一人の無能力者 VS チート能力者達



「無能なナナ」の漫画感想です。



1話目の掴みが最高で続きが気になって買いました。1話目からネタバレになってしまうのでまず1話を読んでから感想を見た方がいいと思います。ガンガンONLINE等で読むことができます。



ここから先はネタバレ含みます。
 









主人公がナナオではなくナナでしたね。あらすじも知らなかったのでびっくりでした。ナナオの能力は某ライトノベルの主人公が持つ「右手で異能を打ち消す力」と似ていたので完全にミスリードを狙って書いていると思います。そう言えば漫画だと掲載誌同じでした。





「人類の敵」と戦うために集められた能力者達ですが、実際はそんなものはなく、能力者の子たちが能力を持たない人間から「人類の敵」と呼ばれています。



柊ナナはその「人類の敵」となりうる能力者の少年少女を、能力がまだ育ちきっていないうちに殺してしまおうと考えた国家の最高機密で動いている暗殺者です。


目には目を、で能力者には能力者を充てるのが一番ですが、この世界で能力者は例外はなく「人類の敵」となっているので過去の経験から無能力者のナナが抜擢されたということでした。



1113B149-0DB9-44EF-82EE-A56AD89FF716

確かに見た目では誰も暗殺者とは気づけなそうですね。


能力者を集めた施設なので、ナナも人の心が読める能力と嘘をついてクラスメイトに溶け込みます。無能力者でも洞察力を上手く使って皆を騙していました。



主人公が柊ナナに変わってからは人狼ゲームのようになりましたね。クラスメイトは自分たちが「人類の敵」だとは思ってもいませんからナナの言うことを信用して殺されていきます。厄介な能力者から殺していくのは「人狼」でも基本ですね。


暗殺のターゲットも未来予知だったりネクロマンサーだったり、「人狼」の占い師や霊媒師といった役職の能力に通じるものがあります。「人狼」をやったことある方はナナの窮地に立たされた状況に共感できたりするのではないでしょうか。

かく言う私も何度か人狼をやったことがあるので、次々と現れるチート能力者たちに、これは詰んだなあとナナに同情してました。



人狼は何の能力も持たない村人もいますが、ナナはクラス全員が能力者なのでさらにハードですね。クラスメイト30人以上はいたような気が……。全員暗殺するまでやるのかな。



ナナは人類のため、正義のために殺しています。一方で能力者のクラスメイトたちも基本的には良い子が多く、能力を使って罪を犯したこともおそらくありません。

そんな絶対悪がいない中、ストーリーがどうなっていくのか……ナナの決意が揺らぐ可能性もありますよね。



AA2A4F44-0A40-4121-AE1B-EF1C05BB74C2

また、暗殺を実行するとしても、キョウヤのような絶対に殺すことができない相手はどうするのでしょうね。キョウヤは一番ナナを疑っているようですし、まだ隠していることが多いですからね。先が読めません。



普通に読むのも面白いですし、今後人狼をやる時の参考になる……かも?

オススメです。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字