アニメ「はねバド!」8話の感想です


「あの監督うるせー」


悠ちゃんでもそう思ってしまうほどうるさい監督とは逗子総合高校の倉石監督です。今はもう珍しいパワハラ気味の監督ですね。

アニメではやはり問題視されるのか原作より控え目に描かれていたような気もします。それでも十分嫌な監督ではありました。


1481EA41-2998-43FA-8C7D-8F396BCEB27A


疲れでか字が震えてますね。細かい。

バドミントンって試合後にサインとかするんですね。知らなかったです。最近なんですかね? ちゃんと本人が出たという証明でしょうか。



石澤となぎさの関係はどうするのかと思っていましたが、理子と同じくなぎさも石澤と同じ中学ということになっていましたね。中学校時代の実力はなぎさの方が上。しかし逗子総合の特待生として呼ばれたのは石澤の方でした。なぎさは結局特待生に選ばれず、こうした複雑な関係になってしまったのでした。


石澤は倉石監督の指示に従います。しかしそれが本当に正しいのか迷っていました。相手の痛いところを徹底的に叩く監督の戦術に疑問を持ってはいるものの、それを口には出せないでいました。




綾乃は準々決勝で相手が棄権して勝ちます。相手の女の子は足をつってもまだ続けるつもりでいましたが綾乃の「続ける意味なくない? もう勝ち目ないじゃん」の一言で止む無く棄権をしたようでした。


エレナは変わってしまった綾乃を「怖い」と言います。綾乃はここに連れて来てくれたのはエレナなのに勝手だと言います。

少し前に仲間の大切さを知ったはずなのに、合宿でコニーに負けたことで変わってしまった綾乃。強くなきゃやる意味ないんだよとコニーと同じことを言うようになりました。



「じゃあ綾乃は何のために強くなるの?」



エレナはそう聞きますが綾乃は答えず行ってしまいます。


ギスギスしてますね。不穏な音楽と相まってより一層にそう感じられます。





石澤となぎさの試合が始まります。なぎさは握手を求めますが石澤はこれには応えません。


因みに原作だと

69257B9C-551C-4560-A4C8-BD384D7375A4


こんな感じで2人は結構仲が良いです。それこそ倉石監督が邪魔をするくらいに。この辺りのアニメ版の改変はあまり好きではないですね。





「GOー!GO!GO!GO!石澤ッ!!」


パターンCはほぼなぎさ対策のようなものでスマッシュを得意とするなぎさにネット前にオーバーにつめるフリをして奥に打たせ、キック!バック!クリア!でスマッシュを打たせなくするというものでした。さらになぎさを左右に揺さぶって走らせ膝を痛めつけます。


エレナに言われたことで不貞腐れた綾乃が戻ってきてなぎさの試合を見るなり「バカだなー。なぎさちゃん……」と声を漏らします。どうしちゃったの綾乃ちゃんと言わんばかりに綾乃を見つめる悠ちゃんたち。そりゃそうですよね。リアルでそんな生意気なこと言ってる1年生がいたら先輩にボコボコにされてもおかしくない態度ですし……。


倉石監督は石澤に荒垣は終わった選手だと言います。理由は荒垣は近い将来故障で選手生命を棒に振るやつだからだそうです。

なぎさはどんな球でも拾いにいきます。それは選球眼の悪さと性格のせいだと倉石監督は判断します。なのでなぎさの性格を利用して走れるだけ走らせ、膝を使えなくしてしまおうという作戦でした。


石澤はそのやり方に納得がいきませんでした。こんなことしなくても私は戦えると。倉石監督の指示を無視して点を決めます。


B5A6C996-6110-407E-BD42-404A0B937FFE

インターバル中、倉石監督はなぜ指示通りに動かなかったのか問いますが石澤は答えません。倉石監督は体育会系特有の返事ははっきりするようにと声を張り上げて「返事ィィ!!」と言って石澤を脅えさせます。


なぎさも相手が膝を狙ってきていることは分かっていました。しかしそれでもなぎさはどんな球でも拾いたいようでした。それくらいしないとあの羽咲には敵わないと思っているからでしょうかね。


仕方ないと思った立花コーチはなぎさに合わせたアドバイスをします。無理に走らず済むように1つか2つ前のラリーで自分なりの修正を加えてみろと言います。


いまいちアドバイスが分からないなぎさ自分なりに考えて色々と試してはみますが相手にすべて読まれピンチに陥ります。結局考えても上手く行かずつい力んでしまうなぎさ。しかしこれが功を奏し石澤のコントロールが乱れます。なぎさはようやく自分のパワーなら相手のプランを崩すことができると気づきます。


なぎさに主導権を握られコントロールも上手く行かなくなった石澤は今まで必死に練習してきた日々を思い出します。それで負けたら何のためにやってきたのか分からなくなってしまいます。

「望、全力で来なよ!」

なぎさは言います。

全国をかけた戦い。石澤も全力じゃなかったはずがありません。それでもなぎさがそう言ったのは、石澤にある迷いを感じ取ったからでしょう。石澤はその言葉に救われ、全力でなぎさを迎え撃ちます。


自分がやりたいバドミントン。そうは言うもののいざやろうとすると形がなく、今まで監督のせいにしてきた石澤。今なら怖い倉石監督にも言えます。「これから見つけて来ます」と。



34AFA008-2966-45B1-9A25-51251417EFF8

迷いがなくなった石澤はセカンドゲームでは生き生きとしていました。それを見た監督はノート見るのを止め石澤の成長に微笑みます。倉石監督は勝ち負けにこだわるあまり熱くなっちゃうだけで悪い人ではなかったんや……。


結果はなぎさが勝ちましたが、楽しかったと石澤は言います。



「はねバド!」で人気のある倉石監督の回だっただけに多くを期待し過ぎため私としては今回はちょっと微妙でした。最初立花コーチを甘く見ていたからこそ最後の「完敗です……」というところが生きてくると思っていましたし、倉石監督がなぎさに試合後頭を下げたり、ノートには心について書いておくべきだったと反省したりと細かいところですが良いシーンがカットされていて残念でした。



それは置いといて次はいよいよ決勝です。なぎさには未だなめ腐った綾乃に鉄槌を下して欲しいですね。




スポンサーリンク