まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

はねバド! 1話 アニメ感想


神作画!神アニメ!


ついに始まりましたね。アニメ「はねバド!」。 もうね、わくわくが止まらんよ!!


pvを観た時から作画がすげー!って思ってたんですが、期待を軽く超えてきましたね。 えっ、何このアングル!?何この演出!?驚きの連続で食い入るように観てしまいました。だって1秒たりともよそ見していいシーンがなかったんだもの!


原作漫画の方は全部持っていて内容ももちろん知っているんですけど、原作に少し話が追加されていたのと、やはり作画が良かったので初めて観る人とほとんど同じ新鮮さで観ることできました。







ここから先はアニメのネタバレと原作の内容も踏まえた感想になります。





BAE5184D-0B63-48FE-8825-EF95FC3B0BC2


アニメでは半年前の全日本ジュニア選手権からスタートしていましたね。

荒垣なぎさが初めて羽咲彩乃と対峙した試合です。結果はこの時まだ中学生であった彩乃の圧勝。

惨敗したなぎさは高校2年生でした。その日からなぎさはスランプに陥り、焦りから部員にも厳しくあたるようになってしまいます。



始まりから原作と違うところが結構多かったですね。全体的に最初の原作の雰囲気よりシリアスに作られていました。




漫画だとなぎさと羽咲の試合に北小町の他の部員は応援に来ていません(遠征費が出なかった為)。なのでなぎさがどうして中学生に惨敗したのか分かっていませんでした。アニメでは副キャプテンの泉理子が応援に来ている描写がありましたね。泉はなぎさのことをよく理解しているキャラですのでこういう改変はありだと思います。



というかアニメ向けに分かりやすくなってるところ多いですよね! 立花コーチにバドミントン部に誘われるキッカケとなった羽咲の運動神経の良さも、木登りではなく似たスポーツであるテニスで発揮した方が伝わりやすいですし、立花コーチがコーチとして呼ばれる前にバトミントン部がギクシャクしている描写もありましたね(原作では立花コーチの練習がきつくて辞めるというちょっとふわっとした描写でした)。原作も途中からシリアス方面にシフトしたのでアニメ版の方が今の原作の雰囲気にマッチしていると思います。



OPテーマ「ふたりの羽根」
もカッコよかったですね。スポーツアニメにあるような疾走感、力強さを感じます。テーマが「ふたりの羽根」ということで努力のなぎさと天才の綾乃の二大主人公で展開されていきそうですね。となると最終話はあの名勝負かな?






510A1752-B8D0-48F3-BAD0-4CEB320CD3C4


「これを捕まえなければ女として生まれてきた甲斐がありません」

三浦のり子ちゃんこんな肉食系女子だったのか、おっとり系かと……。あまり原作で出番のないキャラのキャラ付けもしっかりして良いですね!



のり子ちゃんの言うように今のバドミントン部はなぎさの暴走で雰囲気が最悪でした。すでにへとへとになっている部員を休ませずシャトルを打ち込んでいく主将のなぎさを見て、見学に来ていた1年生も逃げてしまいます。




24F7C9CC-F956-45B0-B98C-BC321D821C03

アニメオリジナルキャラの部員が出ていましたね。なぎさたちと同じ3年生で友香と言われてました。原作では辞めた8人のうち3人の名前は出ているので、原作に則ればインフルエンザで辞めた5人の誰かになりますね(笑)


理子の「なぎさの気持ち……知ってるでしょ?」の発言から少なくとも3年生はなぎさと羽咲の試合を見ていたっぽいですね。なぎさの気持ちは分かるけどものには限度があると。

立花コーチの代わりになぎさが辞めさせた原因となっているので原作よりもなぎさにヘイトを集めるような描写になっていました。





「天才」が1つのテーマになっているので1話ではこのワードがよく使われていましたね。なぎさだけでなく、テニス部の方でも西園寺とかいう、いかにもなイケメンが天才として少々残酷にテニス部部長を打ち負かしていました。ただのモブキャラなのになんか見てて辛かった。

なぎさは私たちは天才じゃないんだから、と言っていましたがなぎさも去年にインターハイ出場しているレベルなので十分天才の部類に入ると思うんですけどね……。






1E7E74E4-5172-425E-9E12-6AE53590660D


立花健太郎登場!

あれ、立花コーチ……ちょっとチャラくない?


私的には立花コーチは「はねバド!」でなぎさ、綾乃に続く第3の主人公だと思っているのですが、1話を観る限りではただのエロおやじにしか見えませんね(笑)。アニメではなぎさと綾乃を主軸においているので、立花コーチの描写は変わってくるのかもしれません。

「はねバド!」はコーチ陣も魅力あるキャラばかりなのでそこもしっかり描いてくれると良いなあと思います。


テニス部の練習を何となく見ていたなぎさ。そこには自分を打ち負かした天才綾乃の姿が!



9C92CC24-4F96-4992-9C13-32C8E7AB8B37

あの時の光景が思い起こされます。ああ……これはトラウマになるわ……。


0F0F9DE8-35D7-43B0-B6BA-4D62DF0924DE


自分の努力のすべてを否定されたかのような圧倒的なバドミントンを見せつけられて、それでも認めたくなくて、もっと練習しなきゃと思って練習したけれど、上手く行かなくて他の部員にも厳しくあたってしまったなぎさ。そのことは自分でもよく分かっていたようです。普段は強気でいるのに親友には弱さを見せるシーンは青春って感じがしましたね。





1話のラストはなぎさが「あたしと勝負しろ」と羽咲に言ったところで終わりました。原作の1話にはまだ届いてないので非常に丁寧に作られていますね。そして取材協力がとても豪華!!


期待していた以上の出来だったアニメ「はねバド!」の1話。心配なのはこのクオリティが最後まで持つかというとこですが、アニオリの部分も良かったですし作画が多少悪くても気にならないかもしれません。安心して次回を待ちましょう!!







才能の差を見せつけられてそれでも自分に努力が足りないからだと思えるってすごいですよね。




かぐや様は告らせたい 10巻 漫画感想


 


 「かぐや様は告らせたい」10巻の感想です




先月、9巻の感想を書いたばかりでもう10巻が発売されててびっくりしました。アニメ化も決まりましたし最近勢いがあってすごいですね。

大きなイベント体育祭も終わり、ストーリー的には一休みかなと思いましたがそんなことはありませんでした。新たな波乱の幕開けの予感がします。






ここから先は10巻のネタバレ感想を含みます



10巻の見どころとなるのは早坂愛(スミシー・A・ハーサカ)と、この子は新キャラと言って良いのか、今までモブキャラ扱いでしたが今回でサブキャラへと昇格した四条眞妃ちゃんですね。やっと眞妃ちゃんが本編に登場したことで何だろう目から水が……。


4B739A2C-C357-4EBC-9DD3-9181F3DEFD14


前にも言ったかと思いますが、「かぐや様は告らせたい」で一番幸せになって欲しいと私が思っているのが四条眞妃ちゃんなんですよ!


密かに思いを寄せていた男子が親友と付き合うことになってショックを受け、素直になれなかった自分を後悔し、毎度おまけページで二人のイチャイチャを見て涙する不憫な子。それでもまだ諦めていない健気な女の子を応援したくなるのは当然でしょう?


眞妃ちゃんはかぐやの再従姪孫(さいじゅうてっそん)にあたるそうで正統な四宮の血筋を引いているのだとか。ドヤ顔で言ってましたがほぼ他人のようです。まあ、はとこですらほとんど会う機会ないですからね。その孫ともなれば……自分に置換えてみたらまだ存在すらしてませんでした。


校舎裏(?)で泣いていた眞妃ちゃんを踏んでしまい生徒会室に連れてきてしまった白銀。眞妃ちゃんは最初お茶を持ってくるように要求したり、四宮の血筋を自慢げに話していたり強気な態度でいると思ったら、柏木彼氏(名前は後に翼くんと判明)のことになると急に弱々しくなってしまうところが可愛いですね。


彼のことを好きじゃないと言うも、石上が「ホントは好きなんでしょ!!」と少し強めに言うと素直に「……うん」と答えてしまうあたり、もし彼の察しが良ければ付き合ってたんじゃないかなと思うとほんと不憫でなりません。可愛さは十分にあるんです!あとは彼のことを忘れて新しい恋を始めればすぐに幸せになれるのでしょうけど……。


急にくる可愛さに断れず眞妃ちゃんの協力者となってしまった白銀と石上。白銀は眞妃ちゃんに少しかぐやっぽさを感じたようですね。確かにかぐやも急にしおらしくなったりしますからね。


眞妃ちゃんは今後も2人を頼って生徒会に遊びに来そうですね。このまま純レギュラーになって今度は脇役じゃなく主役で表紙を飾って欲しいですね。いや、ほんとお願いします!




10AF8123-8DBB-4524-A36E-EFF5D72716B5

白銀会長が友達とカラオケに行くことに余裕そうなかぐやでしたが、早坂に「あれ多分合コンですよ」と言われ焦るかぐや。自分は家の都合で行けないため、監視として早坂を行かせましたね。


性欲にまみれた男の群れに放り込むのは薄情だと言っておきながら早坂には行かせるというかぐやの鬼畜っぷり。いくら使用人とはいえよく早坂はかぐやのわがままを毎回聞いてくれますね。まあ、今回はそんなかぐやに対する不満が積もり積もった結果となりましたが……。


早坂の作戦はむかしこっぴどくフった女(ハーサカ)を演じることで白銀の罪悪感を煽り、合コンを早々に帰らせるというものでした。

作戦は概ね上手くいき、白銀とはハーサカとして演じ切りましたがこれで終わりではありませんでしたね。今回の早坂は少し自分から攻めていきます。なんと白銀とカラオケの個室で2人きり!?

かぐや様6巻でかぐやが早坂と喧嘩した時に、じゃあ会長を落とせるものなら落としてみなさいよと言っていましたね。その時は失敗に終わりましたが今回はそのリベンジをやってみせましょうということでした。


早坂としても何か思う所があったのでしょう。素がいいと言う白銀に少しムキになっていましたからね。「人は演じないと愛してもらえない」と。


素でいい、というのは今まで演じ続けてきた早坂愛を否定するようなものですからね……。


6A90D2EA-D5E9-4CF6-A1C9-156A9C2EF5AD

しかしこの時の早坂は本当に素だったのでしょうか? 白銀を落とすためにこれも「素」を演じていたにすぎないのではないでしょうか。この辺りはもっと早坂の本音が見れれば分かるのかなと思います。



結局今回は白銀のなまこの内蔵みたいな歌声のおかげで早坂の「本当の私」というのは見れませんでしたね。でも、最後のかぐやとの会話で早坂も普通の女の子なんだなと思いました。本当は彼女ももっと自由に学園生活をエンジョイしたいんですよ!


白銀と連絡先を交換したのも後の伏線になってくるのかもしれませんね。かぐや以外にも素の自分を見せれる日も近い?





76190369-52E6-463A-91A4-2803FBECC1F5


ええっと……すみません!


私始めに10巻の見どころは早坂と眞妃ちゃんだと言いました……が今回この子の可愛さに身悶えてしまいました。伊井野ミコが可愛過ぎる!!


10円玉ゲームで皆から必要とされていることが分かって嬉しがる伊井野。イケメンの癒しボイスを聴いて癒される伊井野。かぐやと柏木さんが怖くてカタカタ震える伊井野。そして意外と大食いな伊井野。10巻の随所に伊井野ミコの可愛さが詰まってましたね。伊井野可愛いよ伊井野!


褒められるとその気になっちゃうチョロ可愛さという伊井野の新たな一面が見れてとても満足でした!




スプラトゥーン2 ガチマッチ 攻略



ウデマエが全然上がらない!!



ガチマッチを始めて1ヶ月。ウデマエCとBを行ったり来たり。ウデマエメーターがすぐパキンパキン割れていました。



自分が下手くそなので仕方ないのですがそれでもウデマエをキープしたい!あわよくばウデマエSになりたい! 



そんなとこから自分なりにガチマッチを分析してみました。その結果ガチエリア、ヤグラ、ホコ、アサリのすべてがウデマエAになり、ホコとヤグラはもう少しでSに届くくらいになったのでCやBで苦しんでいる人の少しでも参考になればなあと思って書いてみました。





分析、と言うほど分析してませんが色々試行錯誤してみたので参考にどうぞ



1. 気分転換に武器を変えてみる


私の一番好きな武器はN‐ZAP89なのですが、ウデマエCとBを行ったり来たりしていた時はこればかり使ってました。


N‐ZAP89は使い易く、強い武器だと思います。自分の実力に自信があればこれだけでもウデマエSはいけるでしょう。


しかし実力のない私には無理でした。それで気分転換にチャージャーを使ってみたんですね。クソエイムがチャージャーを使って勝てるわけないだろと思いつつも、どっちにしろもう下がりようがないC−だったので初めてガチマッチで使ってみました。



勝っちゃったよ……。



B−までいきました。確かガチエリアのガンカゼ野外音楽堂だったと思います。


なんで連勝できたのか、その時は分からなかったのですぐにC+に落ちてしまいましたが、おそらく使い慣れてない武器をあえて使うことでいつもより周りをよく見て動いていたからだと思います。


いつも使っている武器だと自分の癖で動かしてしまっていてあまり状況を見ずに、考え無しに行動していることが多いんですよ。それが最適な行動であれば良いのですが、負け続けている時は大体が自分の動き方が悪い時なので、気分を変えて他の武器を使って見ると普段見えていないものが見えてくると思いますよ。



2.ルール、ステージに合った武器を使う


よく攻略サイトとかでオススメ武器ランキングなどはよく見るのですが、ルール毎さらにステージ毎に適した武器まで紹介しているサイトはないような気がします。


なので自分で見つけましょう。この武器でアサリタチウオの勝率高いなーくらいで良いと思います。それをメモして修正したりして自分だけのオススメ武器表を作ってみて下さい。


実は苦手だと思ってた武器が扱いにくいステージでやっていただけだったことが分かります。私の場合マニューバー系が苦手だったのですがホコやアサリでは大活躍でした。




折角なので少し私のオススメ武器を紹介します。




ガチエリア・・・・・・プロモデラーRG


主にタチウオパーキングで使用しています。エリアでのイカスフィアは強力です。


他のステージでもそこそこ使えますが場所によってはプロモデラーMGの方が良かったり、マルチミサイルとロボットボムが使えるN‐ZAP89の方が逆転を狙い易かったするので迷った時に使うようにしています。




ガチヤグラ・・・・・・クラッシュブラスター


これは本当に有能ですね。だってあまりエイムを気にする必要がないですから。適当に打ってれば向こうから当たってくれます。


ガチヤグラでの動きとしては主に相手にヤグラを奪われた際にすぐに対応できるような立ち回りをした方がいいです。確実にここなら阻止できると思った所を位置取っておくと有利に事が運ぶと思います。


私はモズク農園やハコフグ倉庫ではクラッシュブラスターネオを使ってます。ああいった所はカーリングボムが強いですね。


ガチヤグラではクラッシュブラスターの他にも場所によってスロッシャー系も使いますが基本的にはブラスターを使うのが良いと思います。



ガチホコ・・・・・・ヒッセン・ヒュー


主に敵ホコをキルするのに使います。素早く攻撃しながら動けるのでホコに近づき易いです。ホコ以外の時は上から強襲できるステージで使っています。スプラッシュボムはザトウマーケットで使うと面白いくらいキルできます。


ガチアサリ・・・・・・スパッタリー・ヒュー


ゴール周辺に来る敵をポイズンミストで動き止めてからズババッと仕留めます。タチウオパーキングで使ってます。定番のクラッシュブラスターやヒッセン、パブロもよく使います。



ガチアサリは味方との協力が不可欠になってくるので武器よりも次のポイントを意識してます。




3.仲間の動きをよく見て行動する



これもとても重要ですね。敵の動きを見るのはもちろんなのですが味方が今どこにいるのかの把握が大事です。


経験ないでしょうか? 攻めていたはずなのにいつの間にか負けていたという展開。ガチホコで多い気がします。


仲間が同じところに集まっていたことで空いている場所を狙われ、自分たちが押しているもんだからそのまま攻め続け、敵に取り返しのつかないところまで攻められて初めて気付く……時すでにお寿司。こういう負け方をした時が一番悔しいと思います。ちゃんとよく全体を見てれば勝てたんですから。


ガチエリアでも同じで、エリアを奪っているから優勢なのであって、一度奪われてしまえば途端に劣勢になり、その後ろくに奪えずに逆転負けされることが多いと思います。味方が死んでいるのに気付かず無理して攻めるとこうなります。


なので目の前の敵だけじゃなく、今味方は何人生きているのか、どこに向かっているのかをこまめにチェックするのが勝率を上げるコツです。


劣勢の状況でも生き残っていれば必ず反撃のチャンスはやってきます。無駄死にすればさらに劣勢の状態が続きます。味方の数が少ない時は無理せず味方が復活するまで待ちましょう。




4.それでも負ける時は負ける


どんなに自分で策を練ろうが負ける時は負けます。何回もやっていると負けるのがなんとなくわかってきます。開幕10秒ほどで味方がホコの爆発で2人死んだり、残り1分を切ったところで味方が全滅してたり、カモンと言ってるのにアサリくれなかったり、例え今が優勢であっても負けるなと思う時があると思います。


そういう時は次に切り替えましょう。諦めて放置するのではなく、この勝負で得られるものを考えましょう。勝つことを目的とするのではなくエイム強化の練習のためだとか、もっともらしい理由をつけて割り切ります。そうすれば無駄なストレスを感じることなく次に進めます。イライラしてる時ほど勝率は低いはずです。心を静め、負けを引きずらないようにしましょう。







なんだかこうして考えるとゲームもスポーツみたいですね。戦略を考えたり、技能を磨いたり、メンタルトレーニングや体調管理をしたり。日本ではまだゲームがスポーツとして認識されてませんが、世界ではeスポーツとして広がりを見せていますよね。昔はゲームをやるなんて時間の無駄だと思われていましたが、今は極めればプロスポーツ選手として注目されるわけです。何事も無駄なことなんてないってことですよね!



まあ、だからと言ってゲームばかりで勉強をおろそかにしては駄目ですが……




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク