まぐれに気まぐれに漫画とか感想

漫画やアニメ、ゲームの感想を気まぐれにします。

はねバド! 3話 アニメ感想



アニメ「はねバド!」3話の感想です


今回はエレナが主人公みたいでしたね。エレナ視点で描かれる「はねバド!」もなかなか新鮮で良いなあと思いました。薫子は思ってた以上に原作そのままでしたね。薫子が出ている時だけ別アニメ見ているかのように浮いてました。薫子のキャラとしてはそれが正解かなと思います。



ここから先は内容のネタバレを含みます。


えっ、エレナが幼女!?

幼き日の綾乃がお母さんとバドミントンの練習をしてしるところにエレナも練習に付き添っていましたね。幼馴染なのは知っていましたがこうやって一緒にいる描写は原作にはなかったと思います。

小、中学校の頃のエレナは綾乃のことは気に掛けていますがバドミントンを一緒にやったり、綾乃の試合を観に行ったりはしてなかったっぽいですね。理由は後で分かります。



なぎさは前回のコーチのアドバイスで完全に復活したようですね。今まで通り練習に本気で打ち込んでいますがそこに荒々しさはなく、後輩との距離も近くなっていました。

なぎさは良くなりましたが、綾乃はまだのほほーんとした態度でした。まあ、無理やりやらされてる状態ですから来てくれるだけでマシではありますが……。

綾乃の脚をギューッとする悠ちゃん。スキンシップは大事!




9AB5894A-B091-4DE9-A836-C6F9C6A2FEF7

マジカヨ……

まるでロボットが入っているかのように淡々と打ち返していく綾乃。私はバドミントンの練習とか見たことないですけどこんなに速いラリーするんですね。

かなりハードに見えますが綾乃は顔色ひとつ変えません。何気に立花コーチもすごい!
悠ちゃんも驚いてたけどやっぱり普通の人にはできない芸当なんですかね。


エレナは途中で部活を抜け出してのり子ちゃんと映画を見に行ってしまいます。何だかとても機嫌悪そうでした。それにしてものり子ちゃんイケメンにがっつき過ぎでちょっと怖い……。





E6786D8B-2ECB-4A9F-A554-191F997D0020


溢れる少女漫画感……

おそらく許可もなく北小町高校に侵入した芹ヶ谷薫子と一応は止めた笹下ミキ

薫子の目的はライバル視する綾乃の視察に来たようですね。予想外のイケメンコーチに目的を忘れそうになりますが、綾乃の現状を知るために勝負を挑みます。

意外と情報通のなぎさ。1年生の薫子の過去の成績や入った高校までリサーチしているとは。綾乃に負けて1年生の情報も集めていたんですかね。

薫子は綾乃の行動を予測し、裏をかいたプレイで結果はなんと綾乃の惨敗。スランプ中とはいえ、インターハイ出場のなぎさを凌駕する綾乃を容易く倒してしまうこの子相当強い!?

薫子に負けた綾乃はやっぱりバドミントン部辞めると言い出し、次の日に学校も来なくなってしまいます。




様子を見に行くために立花コーチとなぎさが綾乃の家を訪ねます。


なぎさ意外と頭良いんですね(失礼)

マシャシィとチヨー登場! 

祖父母が言うにはまだ家には帰って来てない様子。家には母有千夏の功績の数々が飾ってありました。

エレナの言うタコタコってどういう意味なんでしょうね。今回公園で綾乃を見つける度に言っていたので気になっていました。前に何かのアニメでもこの言葉を使っていたような記憶があっておそらくあいさつ程度の意味だと思いますがこういうところに気になってしまいます。



5C294D0D-E609-4868-9547-7C34C8ECEA47


綾乃のトラウマ、それはバドミントンで負けたことでお母さんが出て行ってしまったことでした。それ以来また勝ち続ければお母さんはきっと戻ってくるだろうとバドミントンを頑張ってきましたが、いくら強くなって勝ち続けても母は綾乃の前に現れず、異国の地で別の子(コニー)を育てていたことが発覚。バドミントンを続ける意味を完全に失ってしまったというわけでした。

負けた原因は風邪を引いた薫子に同じ条件で戦うため風邪をうつされたことでしたね。薫子ちゃんひどすぎる……。

まあ、はねバドは初登場キャラは結構酷いことしてたりしますからね。倉石監督とか……。話が進んでいくうちに良いキャラになっていくんですよ、これが。



エレナは帰り道、綾乃が本当にバドミントンを辞めてしまって良いのか考えます。そして思い立ったエレナが向かった先はなぎさの家でした。「荒垣先輩、お願いがあります」と。


次の日、またしてもタコの公園にいた綾乃。エレナはなぎさを呼んで綾乃とバドミントンをしてもらうように頼んだみたいでした。
1セットだけあたしと打ってくれと言うなぎさにそんなの私には関係ないという綾乃。そんな綾乃にエレナは正直な気持ちを言います。


「私、さみしかったんだよ

小さい頃、綾乃が楽しそうにバドミントンしているのを見てそう思っていたようです。
さらには最近でも、綾乃がバド部の皆にちやほやされていてさみしかったようです。なるほど、それで映画観に行った時不機嫌だったのか。

「それでも、綾乃はバドミントンやった方がいいってそう思うよ!」


F256BFFB-553F-4C68-880A-76DA472F7B27

公園でなぎさとバドミントンをする綾乃。エレナがなぎさに頼んだのは蛇の道は蛇という理由でした。つまりバドミントンが大好きな綾乃には同じくらいバドミントンが大好きななぎさとやるのが一番効果的だと。あの頃の楽しさを思い出してもらうのために。

バド部の皆も後からやって来て皆でバドミントン大会!(後で近所からクレーム来そう……)


エレナと綾乃は入部届を提出して正式にバドミントン部入りしたところで3話は終わります。





今回も作画や演出の部分で文句はないのですが、やっぱり3話はあのタコ(イカ?)の下りがちょっと気になってしまいますね。もしや次のフェスの話をしている??(スプラトゥーン脳)



はねバド! 13巻 漫画感想


ベスト4決定!


漫画「はねバド!」13巻の感想です。




13巻でついにベスト4が決まりました。激闘の末勝ち上がったのはなぎさコニーか。そして衝撃の事実を知ってしまった綾乃。13巻も見どころたっぷりでしたね!






ここから先は13巻のネタバレを含みます。




最終ゲームで7点差をつけられてしまったなぎさ。会場全体がすでにコニーの勝利ムードでした。膝の影響ではなく単純にコニーが強過ぎただけ。大人と子供ほどの実力差に周囲は終わったとつぶやきます。コニーも当然のように勝利を確信し「バイバイなぎさ」と引導を渡します。


「うるせえんだよ」


!!?



誰もがなぎさの言葉に驚きます。ただの強がりではありません。なぎさの目は力強く、まだコニーに勝つ気でいました。最終ゲームでこの点差でもなぎさは諦めていませんでした。


ここからはなぎさが反撃します。気迫と粘り強さで徐々に点差を縮めていきます。そして必殺技のジャンピングスマッシュ! なんとか点差を2点にまで縮めます。


しかし疲れを見せたなぎさはそれをコニーに気取られ、再び点差が開いてしまいます。



11-7でインターバルに入ります。汗を拭いていたなぎさの肩に立花健太郎が手をおきます。


A4F1C60D-C46E-44D7-B3CA-9B05E0923F5A


これは前回のなぎさの告白に対する健太郎なりの答え、何ですかね? なぎさの「好き」という気持ちにコーチとしてではなく立花健太郎として特別だと答えたんですから。なぎさにとってこの場で一番の励ましでしたね。なぎさは照れながらも元気になります。


元気を出すなぎさに対して苦い顔をしているのはニュアンス的に膝等の心配を言っているのに、かえって無理しそうな雰囲気になってしまったからでしょうか。ああ、伝わってないなという表情をしていました。


一方でコニーは志波姫にゲームの流れを持っていかれないように淡々と勝ちなよと言われます。しかしそれをコニーは受け入れませんでした。


もう死んでもいいって思える絶頂を味わいたい、人生をかけているこの仕事の価値を見極めたい、この競技に深くハマれるならそれが地獄でも見てみたい。

自ら苦しみたいというコニーの考えは常人には理解しかねるものですが、天才ってそういうものなんでしょうね。その思考も決まったものさしでは測ることはできないのでしょう。しかしあまりこじらすと変態と言われてしまうという……。




ゲームが再開します。地獄を見るために、苦しみたいがためになぎさを挑発しながらコニーは点を取っていきます。それに応えるようになぎさも全力で点を取っていきます。

お互い全力を出しての体力の削り合い。正直コニーがここまで根性で張り合うとは思っていませんでした。綾乃の時といい、なぎさにはそうさせる何かがあるってことですよね。冷静に分析するタイプの志波姫と戦えば志波姫もこうなるのでしょうか。



こうなってくると力を発揮するのはなぎさの方で徐々に点差を詰め、18-16と再び2点差まで追いつきます。

苦しいながらもコニーは嬉しそうにしていましたね。ここで地獄を見ることで自分のさらなる力を引き出せる、綾乃を叩き潰すための力を手にすることができる、そう思うともっと苦しみたいとなるのでしょう。

そう言えばコニーはママ(有千夏)のナンバーワンなるために綾乃を倒したいんでしたね。作風が変わってから半分忘れてましたがコニーは元々子供っぽいところがある子でした。


しかし自分が強いという自惚れか、コニーにはまだ甘さがありました。これは自分が望んだ試合展開だと、進んで得た苦しさだと考えていたことです。そしてコニーは本当の地獄を知ることになります。


全身の毛穴から全ての力が噴き出しそうな感覚。言う事をきかない身体。何もかも分からなくなってついていけない頭。連戦を想定したプロ同士の戦いを経験してきたコニーにはここまで追いつめられるのは初めての経験でした。圧倒的な実力差があったはずのコニーでしたがなぎさに同点まで追いつかれ、いつの間にか自分が仕留められる側になっていました。


ここまでくると周りのなぎさの評価も変わってきますね。ヴィゴは乗りこえるべき最強の壁と評し、倉石監督はヤツはこの試合を通じて別人になったと言っています。


残りの2点争いは足に堪えるラリー勝負になりました。ここまで追いつめられてもまだ自分の実力に自信のあるコニー。今までの経験から、追いつめれば必ず相手の方から諦めると思っていました。


そしてついになぎさを追いつめたコニー。最後の1点! コニーは勝利を確信し、なぎさの顔を窺います。しかしなぎさの目は真っすぐ前を向きまだ戦意を喪失していません!


ここでコニーが自分の限界を超えた力を発揮します。強烈な一打! おそらくこの試合で一番パワーがあったコニーのスマッシュ! なぎさはそれを拾うことができずに試合終了!







……かに思えた! 


しかしシャトルはわずかにラインの外へ……アウトです!



いやー、心臓バクバクですよ。完全に終わったと思いました。ここでコニーも覚醒するのか、ってなりましたし、フレゼシリアの仲間たちも「よし!!」なんて言うから、しばらく結果を知りたくなくて数分心を落ち着かせてから覚悟決めて読みましたよ。そしたらまだ勝負は終わっていなかった!思わずおおおおおお!と声が出てしまいましたよ。良かった。本当に良かった。


なぎさはこの時さらなる進化を遂げましたね。なんとアウトは運が良かったのではなく、軌道もすべて見えていた上でアウトになると判断し取らなかったということでした。なんという選球眼!極限状態で研ぎ澄まされていますね。


さすがのコニーも「いい加減にしてよ……」と脅えます。全力でやっても倒れてくれない相手。勝ちを譲らない相手。試合の中でどんどん強くなっていくなぎさを恐れるも、この相手なら自分も高みにいけると、まだまだ成長できると感じます。


止まってしまえばもう動かないだろう足、全身の疲労はピークに達しているのに二人はとても楽しそうにバドミントンしていました。




「守るものなんてない 失うものも 何一つ……
このコートには たくさんのライバルと 楽しさだけ!!!」



なぎさの必殺技ジャンプスマッシュが炸裂します。これは、なぎさの勝利……か?










CDE79F92-73A5-42F3-A0BF-F60C4CDA2C7E



えっ、ええええええええええええ!!!!


まさかのここで立花コーチが棄権のサインを審判に示し、そのままなぎさの敗退が決まってしまいました。

当然なぎさは立花コーチに抗議します。「だってまだ動く!!」と。


コーチはお前が一番わかっているだろ、と言います。

どうなんでしょう? 試合中何度もなぎさの膝を映すシーンはありましたが、なぎさはもう限界だと分かっていたんですかね。純粋にバドミントンを楽しんでいたので膝のことを忘れていたような気がします。


なぎさは抑えきれない気持ちを立花コーチぶつけます。体当たりで



FE0E5770-194C-4770-802E-3EC91C843500


ここでコニーと試合を続ければもしかしたら勝てたかもしれない。(最終ゲームが25-24なので十分可能性はありました)

しかし膝の保障はできない。今のなぎさなら高校で日本一になれたかもしれないが、それをゴールにするにはもったいない素材。立花コーチも膝の怪我で悔しい思いをしたからこそ、特別な存在であるなぎさに同じ思いをさせたくなかったのでしょう。ギリギリまで試合を止めなかったのなぎさの意思を尊重してですかね。コニーをここまで苦しめたこの経験はお互いとって価値があるとコーチは言います。

コニーもこの結果に納得してませんでした。「楽しかったのに 途中で終わりにしないで……」と涙を流します。

「これで終わりじゃない コイツは必ず戻ってくる」

立花コーチがコニーに言います。ここのシーン、まるで俺たちでお前を倒してみせると言っているように見えました。なぎさが言うのではなく立花コーチが言うところに深みを感じられます。


なぎさは膝のことがあったのでこれ以上勝ち上がれないだろうなとは思っていましたが、ここでコニーに負けて欲しくなかったので決着がつかずに終わったこの試合は個人的には大満足でした。コニーを強く見せるためになぎさを弱くしたりしなくて本当に良かったなと。

試合後のコニーとフレゼシリア女子の仲間たちのやりとりは久しぶりにほのぼの回を見た気がしますね。見られるのが恥ずかしいとか意外とコニー乙女ですね。


そう言えばコニーとなぎさの試合、有千夏は観てませんでしたね。綾乃をホテルに連れて行った後、そのままホテルにいたんでしょうか。コニーがここで負けるとは思ってないから観てなかったんでしょうかね。



ベスト4、1年3年対決なのが面白いですね。この怪物1年生2人に志波姫津幡が勝てそうに思えないのですが三強の意地で大いに苦しめてくれるのを期待します(笑)




夜になって目覚めた綾乃は偶然益子泪に遭遇します。可愛くない綾乃に笑いました。あの益子泪相手に臆しない綾乃ちゃんは強くなったなあと。ちょっとポンコツっぽさがある津幡路ちゃんも可愛いかったですね。泪が負けてへこんでると思って慰めにきたとか。


ホテルに戻った綾乃。そこにはヴィゴと綾乃のお父さんの姿が。隠れる必要もないのに綾乃は反射的に隠れてしまいます。何の話をしているのか近づいてみると……

47D4A112-E442-4C38-98F7-2CA679A6FB97


まさかの事実。あんなに若々しく元気のあるお母さんが病気(?)だったとは……。
綾乃に知らされなかったのは有千夏が口止めしてたんですかね。コニーはこの事を知っているのでしょうか。


有千夏の先がもう長くないことを知った綾乃はお母さんに自分が最強だと伝えるために絶対にこの大会に勝つ決意を固めます。なんだか昔の綾乃に戻ったかのような雰囲気が出ていました。



13巻も気になるところで終わりましたね。また昔の綾乃に戻ってしまったら果たしてバドミントンを楽しむことができるのでしょうか。コニーもそうですが、2人はバドミントンで最強となることでしか有千夏から愛してもらえないのでしょうか。3人で一緒に暮らせる日は来るのか、次巻に続きます。






704BFABB-0834-4E1D-96A2-7DD63344A894

アニメとはまた違う2人を見るのも楽しいですよ。 



はねバド! 2話 アニメ感想

B25C1AE7-04E3-439C-BA21-7808604EF648

新生北小町、始動!

アニメ「はねバド!」2話の感想です



第2話も作画良かったですね。先行上映会では3話まで上映されたようなのでとりあえず3話までは作画の心配をしなくても大丈夫そうですね。

今回もアニメオリジナルが結構あったと思いますのでその辺りを中心に感想を書いていきます。




ここから先はネタバレ感想を含みます



いやーアニメは悠ちゃんが優遇されてて良いですね! 下手すれば主人公の綾乃よりも出ている気がします。

アニメ公式サイトのキャラクター紹介には海老名悠がいなかったのでメインキャラクター扱いではないのかもしれませんが今後も癒しキャラとして原作よりも登場多めになると嬉しいです。



前回の終わりになぎさに勝負を挑まれた綾乃でした。冒頭から試合が始まり、綾乃はやる気のない姿勢ながらなぎさのスマッシュをことごとく返していきます。

300DDFAE-6E7C-4A75-8546-C2628CEB1D50

しかしなぎさが返したシャトルがネットに引っかかった瞬間、綾乃にフラッシュバックが起こります。おや、このピンク髪ツインテールは……!


なぎさのスマッシュが決まるも無反応の綾乃。そして試合を途中放棄してしまいます。

「具合悪いの? 顧問の太郎丸よ。バド部に入ってくれる?」

ちょっと空気の読めない太郎丸先生。一応綾乃の体調を心配する言葉をかけますが勧誘したいのが見え見えですね。太郎丸先生の自分の気持ちを隠せずに出しちゃうところ好きです。



ともあれエレナがバド部のマネージャーになると言い出したことで嫌々ながらも綾乃もバド部に入部することになりました。

初期の綾乃はエレナに依存してましたからねー。綾乃の世界は幼馴染みのエレナでほぼ一色でした。







新入部員羽咲綾乃を交えての部活が始まります。立花コーチはのっけからなぎさと綾乃に試合をさせようとしますがしつこくさすさすするので拒否されてしまいます。


代わりに理子がなぎさの相手をします。理子は副主将ですが「はねバド!」の作中では普通のくらいの強さなので実力は綾乃となぎさの差以上にありそうですよね。

ですが今のなぎさは理子と接戦するほどまでのスランプに陥っていました。原因は得意のスマッシュがなかなか決まらないためです。立花コーチも厄介だなと言っていましたね。スマッシュが決まらないことに焦り、スマッシュ以外のことが見えていませんでした。




練習風景でちょっと気になったのは悠と葉山の会話シーンです。確か原作では2人は同じ2年生だったはずなのですが悠ちゃんは葉山先輩と言っていました。他の部員に対しての葉山の喋り方もどこか上から目線なところがあるので3年生なのかもしれません。のり子ちゃんがバド部に入らなかったり、結構設定も変えているようですね。




部活帰りにコンビニでお肉を買って食べる悠ちゃん。そこへやって来るバド部を辞めた先輩方。

「やっぱ運動の後の肉は格別ッス!」と、ここでサブタイ回収するんかい! ギスギスした関係になるかと思いきや、意外と先輩たちとは仲良さそうでしたね。けど先輩たちは部活に戻ってくる気はない様子。なぎさのこともまだ怒っているみたいでした。



次の日、立花コーチはなぎさと綾乃にダブルスをさせていました。

原作ではいつの間にか2巻の内容に入っていますね。綾乃がバド部に正式に入部する前、強豪フレゼリシア女子との練習試合があったのですが、その辺り丸々飛ばしています。綾乃のトラウマも早めに出していますし、去り際香る子さんやった後になるのかな? 


去り際もとい芹ヶ谷薫子さんはラストで少し出てきましたが相変わらずインパクト強いですね(笑)。正直なところここのインパクトが強くて2話の内容がほとんど思い出せないくらい。「私!!私の事が大好きですわー!!」(誤魔化し)




話を戻しまして、立花コーチにも今のなぎさが足りないものを指摘されてしまいます。才能のないなぎさは才能のある綾乃の引き立て役をしろと(違う)

今のなぎさは誰にでも敵意むき出しですから、とてもアドバイスを聞ける状態ではありませんでした。立花コーチだけでなく、理子にも試合で手を抜いたことに食って掛かります。そして後輩の悠ちゃんにも……。



そしてまたまた登場の先輩達。こりゃ喧嘩するかと思いましたが、「私は羨ましかった」と意外なことを言いましたね。

友香はなぎさの才能が羨ましかったのではなく、なぎさがバドミントンをとことん好きなことが羨ましかったということでした。それだけ言って友香は行ってしまいます。何だかんだ言ってもなぎさと付き合いが長かったでしょうし、いつまでもスランプでいるなぎさにアドバイスしたつもりなんでしょうね。ツンデレか!




次の日、練習終わりに立花コーチはなぎさに勝負を持ちかけます。最初は乗り気じゃなかったなぎさも怖いのかと挑発され勝負を受けることなりました。


意外と強い立花コーチ!


そりゃまあインターハイ制覇したこともあるようですし強いのは当たり前なんですが、指導者が生徒と本気で勝負する機会なんてなかなかないですからね。実際に描写されてはじめてどれほどの強さなのか分かります。やはり男子女子の力の差もありますからね……。


勝負中にもしっかりなぎさのスマッシュを分析する立花コーチ。そしてスランプの原因が分かります。


57C2B45B-3596-4FD6-A88B-F12D5019C2FD

「お前のスマッシュはちょっとやそっとじゃ返されねえよ。お前は自分のスマッシュを信じていいんだ」



なぎさは綾乃との試合に負け、自分のスマッシュに自信を持てなくなってしまったようですね。そのためスマッシュを打つ時はコースやネットに引っかかるのを気にして判断が遅れ、本来の持ち味である力強いスマッシュが打てなくなっていたというわけでした。

原作読んでるとああこの辺から健太郎好きになったんだなって分かりますね。恋するなぎさが可愛い!




無事スランプ脱出したなぎさ。外でストレッチをしていた部員達のもとへ行きます。


「私、キャプテンなのに自分のことばっか考えて本当にごめん」と皆に謝ります。


最後の夏。インターハイ予選に向けてようやくひとつにまとまります。若干一名よく分かっていない子もいましたが……。






515129E8-C453-4F55-9C27-5F371AB03436


また悠ちゃんがお肉食べてる……。


そしてこれまた待ち合わせたかのように先輩達と遭遇します。

先輩達は予備校に行き始めたようです。もしかしたら戻ってくる可能性も考えていましたが先輩達はバドミントンにそこまで入れ込んでたわけじゃなかったですからね。なぎさがもっと早くに立花コーチに教わっていれば……残念ですが仕方ありません。



お肉を先輩達に食べられてしまう悠ちゃん。先輩からコロッケ(?)をもらった時との対比になってるんですかね?その時の悠ちゃんは少し不機嫌そうにしていましたが、この時は逆にお肉を食べられてしまったのにもかかわらず悠ちゃんは笑顔でした。心が満腹?うまいことは言えません!


さて次回は薫子の登場でどうなるのか、アニメ版薫子に期待です。







どうでも良い情報ですが私は運動した後は肉よりも甘いものが食べたい派です。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
広告リンク
スポンサーリンク
広告リンク
figma 天津風 (商品リンク)
広告リンク