宝石の国7‐1


みんな先生のことが大好き


アニメ「宝石の国」 7話の感想です。


 
前回、怖さから頼みの脚も動かなくなってしまったフォス 。ボルツたちが急いで駆けつけてくれたことによりアメシストは助かりましたが、また失敗に終わってしまいましたね。7話はその続きと前回で話に出て来た冬眠の時期がやってきました。




ルチルがアメシストを元に戻してましたね。あんなにバラバラだったのに二人のパーツを間違えることなく治すことのできるルチルさん名医過ぎる! レッドベリルは髪型直してましたね。宝石の髪も人間のように自由に形を変えられるようです。宝石だからもっと硬いものだと思ってました。


フォスの所為で危うく月に連れて行かれるところだったアメシストは、フォスに怒るのかと思いきや、怖い思いをさせたねとフォスを気遣っていました。アメシストも良い子たちです。

アメシストはフォスにお手本を見せようとして新しいタイプの月人を相手にしてしまったようですね。それであんなに禍々しかったのか。やはり使われていた宝石はサファイヤでしたね。アレキサンドライトもちょこっとだけ登場しました。結構印象に残るキャラでしたね。アレキちゃん!
 



冬眠

宝石の国7-3


冬は光の質が下がるので、宝石たちの活動が鈍くなるようです。月人も冬の間は晴れる日が少ないためあまり襲って来ないし、襲って来ても読み易いため、金剛先生とアンタークチサイトだけでも対応できるみたいでした。冬は二人のお陰で宝石たちは安心して冬眠ができます。


皆を守りやすいからでしょうか、一箇所に集まって寝るみたいですね。硬度の高いボルツが寝返りで蹴っ飛ばしたりして割れる宝石もいそう……と思ったらボルツ相当寝相悪いみたいですね。寝相の悪い宝石たちの世話もアンタークチサイトの仕事でした。布を掛けると寝る!





冬のお仕事


毎年この時期は金剛先生を独り占め。そう思っていたかは分かりませんが、アンタークチサイトも金剛先生が大好きなようで例年のハグを求めていましたね。金剛先生に頭を撫でて貰って幸せそうにするアンタ―クチサイト。それをじーっと見ていたフォス。眠れないということで今年は二人で行動することになりました。


フォスは前回の失敗で怒られもしなかったのが悔しくて眠れないようでしたね。おそらくそのまま横になっていればいずれ寝ると思いますが、冬の間に今までの失敗を挽回しておきたかったのでしょう。そんなフォスにアンタ―クチサイトは仕事を分けてあげます。


そのお仕事とは流氷を砕いて悲鳴を止めることでした。大きな流氷同士が擦れ合うと悲鳴のような轟音が出るようで、その音が宝石達の眠りを妨げるのでした。


女の人の金切り声と赤ん坊の泣き叫ぶ声を組み合わせたような凄まじい音でしたね。この流氷を砕くお手本をまずアンタ―クチサイトが見せますが、まるでバトル漫画並みの破壊力でした。これにはフォスも「出来るか!」とツッコミを入れます。この重労働の途中で晴れたら月人とも戦わなければいけない訳ですからこれを毎日1人でこなすアンタ―クは凄いですね。




文句を言いつつも頑張ると決めたのでフォスなりに頑張ります。そんな中、ある日フォスに呼び掛ける声が聞こえます。「大丈夫?」と。


フォス、幻聴が聴こえるほど疲れ果てていたとは……そうじゃない。


金剛先生によれば、流氷も宝石と同じ鉱物だから喋るそうです。でも通常は言葉のような音を出しているだけでフォスのように喋っている内容まで分かることは無いようでした。


このことを金剛先生に報告すると、見る者の不安を反射して増幅させる性質を持つ流氷の前では心を穏やかに保ちなさいと言います。(上手くは説明出来ませんがこういうファンタジー風の納得のいく設定好きです)


アンタ―クチサイトは意外とフォスの頑張りを認めているようでフォスは思ったよりついて来ていますと先生に報告していましたね。へへへーと嬉しそうなフォス可愛い。


しかしアンタ―クチサイトは、脚力ほどの腕力があればと願わずにはいられません、と叶わぬことを言ってしまいます。フォスの表情は途端に陰ります。



次の日、フォスは足と同じように手も無くしてしまえば良いのではないかと考えます。一瞬の気の迷いでしたが、心が乱れたためにまた流氷の囁く声に耳を傾けてしまいました。


流氷の「シンシャが……」に反応して誘われていくフォス。寸前で正気に戻りますが手を滑らせ海に落ちてしまいます。アンタ―クチサイトが急いでフォスを引き上げます。しかしフォスの腕は両方ともなくなって……。





この引きから、フォスの腕はもう元には戻らないのでしょうね。アゲートももうないですし、次に腕の代わりになるのは何なのでしょう。またパワーアップするとは思いますが記憶がどのくらい無くなるかが気になるところです。ほとんどの宝石のことを忘れてしまいそう……。


勝手な妄想なのですけど、このままフォスがパワーアップする度に記憶を失っていってフォスがフォスではない何かになった時に、シンシャがフォスと一体化することでシンシャの知るフォス、フォスの知るシンシャというようにお互いを補い合った新しい宝石として生まれ変わるような展開があったりするんじゃないかと思ってます。お互い必要な存在だからどちらがいなくなっても嫌だということで合体する他に道はない、と。はい、単なる妄想なので聞き流してください。





次回予告では金剛先生が以前夢で見たものに近い光景がありましたね。たくさんの月人が金剛先生を崇めていたあの夢です。いよいよ金剛先生の謎も明らかになっていきそうです。





宝石の国7-2


ダイヤモンドのカットが多いことから、いかにダイヤが愛されているのかが分かりますね。私も好きですよ。ヘイ! マイダイヤモンド!






 
スポンサーリンク