まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

漫画

かぐや様は告らせたい 9巻 漫画感想


「かぐや様は告らせたい」9巻の感想です





今回も内容盛り沢山でしたね。かぐや様のルーティン獲得回、白銀の妹圭ちゃんの反抗期、ミコの親友で風紀委員の大仏(おさらぎ)こばちの話、ソーラン節、そして石上メインの体育祭編。遂に石上の過去に何があったのか明らかになりましたね。









ここから先はネタバレ含みます。


5A5C78A2-0A63-435D-B0CE-DA78DC3F9359




生徒会相関図に伊井野ミコが加わっていましたね。ミコの矢印が藤原書記以外は悪い人かどうかなのがとても彼女らしいです。今は勘違いでかぐやたちの評価は悪いですが後々物語が進むことで「悪い人」から「良い人」へ見方が変わっていくことでしょう。(石上は変わらなそうですが)





前回の体育倉庫の件から会長を意識しすぎてまともに会話も出来なくなってしまったかぐや様。これはいかんということで早坂が対策を練ってくれましたね。ルーティーン!!


スポーツ選手がメンタルコントロールに実際に行っている方法のようですね。メジャーのイチローさんが試合前には必ず奥さんの作ったカレーを食べるというルーティーンは私も聞いたことがあります。


かぐや様のルーティーンは「右手で左の頬を触る」でした。最近はデレデレのかぐや様ばかりでしたので白銀と出会う前のようなキリッとした表情を見るのは久しぶりな気がします。そして改めて恋するかぐや様で良かったなと思いました。今のかぐや様の方が断然可愛い。


この回だけではなく、シコシコゲーム(読んでいない人には誤解を招きそう)の時にもルーティンを使っていたのは笑いました。今後も動揺する度に左頬を触ってそうですね。



3AD8BD0B-4B81-4EC4-8664-DFFE1849990C





この場違い感(笑)


応援団に入ればリア充になれると思った石上は気の迷いで応援団に立候補してしまってましたね。実際は応援団に入るとリア充になれるのではなく、リア充しか応援団に入らないのだという真理を知ってしまったわけですね。


何だかこの石上を見ていると中学の頃リア充になりたくて文化祭でやる演劇メンバーに立候補してしまった自分を思い出します。(毎年各学年のリア充達が集まるウェーイな演劇なのに、なぜか私が立候補した年は陰キャしか集まらず主役がいないということで結局中止になった残念な思い出)



オケマル、マジ卍と言った若者言葉は割と今の方がついていけますね。SNS等で特に興味なくても色々情報が入ってきますから昔よりは陰キャにも優しいのではないでしょうか。


ラインはやってないけどスカイプはできるというのは何とも陰キャらしさが出てる気がしますね……。




そして応援団に入った石上に最初の関門が……応援団定番の女装です!


女子が学ランで男子は女装。つまり石上は女子から制服を借りなくてはなりません。嫌われているクラスの女子には頼めず、生徒会の女性陣に頼んだ場合も想像してみてやはり無理だと辞退を考えます。


そこへ恐れていたかぐやに遭遇してしまいましたね。逃げるも捕まってしまい石上は事情を話します。

すると意外にもかぐやは快く貸してくれます。


かぐやは目的のためなら手段を選びませんが基本優しいですよね。制服を着せた石上にメイクまでさせちゃって……っていうかそれ、かぐや様がお使いになってる口紅じゃないんですか⁉ 間接キス?


白銀以外にはあまり意識しないのでしょうか。でも少なくとも石上に対して生理的嫌悪感はないってことですよね。周りから嫌われている石上にとってこれはとても嬉しいことじゃないでしょうか。おい、気付いているか石上っ!




ACC57C36-5930-401D-BDEC-94C08F8117F3

罵倒する圭ちゃん最高かよ!!


おっと失礼。つい本音が出てしまいました。白銀妹、白銀圭の反抗期回ですね。


大人になるのに誰しもが通る反抗期。白銀家では親代わりにグチグチ言う兄にブチ切れてしまう圭ちゃんが正に反抗期の真っ只中でしたね。


普段なら一度切れたら3日は口を利かないという圭ちゃんですが、今回は兄が落込み、誰かに恋していることが分かって詳細を聞き出したいようすでした。


しかし圭ちゃんは現在反抗期中、興味のある態度を取るのは恥ずかしいため、できるだけ恥ずかしくない方法で兄の恋バナを聞き出そうします。


それがこの罵倒風圭ちゃん。一部の人が大変喜びそうな属性ですね。あっ、私は違いますよ。


しっかし白銀父もキャラが濃いですね。駄目親父というポジションですがあのかぐや様をからかったりとなかなか侮れません。


父のふざけたアドバイスはあてにならず妹にも罵倒され怒った白銀は部屋を出ていきますが、最後に圭ちゃんは真面目なアドバイスしてあげましたね。「良い感じだった女の子に避けられるのは好き避けの可能性もあるから」と兄をさり気なく元気づけてあげようとする圭ちゃんが可愛かったですね。結局相手は誰なのか聞きそびれましたが。



藤原書記と白銀の特訓シリーズは今回もありましたね。ソーラン節!
踊りに苦手意識はないという白銀に逆に不安になった藤原書記が躍らせてみると、案の定酷いものでしたね。よく今まで人に指摘されなかったなと。


いつもは2人で特訓していましたが、今回は藤原書記と入れ替わりでかぐや様も白銀に踊りを教えます(ここでもルーティーンを使っています)。すると藤原書記が戻って来て修羅場に。

常に笑っている藤原書記の目が全く笑ってなくて怖い(笑) 


なんだかんだ言っても白銀に教えてあげたいのが藤原書記でした。






今回石上が過去のトラウマを克服するにあたって9巻はシリアス分多めかなと思っていたのですがこうして追っていくとギャグと上手く合わせていてあまり重苦しい感じはしなかったですね。それでも過去パートは胸クソ悪いものでしたが。



過去パートは所々ぼかした表現になっていましたがそれでも大友京子の元彼氏、荻野のクズっぷりはわかりますね。彼女を騙し他の女に浮気し、それが石上にバレたら自分の彼女を交渉材料に差し出す。表では良い人を演じているのがまた腹が立ちますね。荻野が何を言ったのか分かりませんが人として許せないことを平気で言ったんでしょう。



大友京子と騒ぎを聞きつけた生徒たちは石上がカッとなって殴った場面しか見てないでしょうから殴り返さなかった荻野を信用し、暴力で彼女を横取りしようとしたストーカー男として石上が嫌われるようになってしまったというわけでした。



真実を話せば大友京子が暴力を受けるかもしれない、そう思った石上は教師にも事実を話すことも出来ず反省文も出せずにずっと苦しんでいました。でも、そんな石上を救ってくれたのが白銀会長だったわけですね。そして体育祭に来た大友京子と偶然会ったことで再びトラウマを思い出した石上を今回も会長が救ってくれました。



周りに嫌われようとも、わかってくれる人がいる。それが会長1人だけだとしても、石上は前を向くことができる。自分はこれで良いんだとおかしくないんだと証明するために石上は走ります。



結果石上は負けます。結局自分は駄目だったのかとへこみます。しかし石上の周りには一緒に体育祭を盛り上げてきた応援団が集まって励ましてくれます。



そこで初めて団長、副団長たちの顔が描かれます。石上がしっかりと周りと向き合えた瞬間ですね。子安先輩可愛い!


大友京子も別に石上に復讐的なことをしにきたわけではなかったようですね。荻野と復縁を考えいるのかと思えばこの後合コンがあるとか言い出しますし、天真爛漫と言いましょうか自由奔放と言いましょうか……。


でも幸せそうにしていましたね。事の真相を知らないからできる笑顔、ということでしょうか。これぞ石上が守りたかったものですからね。かぐやもちょっかい出さずに大人しくしていました。



石上の評価はまだ1年女子には悪いままかもしれませんが、それでも応援団に入ったのは無駄じゃなかったですよね。応援団の繋がりも出来たし同じクラスの小野寺さんの見る目も変わったんじゃないでしょうか。石上も前を向けるようになったことですし次回タイトルからは子安先輩に告られたいに変えましょう!(何言ってんだ)



と、感動的な運動会編でしたが最後にシコシコゲームという良い意味で今まで感動を台無しにする感じ嫌いじゃないです(笑)

次巻でも笑いあり感動あり胸キュンありの話を楽しみにして待ちます。






1CE555A2-6044-438B-B415-BD4F6AA9D47E


エグい事を平気でする人たちは一体何をしたのだろう




はねバド! 12巻 漫画感想


D2B81A27-F0B4-42A1-9753-120CD1D8FCB4


一つの時代の終わりと恐ろしく長い一日






「はねバド!」12巻の感想です。


 11巻から始まった準々決勝も残すところあと一試合。おそらくこの試合が前回にあった「恐ろしく長い一日」となるのでしょう。荒垣なぎさVSコニー・クリステンセンです。




二人の対決はめちゃくちゃ楽しみにしてました。どちらが勝つか分からない試合はわくわくしますね!


コニーの方は羽咲綾乃がまだ萌えキャラ路線だった「はねバド!」初期からの綾乃の因縁(?)の相手です。もう初期の設定が生きているのか分かりませんが、コニーが勝てば決勝で綾乃とどちらが有千夏の娘か白黒はっきりさせるのでしょうかね。


一方なぎさはコニーのような天才とはいかないものの、県大会決勝で羽咲に勝ったり、この大会では「三強」に匹敵するのではないかと言われ始めています。そしてこれが高校最後の大会ということで心構えも違うでしょう。

何より、なぎさは羽咲よりもスポ根漫画の主人公してますからね。コニーとなぎさのどちらが勝っても展開的にはありだと思います。



ただ、やはりなぎさは膝の問題がありますよね。例えコニーに勝ったとしても次には「三強」の津幡路(つばたみち)が控えてますから何事もなく勝ち進めるかどうか……。


去年怪我をしていた志波姫がインターハイベスト8でしたからなぎさもこの辺が落としどころのような気もしますがあの羽咲との決勝の熱い展開をもう一度見たいとどうしても思ってしまいます。






ここから先はネタバレ含みます。




コニーもなぎさの膝を気にしていましたね。心配、というよりはただ純粋に楽しいバドミントンがしたいがためでした。


なぎさは弱点を突かれ第一ゲームはコニーに取られます。




一方でなぎさたちよりゲームが進んでいた「三強」の志波姫、津幡は順当に準決勝へ駒を進め、羽咲対益子も1ゲーム目は益子が、2ゲーム目は羽咲が取り、激闘のファイナルゲームになっていました。


益子と同じ3年生の豊橋アンリや志波姫、津幡も試合を見ていましたね。

この世代を今まで1人で背負ってきた益子が1年生に負けるかもしれない、そんな驚きと、寂しさや後悔と言ったそれぞれの益子に対する思いを乗せながらこの勝負の行く末を見届けいるようでした。



「泪の時代が終わる」



益子とダブルスを組んでいる旭海莉も何とも悲しげな表情で試合を見届けます。


前回記者のインタビューの件もあり、益子とはあまり仲が良くないという印象の旭でしたが、ペアで一緒にいる時間が長い分、益子泪が誰にも見せない弱さも知っているのでしょうね。天才を背負って立つ益子の敗北を望んでいたのに、それを目の当たりすると見たいと思わなくなるという複雑な心境でした。




激しい点の取り合いの中、益子は泣いていました。今まで背負っていた肩の荷が降りていく感じなのでしょうか。勝つことだけに固執していたのも、そうすることで誰かに泪が一番だよと言ってもらいたい、愛されたいという気持ちがあったからのようでした。



そして益子は敗北します。時代を背負っていた益子泪は終わり、これからは普通の女の子として家族や友人と接していけるのでしょうか。


お兄ちゃんも試合を見に来ていましたね。会ったのは久しぶりなのでしょうか。その後のロビーで旭との会話が良いですね。兄のことを彼氏かとからかわれ顔真っ赤にする益子。結局一人称が「俺」になったりしていたのは単なるカッコつけだったようですね。二重人格かと思ってました。


昔の頃のような表情が出るようになって良かったですね。旭も言っていましたが可愛い泪ちゃんが見れて最高だよ!





そして再びコニーVSなぎさに戻ります。


第1ゲームで弱点を突かれたなぎさでしたが、第2ゲームでは意外にも善戦しているようでした。弱点を突かれたものの、攻めに急がずラリーに持ち込むことで勝負ができていました。そのため、他の試合よりも長くなっていたのですね。どちらもスタミナがすごい。


こうなってくると膝の描写がある度にいつ爆発してしまうのか心配になってしまいますが、なぎさは試合に集中し、勝負を楽しむことでケガの恐怖心を置きざりにしているようでした。

置きざりという言い方が怖いですね。後で恐怖心が遅れてやってくるのでは……


コニーもなぎさの強さを実感します。

一度羽咲に負けてどん底を味わい、それでもバドミントンが好きという気持ちで這い上がり、困難に打ち克つ自信を手に入れたのでしょうね。“好き”を超える自信の根拠はない、と。






勝負を終えた綾乃は母有千夏の膝の上で眠ります。ヴィゴが有千夏にホテルまで運ぶように言います。


美也子先生の登場シーンは少ないですが良いところ持ってきますよね。

自分は親失格だと思い、まともに子供達に向き合おうとしない有千夏に、「正しい親が必要なんじゃなくてその子にとって“必要な親”が必要なんだと思います」と親のあり方を気付かせます。ああ、目上の人にもちゃんと𠮟れる素晴らしい教育者太郎丸美也子先生になんで素敵な男性が現れないんでしょう。






なぎさはコニーの多彩な返しに翻弄され苦手なネット前に引っ張り出されてました。立花コーチはクリアして逃げろと指示をしますが、なぎさはそれ聞き入れず流れを変えるためにリスクを冒して敢えてネット前で勝負します。そして見事活路を見出します。



ここからしばらくはなぎさのターンです。打球を判断して見おくり連続2得点し、返球もテンポ良く続けていると思えばタイミングを外してくるなど力任せではなく工夫をすることを覚えた荒垣なぎさ。その堂々とした立ち振る舞いは相手を威圧しミスを誘発させます。さらにコニーの技術の高さを考え、打ち合いで不利になる前に攻撃を仕掛け5点差まで離します。



想定していなかったなぎさの成長に周囲が驚く様子は見てて気持ちが良いですね。しかし相手は世界レベルの選手。なぎさのペースだった流れに合わせ、即時対応され差を詰められていきます。


でもなぎさも負けていません。「お前みたいな世界レベルのヤツと戦えるのは最高に楽しいんだよ!!!」と必殺技のジャンピングスマッシュをお見舞いします。



惜しくもフォルトで失敗はしましたが、その驚異的な高さに観衆が沸き上がります。おそらく名前も知らなかった人達が荒垣なぎさと呼ぶ声がします。

観客がなぎさの凄さに気付いて涙する理子ちゃん先輩。ずっと近くにいてなぎさの頑張りを知っていたから、ようやく正当な評価をされて嬉しかったのでしょうね。点数が追いつかれた状況で喜んでいる場合ではありませんでしたが……。




第2ゲームは会場の空気を変えたなぎさがそのままの勢いで勝ち取り最終ゲームへと進みます。



世界レベルのコニー相手にも通用するなぎさの必殺技ジャンピングスマッシュ。そう言えば初期から必殺技と言っていました。確か全日本ジュニアで中学生の綾乃に得意のスマッシュが決まらず初めの頃はスランプに陥っていましたよね。立花コーチがその後スランプの原因を見つけ、自信を持っていいんだと励ますことで迷いが晴れスランプを克服したのでした。



F2C1C305-F807-4DE4-A17A-BAEE6BA0B7E3

そう、このジャンピングスマッシュは立花コーチとの思い出もある特別なものでしたね。前はなぎさが自信を持つように立花コーチが言った言葉でした。「お前が練習しまくって覚えた必殺技だろ!」と。

今度は自らが自信を持って言える必殺技となったわけですね。感慨深い!





そして今までなぎさは立花コーチに素直になれない部分がありましたがここに来て素直な気持ちを伝えます。


「好きだよ」

と、小さく。



ヒューヒュー熱いねー!

好きだよ、の次のコマで観客が2人の会話を聞いてからの反応に見えたので思わず笑ってしまいました。立花コーチが聞き返すシーンがないということはしっかり聞き取れたのでしょうか。敢えてコーチの表情が見えない構図になっていましたね。どんな反応だったのかは試合が終わってから分かるのでしょうか。



立花コーチはチャラそうに見えて結構しっかりした大人ですし、聞かなかったことにするかもしれませんね。それでまた改めて告白してきた時には誠意をもって返事をくれることでしょう。私はこの2人お似合いだと思いますよ。







そうして始まったファイナルゲーム。なぎさがまだ優勢かと思いきや、第2ゲームの流れなんてなかったかのように淡々と点を取るコニー。そしてなぎさの必殺技のスマッシュを打ち砕くように自らもスマッシュを披露します。


再び会場はコニーへの声援に包まれます。

なぎさに膝の痛みが出たのかと心配されますが膝はまだまだ絶好調。むしろ痛みがなく好調であるにもかかわらず点を取られていくことがさらになぎさを苦しめます。



圧倒的実力差……。第2ゲームまでは手を抜いていたのかと思うほどコニーの勢いは止まりません。最終ゲームなのにすでに7点を連続で取られてしまいます。

6B1A6FC3-9C5B-4BD8-83A1-907C49AB3DAA


周りがすでに諦めムードの中、なぎさも心が折れかけそうなところで次巻に続きます。




なぎさ、負けてしまうんですかね。ケガが原因ではなく実力で……。結局努力では天才に敵わないのか、また意地を見せて逆転するのか。今夏放送予定のアニメと共に次巻も楽しみでしょうがないです。







DCDADE60-0F3D-47CF-A424-DF80472D140F


重盛ちょこっとだけど再登場してくれてありがとう!





政宗くんのリベンジ 9巻 漫画感想


8EA0B59D-F957-4717-A743-8FF043D61FF8

気付いてしまった想い




「政宗くんのリベンジ」9巻の感想です。

 

このブログでは初めて感想を書くのでまずは簡単なあらすじから


主人公は、ルックス良し、頭良し、運動神経良しの完璧人間、真壁政宗です。しかし、生まれたころからそうではありませんでした。事の発端は8年前に遡ります。


8年前、政宗は太っていました。そのことが原因でいじめられてもいましたが、ヒロイン安達垣愛姫と知り合い、仲良くなっていくうちにお互い心の支えができ、いじめっ子たちに反撃できるくらいになりました。


しかし突然安達垣愛姫は政宗を見放します。彼に「豚足」というあだ名つけて。


好きだった愛姫に見捨てられた政宗は、その後8年の時を経て生まれ変わります。おじいちゃんの下で厳しい修行や食事制限を受け、朝晩筋トレを欠かさず、遂に自他共に認める完璧なイケメンになりました。すべては信じていた愛姫に裏切られ、侮辱された復讐のために。


復讐は安達垣愛姫を恋に落とし、本気になったところで盛大に捨ててやることで達成します。これが「政宗くんのリベンジ」です。




しかし瘦せてイケメンになった政宗でもそう簡単に計画は上手くいきません。「残虐姫」とも呼ばれる安達垣愛姫は大の男嫌い。愛姫は学園一の美少女で告白する男たちは後を絶ちませんが、相手がイケメンであっても他の生徒が見ている中で酷いあだ名を付けて振るなど容赦ありません。



そんな愛姫に対して政宗は半ばストーカーとも言える情報収集とイケメンだから許されるくさいセリフを言ったり大胆に近づいてアピールしていきます。


今まで数々のイベント(ハプニング)をこなしてきました。そしてだんだん愛姫は政宗を意識するようになり、8年前の真相も分かり物語もクライマックスに近づいてきました。


と、本題に入らず長くなってしまったのであらすじはここまでにします。気になる方は購入してみてください。ヒロインはもちろん、モブの女の子も可愛いです。とにかく女の子が可愛い









ここから先は9巻のネタバレが入ります。







8巻で兼次が「マサムネ」として偽っていたことがバレ、晴れて政宗は愛姫と付き合うことになりましたね。8年前、政宗を「豚足」と呼んだのは愛姫ではなく愛姫に変装した小岩井吉乃だったことが分かり、これでもう愛姫に復讐する必要もなくなってしまいましたね。あれ、昔好きだった女の子と付き合えるようになってこれはハッピーエンド?終わり?






勢いで俺と付き合えと言ってしまった手前、今さら後には引けない政宗。今まで復讐のためだけに行動していたため、彼氏となった今どう愛姫と付き合っていいのか悩みます。そこで愛姫からメールが。


『お昼。パン買ってきて。』


早速パシリ(笑)

安達垣さんでも愛姫でもなくまだ残虐姫になっているところもじわじわきますね。愛姫の方は照れ隠し、いわゆるツンデレなのかな。


不満に思いながらもパンを買いに行く政宗。購買のおばちゃんに……おばちゃん!?

おばちゃんかと思ったらパンを売っていたのは雅宗兼次でした。結構似合ってましたね。



兼次はもう男のふりはしてないみたいですね。可愛らしい髪留めをしていました。

嘘がばれてしまってからは諦めるのが早かったように思います。屋敷を売り払ったりして苦労はあったものの妹も無事でそれなりに幸せにやっているようです。安達垣からの資金援助に失敗した今、責任をとって嫁にしてと政宗をからかっていました。

兼次は立場上あまり好まれるキャラではなかったと思いますが、こうして退場してしまうとそれはそれで寂しいですね。




愛姫は倉庫でストーブを出していました。冬でも昼食は倉庫なんですね。昔のマサムネだと分かって少し素直になったのか、愛姫は買ってきてくれたご褒美に高カロリーのコロッケパンを渡します。

そう言えば体育倉庫にいるのに、閉じ込められるベタな展開ないなあと思っているとちょっとしたハプニングがありました。ちょっと無理やり感はありましたけど。いやいやその触れ方はおかしいだろと。あのままキスでもするつもりだったのかな。


ちょうど吉乃が灯油をもらって帰ってきたので、政宗は逃げるようにしてその場を去ります。少し落ち着いたところで腕にじんましんが出ていることに気付きます。




クリスマスイブが愛姫の誕生日だということで、二度目となるデートがありましたね。一度目のデートは1巻の話なので結構前のことのように感じます。もちろんもうハダピュアのコスプレはしていません。


D792368E-DC55-4F88-96FE-B77B4C4D7E05


いやー、感慨深いですね。初めての映画館デートでは隣に座るのも拒否されたのに、自ら隣に座って「さすがに付き合ってまで隣に来るなとは言わないわよ」とデレてくれるとは……。もう残虐姫なんて言えない!

結局今回も泣いてしまいましたが怖くてではなく感動して泣いたようですね。



愛姫のデレと言えば外せないのが2巻6話の「…無視しないでよ」のところでしょう。あれで私は全巻買いを決めました。今まで愛姫がドン引きするほどつきまとっていた政宗が師匠の助言で愛姫を無視し続け、お怒りかと思いきや見捨てないでと言わんばかりの顔で迫るシーン。あれでキュンと来ない男子はいないのではないでしょうか。個人的に愛姫様一番のデレだと思います。




話が逸れたので戻しまして……クリスマスデートでしたね。映画も見終わりカフェで食事する予定がまさかの予約していたお店が火事、他のお店もクリスマスで空きがなし。最終手段で政宗は愛姫を家に招待します。


しかし家に帰ると誰もいません。なんと母と妹は温泉に、父は明日まで出張とのこと。来ました夜にお家で二人っきりのやつ!



F34FEA05-CA05-413B-A7A5-41E060CA93E1

動揺する二人が初々しいですね。こんなん経験してみたかったわ……。


愛姫はすぐに立て直し、主導権を握ります。後で魔がさして、なんてことがないように先手を打っておくのも上手かったですね。

パンケーキを作る二人。お互い初めて作るのに失敗する相手を見て爆笑。反応が同じで良いカップルだこと。



初めて焼いたにしては綺麗に出来てましたね。パンケーキの枚数が違ったのはすぐに気づきました。愛姫ならこれでも足りなそうですがケーキの粉が足りなかったのかな。

政宗が意地悪そうにあーんとパンケーキを差し出します。負けず嫌いな愛姫は政宗の手を取りぱくっと食べます。すると政宗にピリッとした刺激が……。


ちょっと物足りない味と言う愛姫はこれでもかと政宗のパンケーキにシロップをかけまくります。これはちょっとと言う政宗に「真壁向けだと思うんだけど」と悪気なく言う愛姫の言葉に政宗は引っかかります。『俺の何を知ってるんだ?』と。


政宗は愛姫を自分の部屋に連れていきましたね。今の自分を知ってもらおうと。しかし愛姫が気付き嬉しそうにしたのは昔の政宗の写真……愛姫へのリベンジのために持っていた愛姫と一緒に写っている太っていた頃の政宗の写真でした。


政宗が見せたかったのは昔の自分ではなく今の自分ですよね。自分がどれだけ変わったか。リベンジのため、誤解ではあったけれど、それだけのために今まで努力してきたわけですから、それを否定されるのは辛いですよね。


もちろん愛姫としてはそんなつもりはなく、昔の思い出の方がまだ強いから喜ぶのであって、そこはこれから付き合っていく中で今の方がより強く忘れられない思い出を作っていけばいいんじゃないかなと。



でも、今までの愛姫を思い返すと、昔の政宗のことばかりで今の政宗には興味がないのではと思ってしまうのも無理はありません。政宗はついかっとなって愛姫を押し倒してしまいます。


政宗はすぐに謝り、トイレに駆け込みます。置き去りにされた愛姫は下に降り、政宗からメッセージがあることに気付きます。誕生日プレゼントがコートのポケットにあるとのこと。愛姫がコートから取り出すと、コートから手帳のようなもの落っこちます。



E964046B-02D8-4EAD-97E8-73810A2154FD

リベンジ帳!?

バカああああ、何でまだ持ってたんだよおおおおおおお!!




リベンジはもう必要なくなったのになぜまだ持っていたんでしょうね。勿体無いから普通にメモ帳代わりに使っていたのでしょうか。単に捨てるのを忘れていただけでしょうか。いずれにせよ政宗やってしまいましたね。


このことは吉乃にも話さず、取り敢えずのところは愛姫の心の内にとどめておくだけとなりました。これ、前までの愛姫だったら怒りを露わにしてすぐに問い質したような気がしますが、それをしないってことは、愛姫の中でそれだけ政宗の存在がかけがえのないものになっているのでしょうね。真実を知るのは怖い。事実を聞いたら今の関係が壊れるかもしれない。何かの間違いだと信じたい。そんな気持ちが愛姫にあったのではないでしょうか。





政宗は病院に行っていたようですね。急に出たじんましんの原因を診てもらったのでしょう。結果は異常なしでした。


健康問題と言ったら藤ノ宮寧子ということで、寧子の家にお邪魔する政宗。

寧子はズバリ今の政宗は燃え尽き症候群ではないかと言います。過去の復讐が突如失われたショックで、それは愛姫と付き合っても埋められない。本当に好きなわけでもないから、と。


寧子は結構怖いですよね。はんなり京美人かと油断していると本質を見抜いて抉ってきます。好きなわけでもないと言われ反論しようとする政宗に


「あの頃は確かに好きだった、ですか?」


と政宗が過去に縛られていることに気づかせます。そして自分は過去の記憶ではなく今ここにいる政宗を好きであることを告げます。今度は迷いのない本心で。


二人が近づき過ぎたところでお付きの椎堂さんが割って入ります。しかし寧子は心配しなくても大丈夫だと言います。見ると政宗の手はまたもじんましんになっていました。


愛姫に対してだけでなく、寧子にも触れないようでしたね。嘘をつけない身体の拒絶反応。寧子は微笑んでいましたが自分も政宗の特別にはなれなかったことに実際に振られたかのような悲しい気持ちになったのではないでしょうか。



愛姫にも寧子にも触れない。となるとまさか……。



11DEB977-AD74-441F-8751-C53EAE0151ED


そのまさか、でしたね。小岩井吉乃、師匠にだけは触っても抱きしめても、じんましんの症状は出ませんでした。女性が駄目という訳ではなかったのですね。師匠じゃなければ駄目だったのでした。


「師匠と計画練ってるときが一番楽しかったかもしれない」


思わず本音が出てしまいます。付き合うなんてしなきゃよかったなと。

すると吉乃は政宗に重い頭突きを食らわせます。そして政宗が気付いた時にはいなくなってしまいました。足をくじいて歩けない状態で。

すぐに吉乃を探しに行こうとする政宗ですが、頬に何か書かれていることに気が付きます。


『聞かなかったことにする』


政宗は自分は馬鹿だと悔やみます。もう取り消せないことなのに……。




何とか屋敷に戻れた吉乃は湿布を探していました。そこへ愛姫がやって来ます。吉乃が捻挫していることを知ると心配して手当をしてくれます。

愛姫が手当してくれるのを申し訳なく思う吉乃。自分を裏切り者の魔女と言っていました。

そして今日政宗と会ったことを思い出し、だめと思いながらもついに自分の抑えていた恋心に気づいてしまいます……。





9巻も内容が濃かったですね。もうずっとうわああああああと心の中で叫んでいました。

一度は断ち切ったはずの思い。好きになってしまうから距離を置いていたのに、偶然政宗と会って師匠といたときが一番だったなんて言われたら、そりゃ抑えていた気持ちも溢れてくるに決まってますよね。



愛姫も政宗のリベンジ帳を見てしまい(どこまで読んだのかは分かりませんが)、おそらくこれまでの猛烈なアタックはすべて演技だったと知ってしまったのでしょうね。
愛姫は政宗に好かれていると思っていたから今まで上からの態度で接することができていましたが、自分のことを好きではないと分かった今の愛姫は、同じように政宗に接することができるのでしょうか。嫌われたくないと怯える愛姫が目に浮かんで辛い……。


政宗は吉乃を選ぶのか、このまま愛姫と付き合っていくのか、嘘がなくなった真実の答えは次巻に続きます。









DB916514-00F6-42DB-8648-2A3708B2BCF7

ほんとこの足でどうやって帰れたんだろう。



賭ケグルイ 9巻 漫画感想


E6F47B8C-F43F-44A4-B6E2-2DA895B7D3DC


この謎のパリピ感好き!




「賭ケグルイ」9巻の感想です。 



9巻は伊月が活躍する回でしたね。夢子に敗北し、すっかり落ちぶれてしまった豆生田先輩。憧れた先輩が再び立ち直れるように伊月は大きな勝負に出ます。




ここから先はネタバレ含みます。


「第一次生徒会長選挙中間発表ッ はっじまっるよ~‼」



生徒会長選挙の中間発表が出ましたね。当然一万票を獲得した芽亜里たちがトップかと思いきや、特に番狂わせということもなく桃喰綺羅莉がトップでしたね。ニムゼロ式三回戦でとんでもない賭けをした割には負けた陽喰三理は最初から一票も持ってなかったようで票は動かず、票を買いとって稼いだ皇伊月やファンから票を集めた夢見弖ユメミなんかを見ると、前回のギャンブルは何のために命を懸けていたのかと思ってしまいます。そもそも毒を盛った時点で三欲を反則負けにするべきでしたし、票を持っていない三理を参加させるのがありというのも納得がいきませんね。当の本人たちはもう終わったことなのであまり気にしてないのでしょうか。




伊月は豆生田先輩のお見舞いに来ていましたね。自分の票の報告と豆生田先輩が今後どう動くのかを聞いていました。不器用ながらも先輩のために林檎を剝いちゃうところなんか初登場時には想像もしてませんでしたね。



伊月はきっと豆生田先輩が今も王の座を狙っていれば全力で協力するつもりだったのでしょう。自分は50票あってまだ余裕があるからとか、先輩はまだ病み上がりだから手伝ってあげましょうとかもっともらしい事を言って。

しかし豆生田先輩はすっかり腑抜けてしまってました。伊月の煽りにも乗って来ません。もう自分には王道を往く資格がないと伊月を突き放します。

憧れて好きになった人がこうも落ちぶれてしまうのを見るのは辛いですね。医務室を出た後の伊月の表情が何とも悲しそうでした。




そんな伊月に夢子が声をかけます。そうです。夢子と言ったらギャンブルです。裏ボス、とでも言いましょうか、中間発表では綺羅莉の次に票を持つ等々喰定楽乃に自ら提案して叶ったギャンブルでした。



今回のギャンブルは「公共財ゲーム」というものでしたね。全員が協力し合えば誰も損をすることはないいたって平和なギャンブルです。しかし誰かが欲を出し裏切ると途端に醜い争い始まります。


6E759ED7-E35A-4602-9721-64AA6A4014D3


一族からは骨喰ミラスラーヴァ尾喰茨が参加しました。茨は尾喰凛の取り巻きだと思っていましたが選挙戦にも参加していたんですね。ミラスラーヴァは強キャラ感があったのでもう少し後に登場するものと思っていました。



そしてまさかの豆生田先輩も参加します。ですが自ら進んで参加したのではなく、単に数合わせだと言っていましたね。自分のことを落伍者という豆生田に伊月は不機嫌になります。




ともあれギャンブルは始まり第一ターン。全員の協力が必要なのに最初から裏切り者が出てしまいます。このギャンブルで「私財」が40枚未満であれば定楽乃に100票払わなければならないのでこのまま協力がなければ全員が敗退となってしまいます。


まだ裏切り者を特定できないためお互いがお互いを牽制しあい、夢子が提案した予め納める額を決めて大きな裏切りを防ぐという方法を取ることで収束します。




続いて第二ターン。またしても裏切り者が出てしまいます。枚数から少なくとも2人が裏切ったということになりました。案の定茨がキレ出します。

会議踊る、されど進まずで裏切者は協力していることは分かりましたが、そこから先は可能性の話しかできません。そこで豆生田が客観的な意見を言います。裏切者は蛇喰夢子で単独犯だと。



豆生田の考えは、事前に密約を交わす時間がない以上このギャンブルを企画した定楽乃と夢子が共謀しているということでした。その意見を聞いて伊月は失望します。夢子の本性を見抜いて戦っていた豆生田が夢子がするはずもない、確実に票を獲得できるギャンブルをしていると予想するほど耄碌してしまったことに。




第三ターンも全員の協力を得られず悲壮感が漂います。1人を除いて


負けちゃうってヤバぁい…♡」

こんな状況でも滾ってしまう夢子。そしてなんと豆生田を誘い一緒に破滅しましょうと言い出します。


豆生田は夢子の誘いに乗り急に笑い出します。2人は手を取り合い、今後一切「納税」はしないという道連れを宣言します。お前らいつからそんな仲良くなったんだよ(笑)


一同驚きますがすぐに思惑に気付きます。茨も0枚宣言をしてより確実なものとなりました。裏切者を脅迫して強制納税をさせます。

やる気を出してくれた豆生田先輩に伊月は嬉しそうにしていましたね。豆生田先輩の逆転の一手に伊月が一肌脱ぎます。



そして第四ターンが終了します。結果は……25枚!


初めて全員が納税することが出来ました。ひとまずは安心と言ったところで豆生田はすべて分かったと言い出します。裏切者を追放しようと。その裏切者とは……


「骨喰ミラスラーヴァ並びに皇伊月お前だ」


まさかの1番騒いでいた伊月が犯人でしたね。別室でミラスラーヴァにメモを残し指示を出していたということでした。根拠となるのは投票の順番。夢子の本質を知っていれば、2人が共謀すれば勝てるということを分かっていてもするはずがない。そうなると消去法で伊月になるということでした。


伊月は嬉しそうに豆生田の解説を聞いていましたね。ああ、憧れの先輩が戻ってきてくれた!と言った感じです。


D1051520-C2E1-438B-82B1-098DEC7BA12C


伊月の策略にまんまと嵌り、追放となってしまったミラスラーヴァは伊月の首を掴み壁ドンします。殴りかかるのかと思いきや見事だと褒めていましたね。ミラスラーヴァの稼業は「掃除」でした。


骨喰ミラスラーヴァは暴力装置という恐ろしい一面を持っていますが、伊月が豆生田のことを好きであるという秘密を守ったり、少々不器用ですが良い人っぽいですね。茨も見た目に反してとても素直でした。


ミラスラーヴァが追放された後の残りターンは何事もなく進み、伊月がトップで夢子と茨が2位となりギャンブルは終了しました。伊月は100票を手にします。



しかしこれで終わりではありませんでしたね。今回のギャンブルにはもう一つのギャンブルが行われていました。賭けをしたのは伊月と定楽乃です。賭けの対象となったのは数合わせで呼ばれいたはずの男、豆生田楓の勝敗でした。

豆生田楓が「公共財ゲーム」で40票を獲得したら定楽乃の勝ち、獲得できなかった場合は伊月の勝ちでそれぞれ300票を賭けていました。結果は豆生田が40票を獲得できたので伊月の負けでした。こちらのギャンブルでは300票の支払いになるので「公共財ゲーム」に勝っていたのに200票のマイナスになってしまいました。これで伊月は選挙戦に脱落したことになります。




なぜこのような賭けをしたのか、それは他ならぬ豆生田先輩を救うためです。

何かを得るということは何かを失うということ。伊月は大量の票を失ってでも豆生田先輩を救いたいと思ったのですね。「貴方を救うことは貴方を信じた私を救うだから!」と。


ラストがかっこよかったですね。伊月は選挙戦にリタイアしたけれども、まだ負けてはいない。伊月のギャンブルの結果は豆生田次第だと。いや、これ「賭ケグルイ」でもトップ3に入る名シーンになったのではないでしょうか。


伊月が選挙戦リタイアを宣言したことで9巻は終わりますが、今後はどうなっていくのでしょうね。豆生田先輩が復活したとはいえおそらくまだ1票しか持っていないはずなのでこれから王者を目指すにはかなり大変そうです。票がなくても大きなギャンブルに参加できるならまだそうでもない?





そう言えば、ミラスラーヴァの稼業はわかりましたが、茨の稼業はまだ判明してないですね。凛も同じなので伏線として残しておいたのでしょうね。一つ気になる箇所がありました。



「どうやら俺はこのギャンブルがやりたいらしい」



伊月がギャンブルに合意する前、ここの茨はまるで自分とは別の誰かに相談していたような、そんな雰囲気がありました。定楽乃が警戒するような稼業だということはミラスラーヴァとの会話でも分かりますね。何か超人的な能力が使えるのでしょうか。茨の首を縫っているように見えるチョーカー(?)が気になります。ゾンビ的な……。


6066C6AB-6D6E-47DE-9E60-714F71FE38FA



そして前回で芽亜里に協力を求めた副会長。本当に一日中くっついているようですね(笑)
こちらの動向も目が話せませんね。




かぐや様は告らせたい 8巻 漫画感想


9663BAF3-7A30-41C2-B1CA-31B8928CB63F

ついにキス!?


「かぐや様は告らせたい」8巻の感想です。 



まず表紙の藤原書記がかぐや様に首をつかまれているのが気になりますね。本編で分かるのかなと思い読んでみても、一度読んだ限りではそれらしい所は見つかりませんでした。なんだろう。


人物紹介に伊井野ミコが加わってましたね。裏ヒロイン、と書いてあります。石上が裏主人公なのでやっぱり二人がくっつく可能性もあるのでしょうか。今のところ伊井野の石上に対する評価は最悪ですが……。





ここから先はネタバレ感想含みます。







94E350BC-FE95-4CEE-9250-E58D15856FF0

8巻はほとんどの話のオチに伊井野ミコを使ってましたね。生徒会にやって来たところ、白銀とかぐやの不埒な現場を目撃してしまう伊井野ミコ。勘違いオチですが、あのまま行っていれば勘違いではなくなっていたのでは、と思う場面もありましたね。体育倉庫に閉じ込められた話とか伊井野が来なかったそのまま2人はキスしていたのでは?



伊井野ミコは風紀委員と兼任しているため生徒会へやって来るのが遅くなってしまいます。その遅れてやって来たちょうどその時に、偶然不埒なことをしていると勘違いしてしまうような光景を見てしまい生徒会の信用を失っていくというのが今回の流れでした。毎回ミコはその光景を見てガクガク震えていますが、ただ恐れるだけではなく、しっかり正義感を見せるところはこの子の魅力ですね。



ミコにとってかぐやと白銀はよくわからない存在、石上は考えるのも人生の損、という散々な生徒会でしたが、藤原千花だけには甘かったですね。

前回でピアノの腕を褒めたり藤原書記のことを尊敬してはいましたが、今回は石上との対比がすごかったですね。同じことを言ってるのに、対応があまりにも違います。もう藤原書記の言うことなら何でも聞いてしまうのではと思うくらいミコは藤原書記に盲信していましたね。




個人的に今回好きだったのはベルマーク集めの回でした。ベルマーク、そう言えばそんなのあったなあと懐かしさがありましたね。


私もざっとベルマーク探しましたが見つかったのは小学生が使うような動物の写真が表紙になっている学習ノートくらいでした。たしかに小学生の時はよく見た記憶がありますね。学校で集めて貯まったベルマークで車椅子買って寄付したり(あれ、それはアルミ缶だったかな)、あとはおばあちゃんがたくさん集めてました。


とまあ、ベルマークは庶民感がありますから四宮のご令嬢であるかぐやには縁遠いものがありますね。藤原書記や石上が次々とベルマークを見つける中、かぐやだけが一つも見つけることができません。このままでは会長に評価を落とされしまう……。


そんなかぐやのために早坂が母との思い出のノートにハサミを入れて10点分のベルマークを用意してくれます。同い年だったと思いますが、早坂はかぐやのことを妹のように思ってたんですね。


次の日かぐやは早坂がくれた10点分のベルマークを持ってきますが、藤原書記はそれをはるかに上回る100点のベルマークを持って来てましたね。さらに石上は105点分のベルマークを持ってきていました。


ベルマークも募金と同じく量が多ければ偉いというものではないのに、自分が一番会長の役に立っていると思いたいかぐやは無駄に藤原書記と石上を蹴落とします。

これで自分が一番と思ったかぐやでしたが会長のもやし一年分のベルマークの足元にも及ばないという結果に……。やはり醜い争いは何も生みません。最後半泣きで申し訳なく9点のベルマークを持ってくる伊井野ミコが何とも言えない可愛さでした。




8巻は伊井野ミコがある意味生徒会に振り回された回でしたね。勘違いがほとんどですが伊井野ミコの指摘はあながち間違ってはいないような気もしました。実際付き合ってはいないけど傍から見ればかぐやと白銀は相当いちゃついて見えますよね。


2F2B3CAD-7AAF-4AB5-83B2-121B876D8EB5

80話では生徒会に加入して数日、憧れていた生徒会のイメージをぶち壊されてきた伊井野ミコが生徒会を辞めたいと言い出します。

この回では特にシリアスな展開にはならず、オチも安定の伊井野ミコの勘違いで終わったわけですが、私が気になったのはこの80話のタイトル、「そして、石上優は目を閉じた②」です。


読んで思った人も多いはずですが、この80話に石上は出て来ません。ではなぜこのようなタイトルにったのでしょう。


②とあるので①に戻ってみましょう。



D602C978-30BD-4CD4-974D-BE9829717E1C

「そして、石上優は目を閉じた①」は6巻の第55話にありました。55話では石上の留年を回避するためにかぐやがみっちり勉強を教えてあげる回でしたね。そこでちらっと石上の中等部の事が語られます。石上は中等部で女子絡みの問題を起こして不登校になっていましたね。


「目を閉じた」というのが過去の回想であるとするならば80話も石上の回想があるはずですよね。でも先ほども言いましたように80話に石上は出てきません。ということは……。


80話で伊井野ミコは中等部の時の話をしています。伊井野ミコが周りから疎まれ、一番辛かった時に、『君の努力はいつか報われる』、と一輪の花を添えて励ましの言葉をくれた人がいました。ミコはその言葉ともらった花を支えに今まで頑張ってこれたようですね。その人物の名前は分からず仕舞いです。


これ、手紙くれたの石上なんじゃないでしょうか。石上もあれでメルヘンなところありますし、女心も分かってますし、7巻で伊井野ミコの頑張りをよく知っていましたし、80話で石上と関係ありそうなところがここしかないし、これはもう石上で間違いないでしょう。


D1AC1684-737A-407C-B7DD-2D247034D12C

ここまで言ってると真実を知った時どういう反応をするのか楽しみでなりませんね。



と、8巻は伊井野ミコのキャラ掘り下げ巻かと思いきや、物語の重要な伏線が張られていたり毎巻油断なりませんね。次巻は体育祭で石上が忘れられない何かがあるようなので、早くも伏線が回収されるか、更なる事件が起こってしまうのか次も待ちきれません。




C87B96D5-7CB4-4720-B95E-2A61DA3CAA43

圭ちゃんあんなに感性豊かとは思わなかったけど、泣き顔も可愛かったですね。


figma 天津風 (商品リンク)