーイな演劇なのに、なぜか私が立候補した年は陰キャしか集まらず主役がいないということで結局中止になった残念な思い出)



オケマル、マジ卍と言った若者言葉は割と今の方がついていけますね。SNS等で特に興味なくても色々情報が入ってきますから昔よりは陰キャにも優しいのではないでしょうか。


ラインはやってないけどスカイプはできるというのは何とも陰キャらしさが出てる気がしますね……。




そして応援団に入った石上に最初の関門が……応援団定番の女装です!


女子が学ランで男子は女装。つまり石上は女子から制服を借りなくてはなりません。嫌われているクラスの女子には頼めず、生徒会の女性陣に頼んだ場合も想像してみてやはり無理だと辞退を考えます。


そこへ恐れていたかぐやに遭遇してしまいましたね。逃げるも捕まってしまい石上は事情を話します。

すると意外にもかぐやは快く貸してくれます。


かぐやは目的のためなら手段を選びませんが基本優しいですよね。制服を着せた石上にメイクまでさせちゃって……っていうかそれ、かぐや様がお使いになってる口紅じゃないんですか⁉ 間接キス?


白銀以外にはあまり意識しないのでしょうか。でも少なくとも石上に対して生理的嫌悪感はないってことですよね。周りから嫌われている石上にとってこれはとても嬉しいことじゃないでしょうか。おい、気付いているか石上っ!




ACC57C36-5930-401D-BDEC-94C08F8117F3

罵倒する圭ちゃん最高かよ!!


おっと失礼。つい本音が出てしまいました。白銀妹、白銀圭の反抗期回ですね。


大人になるのに誰しもが通る反抗期。白銀家では親代わりにグチグチ言う兄にブチ切れてしまう圭ちゃんが正に反抗期の真っ只中でしたね。


普段なら一度切れたら3日は口を利かないという圭ちゃんですが、今回は兄が落込み、誰かに恋していることが分かって詳細を聞き出したいようすでした。


しかし圭ちゃんは現在反抗期中、興味のある態度を取るのは恥ずかしいため、できるだけ恥ずかしくない方法で兄の恋バナを聞き出そうします。


それがこの罵倒風圭ちゃん。一部の人が大変喜びそうな属性ですね。あっ、私は違いますよ。


しっかし白銀父もキャラが濃いですね。駄目親父というポジションですがあのかぐや様をからかったりとなかなか侮れません。


父のふざけたアドバイスはあてにならず妹にも罵倒され怒った白銀は部屋を出ていきますが、最後に圭ちゃんは真面目なアドバイスしてあげましたね。「良い感じだった女の子に避けられるのは好き避けの可能性もあるから」と兄をさり気なく元気づけてあげようとする圭ちゃんが可愛かったですね。結局相手は誰なのか聞きそびれましたが。



藤原書記と白銀の特訓シリーズは今回もありましたね。ソーラン節!
踊りに苦手意識はないという白銀に逆に不安になった藤原書記が躍らせてみると、案の定酷いものでしたね。よく今まで人に指摘されなかったなと。


いつもは2人で特訓していましたが、今回は藤原書記と入れ替わりでかぐや様も白銀に踊りを教えます(ここでもルーティーンを使っています)。すると藤原書記が戻って来て修羅場に。

常に笑っている藤原書記の目が全く笑ってなくて怖い(笑) 


なんだかんだ言っても白銀に教えてあげたいのが藤原書記でした。






今回石上が過去のトラウマを克服するにあたって9巻はシリアス分多めかなと思っていたのですがこうして追っていくとギャグと上手く合わせていてあまり重苦しい感じはしなかったですね。それでも過去パートは胸クソ悪いものでしたが。



過去パートは所々ぼかした表現になっていましたがそれでも大友京子の元彼氏、荻野のクズっぷりはわかりますね。彼女を騙し他の女に浮気し、それが石上にバレたら自分の彼女を交渉材料に差し出す。表では良い人を演じているのがまた腹が立ちますね。荻野が何を言ったのか分かりませんが人として許せないことを平気で言ったんでしょう。



大友京子と騒ぎを聞きつけた生徒たちは石上がカッとなって殴った場面しか見てないでしょうから殴り返さなかった荻野を信用し、暴力で彼女を横取りしようとしたストーカー男として石上が嫌われるようになってしまったというわけでした。



真実を話せば大友京子が暴力を受けるかもしれない、そう思った石上は教師にも事実を話すことも出来ず反省文も出せずにずっと苦しんでいました。でも、そんな石上を救ってくれたのが白銀会長だったわけですね。そして体育祭に来た大友京子と偶然会ったことで再びトラウマを思い出した石上を今回も会長が救ってくれました。



周りに嫌われようとも、わかってくれる人がいる。それが会長1人だけだとしても、石上は前を向くことができる。自分はこれで良いんだとおかしくないんだと証明するために石上は走ります。



結果石上は負けます。結局自分は駄目だったのかとへこみます。しかし石上の周りには一緒に体育祭を盛り上げてきた応援団が集まって励ましてくれます。



そこで初めて団長、副団長たちの顔が描かれます。石上がしっかりと周りと向き合えた瞬間ですね。子安先輩可愛い!


大友京子も別に石上に復讐的なことをしにきたわけではなかったようですね。荻野と復縁を考えいるのかと思えばこの後合コンがあるとか言い出しますし、天真爛漫と言いましょうか自由奔放と言いましょうか……。


でも幸せそうにしていましたね。事の真相を知らないからできる笑顔、ということでしょうか。これぞ石上が守りたかったものですからね。かぐやもちょっかい出さずに大人しくしていました。



石上の評価はまだ1年女子には悪いままかもしれませんが、それでも応援団に入ったのは無駄じゃなかったですよね。応援団の繋がりも出来たし同じクラスの小野寺さんの見る目も変わったんじゃないでしょうか。石上も前を向けるようになったことですし次回タイトルからは子安先輩に告られたいに変えましょう!(何言ってんだ)



と、感動的な運動会編でしたが最後にシコシコゲームという良い意味で今まで感動を台無しにする感じ嫌いじゃないです(笑)

次巻でも笑いあり感動あり胸キュンありの話を楽しみにして待ちます。






1CE555A2-6044-438B-B415-BD4F6AA9D47E


エグい事を平気でする人たちは一体何をしたのだろう




はねバド! 12巻 漫画感想


D2B81A27-F0B4-42A1-9753-120CD1D8FCB4


一つの時代の終わりと恐ろしく長い一日






「はねバド!」12巻の感想です。


 11巻から始まった準々決勝も残すところあと一試合。おそらくこの試合が前回にあった「恐ろしく長い一日」となるのでしょう。荒垣なぎさVSコニー・クリステンセンです。




二人の対決はめちゃくちゃ楽しみにしてました。どちらが勝つか分からない試合はわくわくしますね!


コニーの方は羽咲綾乃がまだ萌えキャラ路線だった「はねバド!」初期からの綾乃の因縁(?)の相手です。もう初期の設定が生きているのか分かりませんが、コニーが勝てば決勝で綾乃とどちらが有千夏の娘か白黒はっきりさせるのでしょうかね。


一方なぎさはコニーのような天才とはいかないものの、県大会決勝で羽咲に勝ったり、この大会では「三強」に匹敵するのではないかと言われ始めています。そしてこれが高校最後の大会ということで心構えも違うでしょう。

何より、なぎさは羽咲よりもスポ根漫画の主人公してますからね。コニーとなぎさのどちらが勝っても展開的にはありだと思います。



ただ、やはりなぎさは膝の問題がありますよね。例えコニーに勝ったとしても次には「三強」の津幡路(つばたみち)が控えてますから何事もなく勝ち進めるかどうか……。


去年怪我をしていた志波姫がインターハイベスト8でしたからなぎさもこの辺が落としどころのような気もしますがあの羽咲との決勝の熱い展開をもう一度見たいとどうしても思ってしまいます。






ここから先はネタバレ含みます。




コニーもなぎさの膝を気にしていましたね。心配、というよりはただ純粋に楽しいバドミントンがしたいがためでした。


なぎさは弱点を突かれ第一ゲームはコニーに取られます。




一方でなぎさたちよりゲームが進んでいた「三強」の志波姫、津幡は順当に準決勝へ駒を進め、羽咲対益子も1ゲーム目は益子が、2ゲーム目は羽咲が取り、激闘のファイナルゲームになっていました。


益子と同じ3年生の豊橋アンリや志波姫、津幡も試合を見ていましたね。

この世代を今まで1人で背負ってきた益子が1年生に負けるかもしれない、そんな驚きと、寂しさや後悔と言ったそれぞれの益子に対する思いを乗せながらこの勝負の行く末を見届けいるようでした。



「泪の時代が終わる」



益子とダブルスを組んでいる旭海莉も何とも悲しげな表情で試合を見届けます。


前回記者のインタビューの件もあり、益子とはあまり仲が良くないという印象の旭でしたが、ペアで一緒にいる時間が長い分、益子泪が誰にも見せない弱さも知っているのでしょうね。天才を背負って立つ益子の敗北を望んでいたのに、それを目の当たりすると見たいと思わなくなるという複雑な心境でした。




激しい点の取り合いの中、益子は泣いていました。今まで背負っていた肩の荷が降りていく感じなのでしょうか。勝つことだけに固執していたのも、そうすることで誰かに泪が一番だよと言ってもらいたい、愛されたいという気持ちがあったからのようでした。



そして益子は敗北します。時代を背負っていた益子泪は終わり、これからは普通の女の子として家族や友人と接していけるのでしょうか。


お兄ちゃんも試合を見に来ていましたね。会ったのは久しぶりなのでしょうか。その後のロビーで旭との会話が良いですね。兄のことを彼氏かとからかわれ顔真っ赤にする益子。結局一人称が「俺」になったりしていたのは単なるカッコつけだったようですね。二重人格かと思ってました。


昔の頃のような表情が出るようになって良かったですね。旭も言っていましたが可愛い泪ちゃんが見れて最高だよ!





そして再びコニーVSなぎさに戻ります。


第1ゲームで弱点を突かれたなぎさでしたが、第2ゲームでは意外にも善戦しているようでした。弱点を突かれたものの、攻めに急がずラリーに持ち込むことで勝負ができていました。そのため、他の試合よりも長くなっていたのですね。どちらもスタミナがすごい。


こうなってくると膝の描写がある度にいつ爆発してしまうのか心配になってしまいますが、なぎさは試合に集中し、勝負を楽しむことでケガの恐怖心を置きざりにしているようでした。

置きざりという言い方が怖いですね。後で恐怖心が遅れてやってくるのでは……


コニーもなぎさの強さを実感します。

一度羽咲に負けてどん底を味わい、それでもバドミントンが好きという気持ちで這い上がり、困難に打ち克つ自信を手に入れたのでしょうね。“好き”を超える自信の根拠はない、と。






勝負を終えた綾乃は母有千夏の膝の上で眠ります。ヴィゴが有千夏にホテルまで運ぶように言います。


美也子先生の登場シーンは少ないですが良いところ持ってきますよね。

自分は親失格だと思い、まともに子供達に向き合おうとしない有千夏に、「正しい親が必要なんじゃなくてその子にとって“必要な親”が必要なんだと思います」と親のあり方を気付かせます。ああ、目上の人にもちゃんと𠮟れる素晴らしい教育者太郎丸美也子先生になんで素敵な男性が現れないんでしょう。






なぎさはコニーの多彩な返しに翻弄され苦手なネット前に引っ張り出されてました。立花コーチはクリアして逃げろと指示をしますが、なぎさはそれ聞き入れず流れを変えるためにリスクを冒して敢えてネット前で勝負します。そして見事活路を見出します。



ここからしばらくはなぎさのターンです。打球を判断して見おくり連続2得点し、返球もテンポ良く続けていると思えばタイミングを外してくるなど力任せではなく工夫をすることを覚えた荒垣なぎさ。その堂々とした立ち振る舞いは相手を威圧しミスを誘発させます。さらにコニーの技術の高さを考え、打ち合いで不利になる前に攻撃を仕掛け5点差まで離します。



想定していなかったなぎさの成長に周囲が驚く様子は見てて気持ちが良いですね。しかし相手は世界レベルの選手。なぎさのペースだった流れに合わせ、即時対応され差を詰められていきます。


でもなぎさも負けていません。「お前みたいな世界レベルのヤツと戦えるのは最高に楽しいんだよ!!!」と必殺技のジャンピングスマッシュをお見舞いします。



惜しくもフォルトで失敗はしましたが、その驚異的な高さに観衆が沸き上がります。おそらく名前も知らなかった人達が荒垣なぎさと呼ぶ声がします。

観客がなぎさの凄さに気付いて涙する理子ちゃん先輩。ずっと近くにいてなぎさの頑張りを知っていたから、ようやく正当な評価をされて嬉しかったのでしょうね。点数が追いつかれた状況で喜んでいる場合ではありませんでしたが……。




第2ゲームは会場の空気を変えたなぎさがそのままの勢いで勝ち取り最終ゲームへと進みます。



世界レベルのコニー相手にも通用するなぎさの必殺技ジャンピングスマッシュ。そう言えば初期から必殺技と言っていました。確か全日本ジュニアで中学生の綾乃に得意のスマッシュが決まらず初めの頃はスランプに陥っていましたよね。立花コーチがその後スランプの原因を見つけ、自信を持っていいんだと励ますことで迷いが晴れスランプを克服したのでした。



F2C1C305-F807-4DE4-A17A-BAEE6BA0B7E3

そう、このジャンピングスマッシュは立花コーチとの思い出もある特別なものでしたね。前はなぎさが自信を持つように立花コーチが言った言葉でした。「お前が練習しまくって覚えた必殺技だろ!」と。

今度は自らが自信を持って言える必殺技となったわけですね。感慨深い!





そして今までなぎさは立花コーチに素直になれない部分がありましたがここに来て素直な気持ちを伝えます。


「好きだよ」

と、小さく。



ヒューヒュー熱いねー!

好きだよ、の次のコマで観客が2人の会話を聞いてからの反応に見えたので思わず笑ってしまいました。立花コーチが聞き返すシーンがないということはしっかり聞き取れたのでしょうか。敢えてコーチの表情が見えない構図になっていましたね。どんな反応だったのかは試合が終わってから分かるのでしょうか。



立花コーチはチャラそうに見えて結構しっかりした大人ですし、聞かなかったことにするかもしれませんね。それでまた改めて告白してきた時には誠意をもって返事をくれることでしょう。私はこの2人お似合いだと思いますよ。







そうして始まったファイナルゲーム。なぎさがまだ優勢かと思いきや、第2ゲームの流れなんてなかったかのように淡々と点を取るコニー。そしてなぎさの必殺技のスマッシュを打ち砕くように自らもスマッシュを披露します。


再び会場はコニーへの声援に包まれます。

なぎさに膝の痛みが出たのかと心配されますが膝はまだまだ絶好調。むしろ痛みがなく好調であるにもかかわらず点を取られていくことがさらになぎさを苦しめます。



圧倒的実力差……。第2ゲームまでは手を抜いていたのかと思うほどコニーの勢いは止まりません。最終ゲームなのにすでに7点を連続で取られてしまいます。

6B1A6FC3-9C5B-4BD8-83A1-907C49AB3DAA


周りがすでに諦めムードの中、なぎさも心が折れかけそうなところで次巻に続きます。




なぎさ、負けてしまうんですかね。ケガが原因ではなく実力で……。結局努力では天才に敵わないのか、また意地を見せて逆転するのか。今夏放送予定のアニメと共に次巻も楽しみでしょうがないです。







DCDADE60-0F3D-47CF-A424-DF80472D140F


重盛ちょこっとだけど再登場してくれてありがとう!





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク