まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

ジャンプ+フェス 開催中




 何気なくアプリ開いていたら「ジャンプ+フェス2017」なるものが開催中となっていました。




あの名作漫画から連載中の漫画まで79作品が日替わりで無料公開!ものによっては全巻無料で読めるみたいです。




24時間無料のものと4時間限定で無料公開されているものがあって、4時間無料公開のものは時間内では全部読み切れないくらいの話数が公開されています。




公開される漫画は当日の0時に分かるようなので、気になる漫画が参加していたら毎日アプリをチェックする必要がありますね。





ちなみにこの前紹介致しました「阿波連さんははかれない」も参加作品にありますよ。




今日(9月15日)から10日間(9月24日まで)開催です。





 

賭ケグルイ 7巻感想





「賭ケグルイ」7巻の感想です。






現在放送中のアニメ、賭ケグルイをご覧になっている方にはアニメの内容から先の話となっておりますので、ネタバレを避けたい人はここから先は読まないで下さい。












着ぐるみロリを除いてほぼすべての生徒会役員とのギャンブルに勝利した夢子。残すは仮面の人と生徒会長のみ……かと思いきや、また厄介そうな人たちが登場しましたね。百喰一族!


IMG_1495






あー、これミラスラーヴァ様絶対強いわー。だって1人だけ枠からはみ出ちゃってるもん。おムネ的な何かが……おムネ的な何かが……。

 



貧乳一族の皆さんは綺羅莉を憎む前にまず骨喰家を狙った方が良いのではないだろうか……。




 





ってなわけで、百喰一族を加え始まった生徒会長選挙ですが、開始早々夢子は一族の内の1人蟲喰恵利美と対決することになりましたね。そしてある意味夢子の天敵ともいえる生志摩妄も加わり、指が落ちるか恐れて穴から抜くかのギロチンを使ったチキンレースが始まりました。


 


夢子と生志摩の命がけのギャンブルを見ている読者としてみれば、今さら指の一本や二本どうってことないと思ってしまいますが、そこは事情を知らぬ新参者、自信満々にギャンブルを進めていきます。




それもそのはず、だってこのギロチン刃が落ちるといっても指まで到達することはないから。





つまり蟲喰にとってこのギャンブルに勝ちはあっても負けはない。






完全にイカサマじゃないか。でも今回は絶対中立の選挙管理委員いるのでそうはいかない……と思ったのですがあっさり承認されてましたね。






どうやら最初に説明したルールから問題がなければ黙認されるようですね。中立とはいったい……





しかし夢子はそれを察していたか、蟲喰を揺する発言をしましたね。









ディーラーに“ちゃんと取り外していただけましたね?”と。
 







無論ディーラーは絶対中立ですので、ここは夢子の意図を汲み取って話を合わせてくれましたね。何かとは言ってない。



その何かに翻弄される蟲喰。まさか自分が仕掛けた鉄板のことを言っているのではないか。疑念が拭い去れないままゲームは終盤を迎えようとしています。






こうなってくるともう勝負は見えたようなものですね。相手はおそらく指が落ちても何とも思わないような狂人2人。こちらは今まで自分の指が落ちることはないという安全地帯にいたから何も恐れずにできただけ、危険を侵したギャンブルなどしたことがない。





蟲喰も一族のプライドで最後2本というところまで粘りますが、前触れもなく生志摩が2本同時にヒモを切ってしまいましたね。 

 




当然刃は落ちましたが、誰の指も切断されていません。

鉄板を取り除かれたと思っていた蟲喰は反射的に指を抜いてしまい負け、生志摩もルールを破り2本ヒモを切ってしまったので反則負け。 残った夢子が勝利して2票を獲得して無事ギャンブルは終わりました。

最後に夢子は蟲喰の“誇り高い信念”を褒めていましたね。蟲喰は褒められて少し照れていたので、次はお互い楽しみながらギャンブルできそうです。






というわけで生徒会長選挙がスタートしてすぐに百喰一族との対決でしたね。

蟲喰は正直それほどではありませんでしたが、今後出てくる百喰一族はこれで夢子の実力を把握できたでしょうし、一筋縄ではいかないでしょう。特に骨喰家のミラスラーヴァ様とか。






最後に百合子が一族に負けてましたが、蟲喰といい自分の土俵でしか戦えないのは基本的に弱いですね。





 

ドラクエ11 感想





ベロニカ、最高だよ……。




ドラゴンクエストⅪの感想です。







いやー、面白かったよドラクエ11。PS4版と3DS両方プレイしてたんですがどっちも面白かったよ!




私が今までに遊んだドラクエ(7と10以外はやっている)の中で一番面白かったと言っても過言じゃないくらいでしたね。ストーリーも良いですし、どの仲間もやってる内に愛着が湧いてきます。まあ、ゲームのし易さでいうとカメラワークとか快適とは言えない部分もあるんですけど、それを理由にやらないのは大変勿体無いと思います。





この先はネタバレを大いに含みます。









まずはキャラクターの話から










 ほんとね、ベロニカが良いキャラなんですよ。始める前はそれほど好きなキャラではなかったんです。どちらかと言えばマルティナの方が良いかなくらいに思ってたんですが、ラスボスまで終えた時にはもうベロニカが一番好きになってましたね。大樹崩壊してからウルノーガ倒すまで使えなかったのは本当に辛かった。

メダ女制服可愛い、さそう踊り可愛い、イオグランデで雑魚敵一掃楽しい。




ニズゼルファは最後マダンテで仕留めました。






セーニャも覚醒したら化けましたね。ベロニカがいなくなってあんなに頼もしくなるとは思ってなかったですよ。戦闘でも一番使ってました。

髪を切っても前髪を下ろさないのはちょっと残念でしたけど、大樹崩壊後のセーニャの成長っぷりは感動ですよ。

あっ、最初キラキラボーンとか使えなそうな技名だなーとか思ってました。セーニャさんすみません。 







その他のキャラクターも良いキャラばかりでした。ロウはニマ大師との会話が面白いし、むっつりスケベなところもおちゃめで可愛かった。シルビアはふざけているように見えてやる時はやるかっこいいオネエだった。グレイグは後述の最後の砦の話が良かった……。




逆にカミュとマルティナは前評判が良かっただけにそれ以上になることはなく良くも悪くも普通でした。イケメンとお色気要員は必要不可欠ではあるけれど、11では割と空気でした。

カミュもマルティナも戦闘は強いですけどね。












ストーリーは個人的に大樹崩壊後の最後の砦での話が一番印象に残ってますね。



幼馴染みエマとの再会、最後の砦を命懸けで守るデルカダールの民、今までずっと敵対していたグレイグとの共闘、そして再び光を取り戻してからのグレイグの仲間加入。


敵幹部を倒し最後の砦に帰還した勇者とグレイグを皆が出迎えてくれるシーンで思わず涙が……。


その後は仲間も戻り少しずつ希望を取り戻していくので、やっぱり絶望だったところから希望へと切り替わるこの最後の砦の話が一番感動しました。














あと今回結構ボス強かった気がします。


ドラクエは大概レベルを上げてれば何とかなるのは11でも同じですが、シンボルエンカウントだとギリギリ勝てるラインが分からないので、3DS版の2Dモードのレベルを参考にして大体このくらいかな、といった感じでPS4版は進めていました。



個人的に強敵だったのはアラクラトロとムンババ・邪でした。特にムンババ・邪はクリア後に初めて戦った3回行動キャラなのと、デイン系がデインしか持ってなかったので尚更きつかった印象です。



ま、クリア後のボスはホメロスとウルノーガ以外は大体一度は全滅してたような気がしますが……。










メタル狩り



今回はメタル狩りはあまりしませんでした。道中に出てくるメタル系を狩るくらい。


それに11はゾーンでメタル系を呼び出すこともできるので、どこがメタルキングが出やすいとか関係なかったです。






時渡り


3DS版のみの要素、時渡りの迷宮も以外とボリュームがあって楽しかったですよ。欲を言えばヨッチ族使い捨てにしないで強化していく感じにして欲しかったのと、冒険の書をもっと増やして欲しかったのですが、そこまでいくとおまけじゃなくなってしまうので、過去のドラクエを行き来できるおふざけ要素多めのソフト1本作って欲しいですね。




プレイ時間は3DS版とPS4版合わせて150時間くらいだったと思います。寝落ちしてた時間もあったので正確には分かりません!



3DS版は2D版でサクサク進められたのでPS4版の半分くらいの時間で、時渡りの迷宮に結構時間を割いていたと思います。PS4版はカジノもやらず名シーンの余韻にも浸らず淡々とこなしていけば60時間くらいでクリア出来るんじゃないですかね(適当)






最後に





今回のドラクエで一番悩んだ選択肢が、大樹崩壊前の過去に戻ってやり直すか、このままベロニカがいない世界で生きて行くかの選択でした。

一見、ベロニカいないんだから過去に戻るの一択に思えるのですが、私は先も言ったように最後の砦の話にめちゃくちゃ感動したので、それがなかったことにされるのは何か違うなと。


大樹崩壊前に戻ると、キャラクターの成長が見れなくなってしまうんですよね。セーニャは姉に甘えた子のままですし、グレイグもちょっとまだ信用出来ないキャラになってしまいますし、シルビアの世直しパレードが無くなってしまうのも寂しい。それに皆ウルノーガの脅威も知らない。世界が一度滅んだことを知らない人々は、またウルノーガみたいなのが現れたら同じ過ち(勇者を捕らえろみたいな)を犯すような気がします。



結局ベロニカいないので過去へ戻る一択ですけどね(笑)


 続きを読む
figma 天津風 (商品リンク)