まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

ゲーマーズ アニメ 感想



2017年夏アニメ、「ゲーマーズ」の感想です。







タイトルから想像していた内容とは違いましたが、話の中盤あたりからこのアニメの楽しみ方が分かり、以降は話数が進むごとに面白さが増していきました。







1話見た感じは、よくある学園ラブコメだと思っていました。部活作って適当にゲームやりながら主人公とヒロイン達がいちゃいちゃするような。


でも実際は、某芸人のコントみたいな勘違い、すれ違いラブコメでした。






ゲーマーズとはいうものの、主要人物でガチゲーマーなのはヒロインの天道さんくらいです。



主人公の雨野君もゲームに対する思いは人一倍ありますが、ゲーマーというとFPSや格ゲーみたいなジャンルを極めてるイメージが個人的にあるので、その人達と比べると雨野君はちょっとライトな感じなのでゲーマーというよりはゲーム好き、もしくは普通のオタクくらいの印象です。



そんな感じなので、天道さんが雨野君をゲーム部に誘ってゲーマーの世界に足を踏み入れるのかと思ってました。それで地元のゲーム大会に出て優勝するみたいなサクセスストーリーでもあるのかなと。






……ないです。雨野君は天道さんの誘いを断ります。


やっぱりゲーマーとは住む世界が違いました。FPSで人の迷惑を考えろだとか、センスないとか言われながらやるのは楽しくない。そこまでしてゲームを極めたいとは思わない。ゲームは自分が楽しまなくちゃ。


私も一人でゲームに没頭するのが好きなタイプなので雨野君と気が合いそうな気がしますね。






と、ここで主人公が入部を断ってしまったのでゲームの知識だったりテクニックだったり、熱いゲームバトルが繰り広げられることはなくなりました。そっちを期待するなら天道さんが誘ったもう一人の美少年、謎の記憶喪失持ちの三角君のスピンオフを待ちましょう(?)




ゲームは触れるとしてもメジャーなものが多いです。グラ◯ブルーファ◯タジーとか人◯ゲームとか。中の人ネタとかパロディも結構ありました。





でもメインはラブコメです。


ヒロインの天道さんは二話目にして主人公雨野君に惚れます。理由はよく分かりませんが、ゲーム部のことを大切に思っていたからでしょうか、この辺はやや強引な気もします。


ゲーム部のメンバーは1話で紹介があったのにほとんど出てきません。結構良いキャラなのに。


代わりに主要人物として登場するのが、チャラそうなグループにいた残念なイケメン上原祐とその彼女亜玖璃(あぐり)です。さらにもう一人のヒロインであるぼっちゲーマー星ノ守千秋を加えて先も言ったような某芸人の勘違いコントのようなラブコメが始まります。



最初から男女のカップリングは決まっているのですが、5人が関わり仲良くなるにつれて一抹の不安から浮気してるんじゃないかとか、本当はこっちが好きなんじゃないかと疑惑が生じ、それが決定的なシーン(勘違い)となって現れてしまいます。



本当は彼氏の相談で会っていただけなのに最悪のタイミングで誤解を招くような場面に遭遇してしまったり、お互い別のことを言っている(主語が違う)のに会話が成り立ってしまったり、誤解が誤解を呼び5人が無駄に一喜一憂しているのが面白いです。



勘違い劇がストーリーの一つにあるのではなくこの作品の特徴としてあるので、一つの誤解を解消しても更なる誤解が生まれそれが繰り返されていくので、一度面白さを知ってしまえば最後まで楽しめる内容になってます。






すぐに本人に確認すれば済む話なのに、本当にそうだったらどうしようとなかなか聞けず、ヘタレが生じて男女関係がどんどんややこしくなっていくのが最高です。



関係がややこしくなると言ってもあくまでもコメディなので皆仲が良く、優しいので例えどんなカップリングになっても最後は幸せに終われると思います……たぶん。


ドロドロした血生臭いものには絶対にならないのでそこは安心して見ていられますよ。




 


賭ケグルイ 8巻 感想



賭ケグルイ8巻感想です。
 



一度掲載したのですが誤って消してしまい、また最初から書き直しました。元より随分と短い感想になってしまいましたがご勘弁を。









以下ネタバレを含む感想になります。






今回は夢子はお休みで、久しぶりの芽亜里とまさかの鈴井君の大活躍でしたね。今までは解説のモブ程度にしか見られてなかった鈴井君でしたが、ここにきて主人公感が出てきました。数少ない男性キャラなので今後も是非頑張ってもらいたいところですね。





副会長の招待で百喰一族の三欲、三理とギャンブルをしていた夢子でしたが、陽喰、陰喰の稼業である「製薬」による毒で倒れてしまいます。



助っ人に登場したのが鈴井君の電話で夢子の危機を知り駆けつけた芽亜里でした。芽亜里は危険と知りながらもギャンブルをさせた選挙管理委員のトップ黄泉月るなと、毒を盛った張本人である三欲にぶち切れます。



0368A1E5-3558-498C-8D54-2C4F62D6BFA4



芽亜里怖っ! 



でもそれだけ仲間思いということですよね。それだけ相手が卑劣だったともいえます。


夢子を一刻も早く助けるにはギャンブルに勝ち、三欲たちの持つ「血清」を奪うしかありません。芽亜里と鈴井君は負ければ夢子が助からないだけでなく、自分達まで毒を受けなければいけないという命懸けのギャンブルに参加することになりました。



この芽亜里たちにとって圧倒的不利な状況の中でさらに芽亜里の持つ100票を確実にものにするため、三欲は鈴井君を自分たちの側に引き込もうとします。鈴井君が芽亜里の言うことを無視すれば「血清」を2本差し上げると。


「血清」があれば夢子が助かるだけでなく、もし自分が負けても死なずに済みます。しかし鈴井君は三欲の提案を断ります。そんなの面白くない、それは夢子の意志とは違う、僕らの意志とは違うと。


鈴井君の答えに対し三欲は弱者と見下します。芽亜里が弱者って誰のことかと聞くと、三欲は無論貴方がたのことですよと説明します。


芽亜里は概ね同意しますが、ひとつだけ間違っていると言います。



「ここは百花王学園、この学園において弱者は……あんた達の方だ!」



と。決め台詞も決まり、その後も運に恵まれ見事血清を手に入れます。すぐさま夢子に血清を使おうとする鈴井君でしたが黄泉月るなに止められます。



「『ニム零式』は3回戦まであるんだよ?」



ギャンブルの途中でチップとして使った血清は完全に決着がつくまで使わせないというディーラー命令でした。2回戦で敗北した三理も罰ゲームで毒を受けたので、両者とも早く決着をつけたい3回戦になりました。



2回戦で負けた分を取り戻したい三欲は300票をベットし、芽亜里は


「レイズ――――一万票」


と、あり得ない票を賭けました。当然周りは理解が出来ず、黄泉月るなは笑い出しますがOKとのこと。1万票は全校生徒の数をはるかに上回るため、3回戦で敗北すれば選挙戦も敗退となります。




降りさせるためのハッタリだと思った三欲はコールを選択します。その声を聞いた瞬間芽亜里は笑みを見せました。何かあるのかと考える三欲でしたが時すでに遅し。芽亜里のご丁寧な解説の後、勝利の「ばああ~っか!」が炸裂しました。



9C77487D-5795-4113-9CA6-29C03E0A4127



たまに鈴井君に見せる照れた芽亜里の表情が可愛いです。この次のページでは、憎たらしい悪人顔に戻っているという切り替えの早さも勝負強さの秘訣ですかね。



勝負はつきましたがまだゲームは終わってません。問題は三欲と三理のどちらが敗退するかです。


三欲の考えでは、優秀な三欲の方が選挙戦にリタイアとなるのは問題があるとのこと。そして三理が負けるように血清はいらないのかと脅します。



三理としては、初めから姉の三欲の言うことに従うつもりでしたので、自分の負けとなる3のカードを出して敗北します。






三欲はこれで選挙戦には引き続き参加できますが、毒を二度受けることになる三理の心配をするでもなく、脅しまでかけてきたことで、2人の絆に疑問が残るかたちとなりましたね。最後毒を受けて倒れた三理をおぶって出ていくシーンがあるので、次も敵となる芽亜里に弱さを見せないためだったのかもしれませんが。










色々説明を省いてしまったので、いまいち鈴井君の活躍が書けませんでしたね。(反省)



まあ、元々書いていた記事も、副会長が仮面取ると可愛いとか三理が頭の中で考えてる時は三欲をお姉ちゃん呼びしてて可愛いとかそんな感じでしたけど……。



次巻では一族の誰と戦うのでしょう。予想では見た目から狛喰家の希ちゃんがきそうな気がします。犬と一緒にいたので稼業はブリーダーですかね。いったいどんなギャンブルをするんでしょう。






あと、ラストで芽亜里は夢子に生徒会長になると言ってましたけど、2人が戦う展開もあるんですかね。ラスボスが芽亜里だったら面白そう。





次巻で副会長がどの程度芽亜里につきまとっているのか楽しみです。




アホガール アニメ感想


2017年夏アニメ 「アホガール」の感想です。



こんな幼馴染は嫌だ……。



今期1番のギャグアニメでしたね。私も今まで数多のアホを見てきたつもりですが、このよしこほどやばいアホは見たことがない!  他に見てたアニメを忘れるくらい、一度観た時のインパクトは凄まじいです。


 だってこのアホ、マークシート方式ですら全教科0点取るんですよ。マークシートとか普通4、5択くらいでしょ。数学とかなら0〜9にマイナス付けたりで何通りもあるから分からないこともないけど、他は適当に塗り潰したって確率で当たるでしょう?



……いや、よく考えみたらそもそもよしこがまともにテスト中、席についていたのかも怪しいですね。

あっくんの妹瑠璃と勉強会になった時も、ずっと遊ぼう遊ぼう言ってたよしこが60分、120分じっとしていられるわけないんです。きっとマークシートにバナナでも描いて10分も経たないうちに外へ遊びに行っちゃたんですよ。全部にマークしてなかったから0点だったんです。



実際よしこがしっかりマークできたとして、5教科すべて0点を取る確率は、1教科50問の4択問題だとすると(3/4)^250?

32733906078961418700131896968275……6(166桁)

分の

19068374811679661558976651137……9(120桁)の確率です。



これだとなんかそんなにすごく思えないので%にしてみると

約0.00000000000000000000000000000000000000000005?%です……たぶん。

因みに宝くじの一等が当たる確率は1000万分の1なので0.00001%です。

 


よしこが本当にちゃんとマークして0点なら、これはもう神に選ばれしアホだということですよね。であればあのずば抜けた身体能力も納得です。









感想書くの忘れてました。簡単に言えばアホがしつこいアニメです。かなりしつこいアホを黙らせるにはあっくんの鉄拳しかありません。アホがはしゃいであっくんのツッコミが入って、アホが暴走してあっくんが制裁するテンポが良く、頭空っぽにして観るのに最適でした。






1番可哀想なのは、毎日勉強頑張っているのによしこと同じくらいアホな瑠璃ちゃんなんですよね。まあ、そこが健気で可愛いんですけどね。






もし瑠璃ちゃんが自分がアホであることを気にしなくなったら、たぶんよしこ見たいになってしまいそう……。



頑張れ瑠璃ちゃん!




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク