まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

賭ケグルイ 9巻 漫画感想


E6F47B8C-F43F-44A4-B6E2-2DA895B7D3DC


この謎のパリピ感好き!




「賭ケグルイ」9巻の感想です。 



9巻は伊月が活躍する回でしたね。夢子に敗北し、すっかり落ちぶれてしまった豆生田先輩。憧れた先輩が再び立ち直れるように伊月は大きな勝負に出ます。




ここから先はネタバレ含みます。


「第一次生徒会長選挙中間発表ッ はっじまっるよ~‼」



生徒会長選挙の中間発表が出ましたね。当然一万票を獲得した芽亜里たちがトップかと思いきや、特に番狂わせということもなく桃喰綺羅莉がトップでしたね。ニムゼロ式三回戦でとんでもない賭けをした割には負けた陽喰三理は最初から一票も持ってなかったようで票は動かず、票を買いとって稼いだ皇伊月やファンから票を集めた夢見弖ユメミなんかを見ると、前回のギャンブルは何のために命を懸けていたのかと思ってしまいます。そもそも毒を盛った時点で三欲を反則負けにするべきでしたし、票を持っていない三理を参加させるのがありというのも納得がいきませんね。当の本人たちはもう終わったことなのであまり気にしてないのでしょうか。




伊月は豆生田先輩のお見舞いに来ていましたね。自分の票の報告と豆生田先輩が今後どう動くのかを聞いていました。不器用ながらも先輩のために林檎を剝いちゃうところなんか初登場時には想像もしてませんでしたね。



伊月はきっと豆生田先輩が今も王の座を狙っていれば全力で協力するつもりだったのでしょう。自分は50票あってまだ余裕があるからとか、先輩はまだ病み上がりだから手伝ってあげましょうとかもっともらしい事を言って。

しかし豆生田先輩はすっかり腑抜けてしまってました。伊月の煽りにも乗って来ません。もう自分には王道を往く資格がないと伊月を突き放します。

憧れて好きになった人がこうも落ちぶれてしまうのを見るのは辛いですね。医務室を出た後の伊月の表情が何とも悲しそうでした。




そんな伊月に夢子が声をかけます。そうです。夢子と言ったらギャンブルです。裏ボス、とでも言いましょうか、中間発表では綺羅莉の次に票を持つ等々喰定楽乃に自ら提案して叶ったギャンブルでした。



今回のギャンブルは「公共財ゲーム」というものでしたね。全員が協力し合えば誰も損をすることはないいたって平和なギャンブルです。しかし誰かが欲を出し裏切ると途端に醜い争い始まります。


6E759ED7-E35A-4602-9721-64AA6A4014D3


一族からは骨喰ミラスラーヴァ尾喰茨が参加しました。茨は尾喰凛の取り巻きだと思っていましたが選挙戦にも参加していたんですね。ミラスラーヴァは強キャラ感があったのでもう少し後に登場するものと思っていました。



そしてまさかの豆生田先輩も参加します。ですが自ら進んで参加したのではなく、単に数合わせだと言っていましたね。自分のことを落伍者という豆生田に伊月は不機嫌になります。




ともあれギャンブルは始まり第一ターン。全員の協力が必要なのに最初から裏切り者が出てしまいます。このギャンブルで「私財」が40枚未満であれば定楽乃に100票払わなければならないのでこのまま協力がなければ全員が敗退となってしまいます。


まだ裏切り者を特定できないためお互いがお互いを牽制しあい、夢子が提案した予め納める額を決めて大きな裏切りを防ぐという方法を取ることで収束します。




続いて第二ターン。またしても裏切り者が出てしまいます。枚数から少なくとも2人が裏切ったということになりました。案の定茨がキレ出します。

会議踊る、されど進まずで裏切者は協力していることは分かりましたが、そこから先は可能性の話しかできません。そこで豆生田が客観的な意見を言います。裏切者は蛇喰夢子で単独犯だと。



豆生田の考えは、事前に密約を交わす時間がない以上このギャンブルを企画した定楽乃と夢子が共謀しているということでした。その意見を聞いて伊月は失望します。夢子の本性を見抜いて戦っていた豆生田が夢子がするはずもない、確実に票を獲得できるギャンブルをしていると予想するほど耄碌してしまったことに。




第三ターンも全員の協力を得られず悲壮感が漂います。1人を除いて


負けちゃうってヤバぁい…♡」

こんな状況でも滾ってしまう夢子。そしてなんと豆生田を誘い一緒に破滅しましょうと言い出します。


豆生田は夢子の誘いに乗り急に笑い出します。2人は手を取り合い、今後一切「納税」はしないという道連れを宣言します。お前らいつからそんな仲良くなったんだよ(笑)


一同驚きますがすぐに思惑に気付きます。茨も0枚宣言をしてより確実なものとなりました。裏切者を脅迫して強制納税をさせます。

やる気を出してくれた豆生田先輩に伊月は嬉しそうにしていましたね。豆生田先輩の逆転の一手に伊月が一肌脱ぎます。



そして第四ターンが終了します。結果は……25枚!


初めて全員が納税することが出来ました。ひとまずは安心と言ったところで豆生田はすべて分かったと言い出します。裏切者を追放しようと。その裏切者とは……


「骨喰ミラスラーヴァ並びに皇伊月お前だ」


まさかの1番騒いでいた伊月が犯人でしたね。別室でミラスラーヴァにメモを残し指示を出していたということでした。根拠となるのは投票の順番。夢子の本質を知っていれば、2人が共謀すれば勝てるということを分かっていてもするはずがない。そうなると消去法で伊月になるということでした。


伊月は嬉しそうに豆生田の解説を聞いていましたね。ああ、憧れの先輩が戻ってきてくれた!と言った感じです。


D1051520-C2E1-438B-82B1-098DEC7BA12C


伊月の策略にまんまと嵌り、追放となってしまったミラスラーヴァは伊月の首を掴み壁ドンします。殴りかかるのかと思いきや見事だと褒めていましたね。ミラスラーヴァの稼業は「掃除」でした。


骨喰ミラスラーヴァは暴力装置という恐ろしい一面を持っていますが、伊月が豆生田のことを好きであるという秘密を守ったり、少々不器用ですが良い人っぽいですね。茨も見た目に反してとても素直でした。


ミラスラーヴァが追放された後の残りターンは何事もなく進み、伊月がトップで夢子と茨が2位となりギャンブルは終了しました。伊月は100票を手にします。



しかしこれで終わりではありませんでしたね。今回のギャンブルにはもう一つのギャンブルが行われていました。賭けをしたのは伊月と定楽乃です。賭けの対象となったのは数合わせで呼ばれいたはずの男、豆生田楓の勝敗でした。

豆生田楓が「公共財ゲーム」で40票を獲得したら定楽乃の勝ち、獲得できなかった場合は伊月の勝ちでそれぞれ300票を賭けていました。結果は豆生田が40票を獲得できたので伊月の負けでした。こちらのギャンブルでは300票の支払いになるので「公共財ゲーム」に勝っていたのに200票のマイナスになってしまいました。これで伊月は選挙戦に脱落したことになります。




なぜこのような賭けをしたのか、それは他ならぬ豆生田先輩を救うためです。

何かを得るということは何かを失うということ。伊月は大量の票を失ってでも豆生田先輩を救いたいと思ったのですね。「貴方を救うことは貴方を信じた私を救うだから!」と。


ラストがかっこよかったですね。伊月は選挙戦にリタイアしたけれども、まだ負けてはいない。伊月のギャンブルの結果は豆生田次第だと。いや、これ「賭ケグルイ」でもトップ3に入る名シーンになったのではないでしょうか。


伊月が選挙戦リタイアを宣言したことで9巻は終わりますが、今後はどうなっていくのでしょうね。豆生田先輩が復活したとはいえおそらくまだ1票しか持っていないはずなのでこれから王者を目指すにはかなり大変そうです。票がなくても大きなギャンブルに参加できるならまだそうでもない?





そう言えば、ミラスラーヴァの稼業はわかりましたが、茨の稼業はまだ判明してないですね。凛も同じなので伏線として残しておいたのでしょうね。一つ気になる箇所がありました。



「どうやら俺はこのギャンブルがやりたいらしい」



伊月がギャンブルに合意する前、ここの茨はまるで自分とは別の誰かに相談していたような、そんな雰囲気がありました。定楽乃が警戒するような稼業だということはミラスラーヴァとの会話でも分かりますね。何か超人的な能力が使えるのでしょうか。茨の首を縫っているように見えるチョーカー(?)が気になります。ゾンビ的な……。


6066C6AB-6D6E-47DE-9E60-714F71FE38FA



そして前回で芽亜里に協力を求めた副会長。本当に一日中くっついているようですね(笑)
こちらの動向も目が話せませんね。




かぐや様は告らせたい 8巻 漫画感想


9663BAF3-7A30-41C2-B1CA-31B8928CB63F

ついにキス!?


「かぐや様は告らせたい」8巻の感想です。 



まず表紙の藤原書記がかぐや様に首をつかまれているのが気になりますね。本編で分かるのかなと思い読んでみても、一度読んだ限りではそれらしい所は見つかりませんでした。なんだろう。


人物紹介に伊井野ミコが加わってましたね。裏ヒロイン、と書いてあります。石上が裏主人公なのでやっぱり二人がくっつく可能性もあるのでしょうか。今のところ伊井野の石上に対する評価は最悪ですが……。





ここから先はネタバレ感想含みます。







94E350BC-FE95-4CEE-9250-E58D15856FF0

8巻はほとんどの話のオチに伊井野ミコを使ってましたね。生徒会にやって来たところ、白銀とかぐやの不埒な現場を目撃してしまう伊井野ミコ。勘違いオチですが、あのまま行っていれば勘違いではなくなっていたのでは、と思う場面もありましたね。体育倉庫に閉じ込められた話とか伊井野が来なかったそのまま2人はキスしていたのでは?



伊井野ミコは風紀委員と兼任しているため生徒会へやって来るのが遅くなってしまいます。その遅れてやって来たちょうどその時に、偶然不埒なことをしていると勘違いしてしまうような光景を見てしまい生徒会の信用を失っていくというのが今回の流れでした。毎回ミコはその光景を見てガクガク震えていますが、ただ恐れるだけではなく、しっかり正義感を見せるところはこの子の魅力ですね。



ミコにとってかぐやと白銀はよくわからない存在、石上は考えるのも人生の損、という散々な生徒会でしたが、藤原千花だけには甘かったですね。

前回でピアノの腕を褒めたり藤原書記のことを尊敬してはいましたが、今回は石上との対比がすごかったですね。同じことを言ってるのに、対応があまりにも違います。もう藤原書記の言うことなら何でも聞いてしまうのではと思うくらいミコは藤原書記に盲信していましたね。




個人的に今回好きだったのはベルマーク集めの回でした。ベルマーク、そう言えばそんなのあったなあと懐かしさがありましたね。


私もざっとベルマーク探しましたが見つかったのは小学生が使うような動物の写真が表紙になっている学習ノートくらいでした。たしかに小学生の時はよく見た記憶がありますね。学校で集めて貯まったベルマークで車椅子買って寄付したり(あれ、それはアルミ缶だったかな)、あとはおばあちゃんがたくさん集めてました。


とまあ、ベルマークは庶民感がありますから四宮のご令嬢であるかぐやには縁遠いものがありますね。藤原書記や石上が次々とベルマークを見つける中、かぐやだけが一つも見つけることができません。このままでは会長に評価を落とされしまう……。


そんなかぐやのために早坂が母との思い出のノートにハサミを入れて10点分のベルマークを用意してくれます。同い年だったと思いますが、早坂はかぐやのことを妹のように思ってたんですね。


次の日かぐやは早坂がくれた10点分のベルマークを持ってきますが、藤原書記はそれをはるかに上回る100点のベルマークを持って来てましたね。さらに石上は105点分のベルマークを持ってきていました。


ベルマークも募金と同じく量が多ければ偉いというものではないのに、自分が一番会長の役に立っていると思いたいかぐやは無駄に藤原書記と石上を蹴落とします。

これで自分が一番と思ったかぐやでしたが会長のもやし一年分のベルマークの足元にも及ばないという結果に……。やはり醜い争いは何も生みません。最後半泣きで申し訳なく9点のベルマークを持ってくる伊井野ミコが何とも言えない可愛さでした。




8巻は伊井野ミコがある意味生徒会に振り回された回でしたね。勘違いがほとんどですが伊井野ミコの指摘はあながち間違ってはいないような気もしました。実際付き合ってはいないけど傍から見ればかぐやと白銀は相当いちゃついて見えますよね。


2F2B3CAD-7AAF-4AB5-83B2-121B876D8EB5

80話では生徒会に加入して数日、憧れていた生徒会のイメージをぶち壊されてきた伊井野ミコが生徒会を辞めたいと言い出します。

この回では特にシリアスな展開にはならず、オチも安定の伊井野ミコの勘違いで終わったわけですが、私が気になったのはこの80話のタイトル、「そして、石上優は目を閉じた②」です。


読んで思った人も多いはずですが、この80話に石上は出て来ません。ではなぜこのようなタイトルにったのでしょう。


②とあるので①に戻ってみましょう。



D602C978-30BD-4CD4-974D-BE9829717E1C

「そして、石上優は目を閉じた①」は6巻の第55話にありました。55話では石上の留年を回避するためにかぐやがみっちり勉強を教えてあげる回でしたね。そこでちらっと石上の中等部の事が語られます。石上は中等部で女子絡みの問題を起こして不登校になっていましたね。


「目を閉じた」というのが過去の回想であるとするならば80話も石上の回想があるはずですよね。でも先ほども言いましたように80話に石上は出てきません。ということは……。


80話で伊井野ミコは中等部の時の話をしています。伊井野ミコが周りから疎まれ、一番辛かった時に、『君の努力はいつか報われる』、と一輪の花を添えて励ましの言葉をくれた人がいました。ミコはその言葉ともらった花を支えに今まで頑張ってこれたようですね。その人物の名前は分からず仕舞いです。


これ、手紙くれたの石上なんじゃないでしょうか。石上もあれでメルヘンなところありますし、女心も分かってますし、7巻で伊井野ミコの頑張りをよく知っていましたし、80話で石上と関係ありそうなところがここしかないし、これはもう石上で間違いないでしょう。


D1AC1684-737A-407C-B7DD-2D247034D12C

ここまで言ってると真実を知った時どういう反応をするのか楽しみでなりませんね。



と、8巻は伊井野ミコのキャラ掘り下げ巻かと思いきや、物語の重要な伏線が張られていたり毎巻油断なりませんね。次巻は体育祭で石上が忘れられない何かがあるようなので、早くも伏線が回収されるか、更なる事件が起こってしまうのか次も待ちきれません。




C87B96D5-7CB4-4720-B95E-2A61DA3CAA43

圭ちゃんあんなに感性豊かとは思わなかったけど、泣き顔も可愛かったですね。


無能なナナ 漫画感想



一人の無能力者 VS チート能力者達



「無能なナナ」の漫画感想です。



1話目の掴みが最高で続きが気になって買いました。1話目からネタバレになってしまうのでまず1話を読んでから感想を見た方がいいと思います。ガンガンONLINE等で読むことができます。



ここから先はネタバレ含みます。
 









主人公がナナオではなくナナでしたね。あらすじも知らなかったのでびっくりでした。ナナオの能力は某ライトノベルの主人公が持つ「右手で異能を打ち消す力」と似ていたので完全にミスリードを狙って書いていると思います。そう言えば漫画だと掲載誌同じでした。





「人類の敵」と戦うために集められた能力者達ですが、実際はそんなものはなく、能力者の子たちが能力を持たない人間から「人類の敵」と呼ばれています。



柊ナナはその「人類の敵」となりうる能力者の少年少女を、能力がまだ育ちきっていないうちに殺してしまおうと考えた国家の最高機密で動いている暗殺者です。


目には目を、で能力者には能力者を充てるのが一番ですが、この世界で能力者は例外はなく「人類の敵」となっているので過去の経験から無能力者のナナが抜擢されたということでした。



1113B149-0DB9-44EF-82EE-A56AD89FF716

確かに見た目では誰も暗殺者とは気づけなそうですね。


能力者を集めた施設なので、ナナも人の心が読める能力と嘘をついてクラスメイトに溶け込みます。無能力者でも洞察力を上手く使って皆を騙していました。



主人公が柊ナナに変わってからは人狼ゲームのようになりましたね。クラスメイトは自分たちが「人類の敵」だとは思ってもいませんからナナの言うことを信用して殺されていきます。厄介な能力者から殺していくのは「人狼」でも基本ですね。


暗殺のターゲットも未来予知だったりネクロマンサーだったり、「人狼」の占い師や霊媒師といった役職の能力に通じるものがあります。「人狼」をやったことある方はナナの窮地に立たされた状況に共感できたりするのではないでしょうか。

かく言う私も何度か人狼をやったことがあるので、次々と現れるチート能力者たちに、これは詰んだなあとナナに同情してました。



人狼は何の能力も持たない村人もいますが、ナナはクラス全員が能力者なのでさらにハードですね。クラスメイト30人以上はいたような気が……。全員暗殺するまでやるのかな。



ナナは人類のため、正義のために殺しています。一方で能力者のクラスメイトたちも基本的には良い子が多く、能力を使って罪を犯したこともおそらくありません。

そんな絶対悪がいない中、ストーリーがどうなっていくのか……ナナの決意が揺らぐ可能性もありますよね。



AA2A4F44-0A40-4121-AE1B-EF1C05BB74C2

また、暗殺を実行するとしても、キョウヤのような絶対に殺すことができない相手はどうするのでしょうね。キョウヤは一番ナナを疑っているようですし、まだ隠していることが多いですからね。先が読めません。



普通に読むのも面白いですし、今後人狼をやる時の参考になる……かも?

オススメです。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク