アニメ「はねバド!」6話の感想です




5803F7ED-84E7-4885-8F61-6524DDA55D8E


新ユニフォーム選びにはしゃぐ太郎丸先生が可愛い!  


インターハイ予選が始まりましたね。泉理子の1回戦の相手はなんと石澤望! トーナメントの組み合わせも原作とは違い1回戦から強敵とあたってしまいました。


綾乃が合宿後から明らかに変わってますね。先輩である理子に意地悪なこと言っていました。悠ちゃんは先輩なら絶対勝てると励ましているのに、綾乃は去年3回戦で負けたという理子に「ふーん、それじゃ厳しいかなー」と言って出ていくという………いや、待っていた性格の悪い綾乃ちゃんの登場ではありますが、実際に見ると相当キツイですね。リアルでこんなことしたら真っ先に先輩にいじめられますよ。


橋詰さんの名前が出てきました。登場する機会があるのでしょうか。もし出るならどうか重盛も出して下さい、お願いします!



理子と石澤は中学で一緒にバドミントンをやっていたことになっていましたね。石澤は何かとなぎさを気に掛ける描写が原作にはあるのですが、理子と旧友だったという設定になると旧友である理子を差し置いてなぎさのところに行くんかいってことになってしまう気が……。


BEB9897E-BF44-4FCE-BA1B-E9C255582307

葉山君が先輩してて笑ってしまう。

葉山君性格変わってません? こんなこと言う子じゃなかったと思います。アニメ版では悠ちゃんと先輩後輩の関係(しかも悠ちゃんが葉山を好きな可能性大)でしたね。先輩がこの大会を最後に引退してしまうからか2人に微妙な距離感があります。




そして今回の目玉、北小町高校の泉理子対逗子総合高校の石澤望の試合が始まります。

強敵を前に緊張する理子。手が震えサーブミスをしてしまいます。その後もミスが続き早くもインターバルに入ります。



09AA7CF3-90E5-479F-AFAA-7341D6E7E05C

ほんま健太郎ええコーチやで!


自分のバドミントンができなくなっている理子に立花コーチからアドバイス。ちょっと意地悪な、指が何本上がっているかクイズで理子の頭は切り替わります。先ほどの試合展開を思い出し、分析し、仮説を立てます。そしてインターバルが終わりすぐにそれを実践してみます。



理子の予想通り、石澤は苦手なバックハンドを避け、わざとフォアサイドを空けて理子にフォアを打たせていました。理子は逆にバックハンドを狙い、やっと石澤攻略の一手をつかみます。


しかし石澤はベスト4に残る強敵。簡単に点を取れる相手ではありません。キレッキレのカットスマッシュを武器にどんどん点差を離していきます。


理子は次第に心が折れ、諦めムードに入ります。そんな中……


CE763C7A-DF60-4F02-A377-6C96C8CAB269

「っしゃあああああああ! もっと声だせえええええええ!」


なぎさも試合中にもかかわらず、理子に届くように喝を入れます。理子はあの時の練習を思い出し「もういっちょ来おおおおおおおい!」と応えます。理子もようやく吹っ切れたようでした。


才能があるとは言えないけど、ずっと必死に練習してきたバドミントン。点差があったって諦めるわけにはいきません。もっとバドミントンがしたいから!


理子はあえて大きくクリアすることで石澤の緩急を織り交ぜたショットに対応しました。しかしそれでは防戦一方で自身の体力を大きく消耗してしまいます。



石澤はコーチに体力を温存するように言われていたため、少し焦っていたようでした。流れは理子に来ていました。


お互い激しく息を切らした勝負の結末は、番狂わせとは行かず、石澤望が
勝ち、理子の高校最後の夏個人戦は終わってしまいました。


E7BCFFC4-6A42-4F73-84F3-4C670E6A774B

「やっぱ、バドミントンって楽しいです」




立花コーチにそう言う理子。全力で勝負したなら負けても楽しかったと言えますよね。でも本当は……





12810EDD-272E-4338-AC95-3AAAAB22DDD7

「なぎさ……あたし勝ちたかった!」



なぎさにだけ見せる本音。後輩もいたのでさっきは我慢してたんですね。こういう時なぎさは何も言わず寄り添ってあげられるのが少し意外でしたね。もっと声をかけて励ますタイプだと思いました。理子の気持ちをちゃんと分かってあげられるってところが伝わって良い場面でした。



最後は綾乃のママ登場と薫子ちゃんが綾乃を挑発して終わるという次回も楽しみになる引きでしたね。


次はいよいよ薫子ちゃんと勝負でしょうか? 性格が悪くなりある意味吹っ切れた綾乃を薫子ちゃんは追い込むことができるのでしょうかね。ああなった綾乃はほぼ無敵ですから。

スポンサーリンク